感謝とおもてなしの心を伝えるお局様のビジネスマナー講座

社員教育、接遇講座、マナー研修、クレーム処理・応対を、オリジナルの接遇マニュアルを作成して研修致します。(現在活動休止中)

美怜&まさのおもてなしの旅 その2

1
昨日の続きです。
長い間、お茶の郷を盛り上げて下さった「美怜&まさ」のおもてなしコンビ。
本日は美怜ちゃんのお話です。
お局が駆けつけた最終日は、制服でしたが、お茶の郷の美怜ちゃんと言えば、茶娘姿の接客があまりに有名で、お客様達に非常に喜ばれておりました。
美怜ちゃんの茶娘姿はこちらをご覧下さい。

いつ伺っても、素敵な笑顔で迎えてくれ、お局はその笑顔にどれだけ救われたことか。

お局だけではないですよ。
お茶の郷を訪れる多くの老若男女が彼女の笑顔に魅了されました。

お子さん達も美怜お姉さんが大好き。

送られてきた、塗り絵は、きっと美怜お姉さんをイメージしながら塗ったことでしょう。
2
その素敵な笑顔!
お局、ずっと忘れません!
いつか、また、きっと、どこかで、その笑顔に出会える日を楽しみにしています!
美怜ちゃん!有難うございました。

美怜&まさのおもてなしの旅

美怜&まさのおもてなしの旅
未だに多くの方に、「お局様の空港のおもてなしはすごかったね!」と言って頂くのですが、あれは私一人だけでは到底できず、周りのスタッフさんや、観光関係の皆様、そしてふじのくに(通称静岡県)の御家来人さんたちがそれぞれのお立場で力を貸して下さり、助けて下さったからこそ、あのおもてなしが出来たのでした。
特に、空港から一番近い観光施設であります、「お茶の郷」の美怜ちゃん、まさ君には大変お世話になりました。

美怜ちゃんは、毎日、茶娘姿でお客様を迎えて下さいました。
そして、まさ君がギターを引き、「茶摘み」をアレンジした歌詞で、二人でデュエットされていました。
思いがけないおもてなしに、来場されたお客様は大喜びでした。

この「美怜&まさ」コンビの温かいおもてなしは、静岡茶はもちろんのこと、ふじのくに、更には日本の魅力を多くの観光客に伝えることとなり、これこそまさに、おもてなし静岡のお手本のではないかと思っておりました。

今回、お茶の郷がリニューアル工事に入り、それにともない、2年間休館することになりました。

リニューアル後は、オーナーが代わるため、「美怜&まさ」は今回卒業されることになりました。

あの名コンビがもう見られなくなると思うと、とってもさみしいです。
一言、感謝の気持ちを伝えたくて、お局は最終日に二人のところに駆けつけたのでした。

お二人とのそれぞれの思い出はまた後日書くとして、まずは、「本当に素敵な思い出、おもてなしを有難うございました」と心からお二人に感謝です。

今が旬!ズッキーニ!

1
あまり大きな声では言えないのですが、お局はジュニア野菜ソムリエの資格を取っていたのでした(汗)
しか〜し、試験用の知識はあったのでしょうが、現実は、・・・(汗汗)

よく忘れるのが、上の写真のズッキーニー!

これは一体、何?
きゅうり?なす?それとも???

答はかぼちゃでした!
2
上の写真は、ズッキーニの中でもイエローズッキーニでした。
これから8月にかけてが旬です。

ちょっぴりあくのある春野菜から、色鮮やかな夏の野菜にシフトしてきました。
掛かっているドレッシングは、お局が常に作り置きしている、田楽みそにマヨネーズを入れたドレッシングです。
お局、この味が大好きなのです。
3

総会

あじさい
本日、理事会・総会終了。

昔、お世話になったところも総会はありましたが、準備は本部の方におまかでお局は当日、駆けつけてただ受付をするだけ。
あまりお役に立てず、申し訳なく思っておりました。
また、準備からやってみたいとも思っておりました。

場所は違いますが、今回いろいろ経験をさせて頂いております。

その理事会、総会、そして懇親会と無事に終了し、ほっといたしました。

貴重な機会を下さった皆様に、心より感謝の1日でした。

1986年東京サミットの思い出

1
まったく大した話でなく恐縮ですが、サミットというとお局は1986年の東京サミットを思い出します。
当時は、航空会社を目指しながら、新卒で落ちて、でも、どうしてもその会社で働きたくて、その会社でアルバイトをしていました。
その年に、東京サミットが開催されたのですが、フランスの大統領と首相が別々のコンコルドで到着しました。
すごい音だったな〜
でも、その音以上にお局にとって興味深いことは、大統領と首相が別々に到着したことでした。
それを当時の社員さんに質問をしたら、
「大統領と首相は仲が悪いからだ!」
という回答でした。

もちろん、これは冗談で、テロに狙われて、両名が同時に殺害されることを防ぐためらしいのですが、当時のお局はその話をまともに信じていました。
このピュアさはどこに行ったのか?!

それはさておき、当時の参加メンバーは

日本 中曽根康弘首相
フランス フランソワ・ミッテラン大統領
アメリカ合衆国 ロナルド・レーガン大統領
イギリス マーガレット・サッチャー首相
西ドイツ ヘルムート・コール首相
イタリアの ベッティーノ・クラクシ首相
カナダ ブライアン・マルルーニー首相
欧州連合 ジャック・ドロール欧州委員会委員長

とのこと。
こうみると今年のG7のメンバーより
かなり貫録あるようにお局は思うけど、皆さんはどうかな?
それにしても、カナダの首相、ほんと、かっこいいな・・・。

写真は昭和47年の羽田空港で撮影したものです。
PAN AMが写っています。
懐かしい〜!

日米共同記者会見

1
現在は25日の23時。
26日のブログの原稿を打っていたら、かけ流ししているテレビから日米共同記者会見がはじまりました。
あまりに不思議なことが多かったので、内容を変更して今、聴きながら思ったことを書きます。

日本語の通訳が、テレビ用と会場用があるようで、それがダブったり、テレビ用の通訳が終わってから会場用の通訳が流れ、同じ内容の通訳を2度聞くこともあります。
ただ、同じ内容を日本語にしているのに、びみょう〜に違うものがあり面白い。

そして、最大の不思議は、会場通訳は同時通訳ではなく、大統領や、総理の発言に区切りがつくまで訳さない。よって通訳は、発言と同じ時間を費やすことになり、何か非常に時間のロスのように感じるけどな〜。

また、これも不思議なのですが、記者の質問を米・日1名ずつ受け付けたが、日本側はNHKの女性記者が指名されました。でも、なぜか、長々質問を続け、途中で切られて通訳が入る。

総理は、返答に紙を見て話されているようなので、事前に質問内容と返答が決まっていたのかな?
それにしても、NHKの記者たる方が、ダラダラ長く質問をしてどこで通訳が入るのかも打ち合わせできておらず、不思議だな〜。

世界にアピールするために、大統領の到着を15分早めるように依頼していると報道で見ましたが、その記者会見があまりに段取り悪くて、不思議だな〜???

と、ここで会見が終わりました・・・でもね〜ここで改めて思ったことは、お局の悪い癖。
どうでもいいことに気を取られ、その本質を読み取れない。会見で何を言っていたのか、結局分からずじまい・・・反省


photo by Fujiyama Shizuka

父と娘の寝たきり予防トレーニング その7

1

お局の父を寝たきりにさせないためには、今が一番重要!

ということで、昼間はお局も仕事をしているので

夜、簡単な体操を一緒にやるのですが、本人は


「今日は痛いから」

「今日はもう沢山歩いたから」

「今日は疲れたから」

「そんなにやったら死んじゃう」

などと言って、なかなかやろうとしないお局父。


お局の心の中は

「うそつけ!今日は500歩も歩いていないでしょう!」

「そんな簡単に人間は死なないのよ!」


と言いたいけど、我慢我慢!


もしかして、なかなか宿題をしない子供にいらいらするお母さんってこんな感じなのかな?

80年生きてきて、これまでこういう運動というものをしたことがない人にとって、仕事以外で体を動かすって受けいれがたい時間のようです。

やる気がないのか、本当に痛いのか、

その見極めが難しいです。
 

最近お局が思っていることは、元気な体にするには、ある程度の負荷を自分にかけないといけないのではないかな。

しかし、父は「痛み=体に悪い」と思い込んでいるので考え方を変えないと治らないな〜。

痛きもちいい!

を体感してくれたらいいのだけど・・・。


わざわざではなく、自然と普段の生活の中で、または、自分の好きなこと(カラオケ等)を取り入れて運動が出来る方法はないかと今いろいろ考えているところです。

photo by Fujiyama Shizuka

 

 

 

 

 

父と娘の寝たきり予防トレーニング その6

1
プロテインと聞くだけ、別にアスリートになるわけではないし、また、まずそ〜ぅ!
と思っておりましたが、父の筋力をつけるには、プロテインも必要と言われたら、とりあえず、言われたとおりやってみよっと!と思い、試行錯誤でいろいろ試しております。
運動は、本人がなかなかやる気を起こさず、まったくダメなのですが、このプロテインはこの3週間、写真のように、プロテインに静岡茶の粉茶を混ぜ、牛乳で溶かしたものと、バナナとヨーグルトに混ぜたものを朝食で食べてくれるようになり、安心していると・・・・

またまた、先生曰く!

「プロテインの量を2倍にして、夜も飲んで下さい。筋肉は寝ているときにつくので、夕食前のプロテイン、夕食、ストレッチ体操、睡眠前1時間にまたプロテイン。
このスケジュールで飲んで下さいとのことでした。

あれまぁ〜。

また増えた。

量が増えると本人の飲む気が失せるので、また何か工夫をしなくては!

父と娘の寝たきり予防トレーニング その5

お局流
お局父の寝たきり予防大作戦の続きですが、運動以外に、整体の先生に言われたことは、「筋肉をつけるために、お父さんにプロテインを飲ませてあげて下さい!」でした。

プロテインと言えば、まずいというイメージがありましたが、最近は、バナナ味とか、チョコレート味とかいろいろあるのですね。

しかし、よく調べたら、それには余分なものがいろいろ入っていました。
健康になるために、余分なものを摂取する必要はなく、そういうものが入っておらず、タンパク質含有量が一番高く、かつ、カロリーは押さえたものを見つけて購入しました。

父に嫌がられず、食べさせるには、お味噌汁の中に入れたり、お局も飲んだ方がいいと言われているので、ホットミルクに溶かして飲んでみたのですが、最悪!!!
まずい!だまになって、飲めたもんじゃ〜ない
そうよね、プロテインは、タンパク質ですから固まるのは当たり前でした

そしていろいろ試した結果
プロテインに、静岡茶の粉茶を混ぜ、牛乳で溶かしたものと、朝はヨーグルトとバナナを食べてもらっているので、それにプロテインを加えて出しました。

珍しく、本人は文句を言わず、毎朝食べております。

しかも、80年間、牛乳はお腹がグルグル言うから、絶対に飲みたくない!
と決めつけていた人が、今、本人は知らずに飲んでおり、まったく問題ない・・・というか、大腸からのお便りもいいようです。

あ〜これで、先生から言われたことは、一つクリア・・・
と思っていたら、さらに宿題が出ました

それはまた次回、お話しいたします。

それでは皆様!
今週も頑張りましょうね!

少数意見

1
某スポーツクラブの営業開始時間は10:00です。
最初のフィットネスのレッスンの開始が10:15であるため、受付は相当込み合い、また利用者にとっては慌ただしいです。

それをあるとき、お客様の声コーナーに、「混雑を避けるため、レッスンの開始時間を5分遅らせてほしい」と投書された方がいらっしゃいました。

それに関して、朝が強くて、朝活したいお局は、もっと早めてほしいと思っていたほどで、この投書により、時間が遅くならないといいな〜と、心配していたら、案の定、レッスン開始時間が遅くなりました

話しは変わって、過日、地元紙の読者投稿欄に、現代は洋式トイレがスタンダードなのに、公共施設ではまだ、和式トイレが残っている。時代錯誤ではないか・・・のようなことを強く書かれてありました。

確かに、ある日、デパートのお手洗いで並んでいたら年配の女性陣が入ってこられました。
でもそのときは和式トイレしかあいていませんでした。
すると、年配の女性陣は「あたしゃ〜和式では膝が痛くて、できんで・・・」とおっしゃって男性用トイレに行かれました。

高齢化社会や訪日外国人の増加を考えれば、確かに洋式の方がいいのかもしれません。
それは認めます。

でも、少数意見を聞いて頂ければ、お局は、並んで待っても和式トイレ派なのです。

やはり、便座に座りたくないし、便座を拭くのはもっといや!
足腰の健康のためと、内緒ですが、体の構造上の問題等々・・・
があり、和式トイレ派なので、残ってほしいな。

民主主義ですから多数意見が通るのは仕方ないと思います。
よって、洋式が増えることは仕方ないと思いますが
ただ、最近、多数意見というより、声の大きい人、強く言う方、キーパーソンが言うことなどが通りやすくなっていないかな?!
と思うお局でした。

さて、写真は、今、お局の最大のたのしみ
このサイトの和菓子部門の粒あんを制覇するその第一弾です。
鶴屋吉信のつばらつばらです。

仕事

3
午後の職場の近所に、国家資格取得をめざした学校があります。
そこには、昼はもちろん、夜は仕事帰りの方も集まり勉強をされています。
その姿を見るたび、私は何をやっているんだろう・・・もっと私も頑張らなきゃ!と思うのであります。

さて、最近、頻繁にパソコンの広告に
「10年後に無くなる職業」
という広告があらわて見ると恐ろしくなります。

そういえば、勉強に通っていらっしゃる方々も、税理士、行政書士、社労士・・・すでにいろいろお持ちですが、これからの時代はそれだけでは生きていけないと、更にレベルアップのために挑戦されている方もいらっしゃいます。

ところで、先週末、地元の人材派遣会社が主催の、エクセル裏ワザ講座というものに参加しました。
その会社では、登録されていない一般の方でも受講できる講座をパソコンをはじめ、ヒューマンスキルや、教養講座等、多岐にわたり開催されております。

お局が受講した日は、静岡会場開催で、土曜日の午後にも関わらず、東部の沼津や西部の浜松からも新幹線で参加されている方も数名いらして、びっくりいたしました。

また他の会場に、静岡の方が参加されてもいるとのことです。

参加されている方は、全員女性!

子育てが落ち着いた方
転職を考えておられる方

そういう方々と一緒に勉強すると、もっと頑張ろっと!とエネルギーがわいてきますし、家族の通院やリハビリトレーニング等、お局にも制約はあるのですが、それでも、外に出ることが出来て、このような時間を持てることが幸せに思うのでした。

今日も良いお天気です。

それでは皆様も素敵な週末を!

GOOD WEEKEND

追伸
写真は本日予定のおやつです(ウ

父と娘の寝たきり予防トレーニング その4

1
人は生まれながらにして持ち合わせている体質があり、そして育った環境により更に違いが生まれ、人それぞれに症状は異なるもの。
よって、自分の状態を正しく知り、正しいトレーニング(ケア)が大切であることを最近知りました。
巷にあふれる健康情報に振り回されず、自分の状態を知ることですね。

さて、足と膝の痛みでウオーキングすらまだできないお局父のために、整体の先生が軽い運動をいろいろ教えて下さっています。

体幹を鍛えるトレーニングの一つとして、腕と脚を交互に伸ばす運動を昨日お話いたしました。

お局父はこれがまったくできず、このトレーニングは即却下!

次に教えて頂いたものは、片足立ちです。

片足で1分経てば、53分歩いたときに匹敵する運動量とのことです。
これはびっくりです。

よって右、左、片足1分ずつを1セットとし、1日3セット、合計6分のトレーニングです。

この片足立ちですが、足裏のどの辺に重心を意識すればいいか伺いました。
ここ↓とのことです。
2
片足立ち1分で53分歩いたときの筋肉・神経の運動量とは、これはナイスな情報でした。

父と娘の寝たきり予防トレーニング その3

2
では、今日から整体の先生から教えて頂いたトレーニングをご紹介いたします。
整体の度にいろいろ教えて頂くのですが、お局父は、「あれは疲れる」、「これは出来ない」の連続で折角教えて頂いているのに娘の方も分からなくなってしまい、今回は娘の整理のためにUPします。

まずは、体幹を鍛えるのに、非常に効果のあるトレーニングは、腕と脚の反対側を上げるトレーニングです。
上の写真は先週までeテレで放送されていた「NHKまる得マガジン 腰痛はもう怖くない 3秒から始める 腰痛体操」での写真です。

1.両手足を床につける
2.右手、左足をゆっくり伸ばし、床と平行くらいになったら両手足をゆっくり縮め、またゆっくり伸ばす。これを3回繰り返す。
3.左手と右足を2のように行い3回繰り返す。

これをめざせ3セット1日3回でした。

テレビは、伸ばした手足を10秒キープしていました。

しか〜しです。
お局父はこんな感じ↓
1
今のお局の父の筋力ではちょっと酷でした。
よってこのトレーニングはパス!
別のトレーニングに移ります。

無理しないで出来るものを探していきます。
つづく・・・!

父と娘の寝たきり予防トレーニング その2

1
今、巷では健康情報があふれていますね。
ウオーキングがいいと思っていたら、65才からのウオーキングは体に良くないとか、ラジオ体操がいいという情報が流れたら、それを否定する情報も出てきます。
なぜ、健康情報って両極端なんでしょう・・・。

ところで、皆さんには申し訳ないのですが、皆さんがお忙しくしていらっしゃるときお局はジムで、有酸素運動を1日2時間ほど行いました。
しかし、体力はついたはずなのに、生まれて初めてインフルエンザにかかるは、副鼻腔炎に掛かるはで散々でした。

そのとき、マダム達から、

「有酸素運動だけではダメよ!筋トレをやらないと!」

この時はじめて、病気にならない体にするには、体温をあげて、免疫力を高める、それには筋肉を付ける!
体温をあげると、ウイルスが侵入しても、退治してくれたり、さらにいうと、3大疾病の予防にも繋がる!
と知りました。
筋トレの重要性をしみじみ感じました。

健康のためにと、毎日ウオーキングをされていたマダム達がいらっしゃいます。
その方々がある日、女性専用ジムに入会しました。
そこでは10数種類の筋力トレーニングマシーンがあり、円になってみんなでそのトレーニングを行っていくジムです。

入会後、マダム達の体系が変わり、足腰の痛みが無くなったとおっしゃっていました。
そして、マダム達曰く、「ウオーキングだけではダメよ!やはり筋トレを行って筋肉をつけなきゃ」と。

今の父は、自分の体を支えるインナーマッスルが弱っています。
こういう時に、ウオーキング等はかえって足腰を痛めます。

まずはインナーマッスルを鍛え、体の支柱である筋肉をつけることが先決です。

巷の情報を参考にしつつ、自分の痛みの原因と自分にあった改善法を知ることが大切だな〜とつくづく思う今日この頃です。
情報に振り回されず、自分を知るということかな・・・。

ところで余談ですが今日は週の真ん中。
そろそろ写真のものが恋しくなる水曜日です。
2

父と娘の寝たきり予防トレーニング

1
お局父は、頭と内臓とお口は非常に元気で、100才まで生きられるほど優秀だそうです。
しかし、15年前に高いところから落下し、腰痛圧迫骨折(L2)をしてからというもの、足のしびれと痛みを常に訴え、時に激痛が走るようです。
そして、ついに、今年正月明けには、痛みで1週間、ほとんど食べずに寝込みました。
すると、筋肉ってびっくりするくらい一瞬で落ちてしまうものですね。
筋肉が落ちると、これまで以上に、痛みがひどくなり、歩く姿勢は北京原人のようになってしまいました。

お局は一度、上手な整体の先生に診て頂くことを勧めておりましたが、本人はそういうのは絶対に信じず、病院に行って薬をもらったり、いろんな健康器具を買って、自己流でやっているのですが改善がまったく見られませんでした。
でも、今回は本当に痛いのでしょうね。
娘の言うことを聞いて、整体に行くようになりました。
そこで、いろいろなことを教えて頂きました。

今は、腰の周りの筋肉が落ちてしまったので、体を支えきれず、その結果、前かがみになり、太ももに過度な負担が掛かり、太ももが硬直→動かず→硬くなる→それが更なる痛みとなっているとのことでした。

何しろ、体幹を鍛え、腰の周りの筋肉をつけることが急務となりました。

父は、他の方から「お元気ですね」とお褒めのお言葉を頂くくらい、元気で毎日チョコチョコ動いているのですがそれは自動車に乗っているだけで、1日800歩もか歩いておらず、自分で運動とか、筋トレとかやったことはありませんでした。

ここでお局が思ったことは、食べ物だけでも、健康器具だけでも不十分で、健康なうちに、ある程度適度な負荷を自分の体にかけながら筋トレをすることがとっても大事だな〜とつくづく思ったのでした。

そして、このときから、父と娘の寝たきり予防トレーニングが始まったのでした。

詳しいトレーニング方法はまた次回!

日本一!漬物グランプリ2016!

1
ふじのくには、わさびの産出額、栽培面積が日本一なのでございます。
香辛料としての品質のよさはもちろんのこと、加工品としてわさび漬けも有名なのでございます。

そのわさび漬けとフランス産のカマンベールをコラボさせた、田丸屋さんの「カマンベールWASABI」が漬物グランプリ2016で見事グランプリに輝いたのでございます。
2
実は、お局家では代々、わさび漬けを食べる習慣がないのですが、日本一とあれば、食べないと!
ということで買ってきました。
父には、お酒のおつまみに、かまぼこに添えて
3
お局用には、いちじくとクルミのパンに塗って、スパークリングと合わせて頂きました。
4
そういえば、わさびアイスクリームというのがありますが、まだ食べていない!
川根のわさび大福も食べたことがなかった!!
これは食べないと!!!
食べたいものがあるって、素敵なことだな〜!
では、今週も皆様にとって素敵な1週間になりますように!

至福の時

1
お局にとって、このシーズンは、静岡の新茶と粒あんを頂くのが至福のときでございます。
本年は、どら焼きに夢中ですが、例年は新茶と柏餅(草餅)が最高です。

普段から、基本的に和菓子では粒あん以外はめったに食べず、また食べたいと思わないのです。
(そう自分でルールを作らないと、お局の場合は、粒あん摂取量が半端でないので・・・)

しか〜しです!

このGWはちょ変わったものが頭をよぎりました。

それは、わらびもちや、ゼラチン、寒天系が走馬灯のようにクルクル頭をよぎりました。

これって、梅雨時や夏の和菓子よね〜。おかしいな〜!

それだけ今年は初夏から暑いということかな?

皆様の地域は如何ですか?!

それでは、素敵な日曜日をお過ごしください。

GOOD DAY
2

信頼

1
テレビのニュースで、自動車メーカーの不正事件を扱っているとき、もう聴きたくないのでチャンネルをカチャカチャかえていると、NHKの朝ドラに手が止まりました。
そして、その時のシーンが、材木屋の女将が、部下を叱っているシーンでした。
お客様は飛騨の杉を注文したが、間違って東北の木を用意してしまって、部下はそれを知っていながら、お客様をだまして、納品しようとしていたところを、女将が気づいて叱っているシーンでした。

「商いは、お客様の信頼があってこそ成り立つもんだ!」

と。

また翌日、別のシーンでは、お弁当やを経営している女将が若い子に伝えていたセリフです。

食べ物を扱う商売で一番大切なことは「信頼と味だ」と。

ここ数週間、「信頼」という言葉があまりに薄っぺらくなってしまった感があるだけに、このドラマのセリフがじ〜んときたお局でした。

ところで写真は、岡野栄泉の、復刻 明治六年どら焼きです。
2
創業当時人気だったどら焼きが140年の時を経て復刻したものです。
蜂蜜たっぷりなのに、しっとりとした生地と甘さ控えめの北海道産大納言粒餡に、渋皮栗が丸ごとひとつ入っています。

140年も続くって、お客様の信頼なくして成立しないことだよな。
すごいな〜。

比較しない!

1
昔、秘書をしていたとき、オーナーの指示は
「あれ!あれでいいから、あれ進めておいて!!!」
と言い残し、何しろ忙しい方ですから、またすぐに外出されました。

あれと言われても決断して頂きたいことはまだいくつもあるのに、その中で、「あれ」とはどのことか?
と頭をフル回転させました。

この頃のお局は、自分が注文の電話を受けながら、オーナーの言動、電話の話の内容をチェックし、更に、側に座っている、新人さんの電話応対を聴き、間違った応対をしていたら、即、注意するような、体全体で、まわりの様子をキャッチすることができました。

しかし、今はどうでしょう。

1つのことでも、間違える!

昔だったら・若いころだったら・・・

と一瞬思うのですが、

もう、人と比較しないはもちろんのこと、過去の自分とも比較しない!

そして、今日も家族が健康で、仕事をさせて頂けることに感謝です。

お局の出直しワーキング


1
午後のアルバイトでは今は、理事会、総会の資料作り、案内状の準備をしております。
こういうのは前からやってみたかったんだ〜。
以前お世話になっていた職場でも、理事会、総会はありましたが、お局は当日会場の受付程度しかお役に立てず、ほとんどを本部の方にお任せした状態で、非常に申し訳なく思っておりました。

今回準備していて初めて知ることばかりで、見るものすべてが興味深い。面白いな〜。

そうそう!

これも今回知ったことです。

切手を頻繁に使っていることが不思議でした。

なぜ、管理がめんどくさい、切手を使うんだろう???
なぜ、便利なメール便を使わないんだろう???

と思いましたが、その答えは、
いろいろ大人の事情があって、メール便が廃止されたそうですね。
そして、ある程度の重さまでは、郵便の方がやすいとか。

これは早々に、早見表を作らないと。

何グラムまでは郵便で、何グラム以上はネコさん便の方が安いとか。

ちょっと仕事から離れていただけで、世の中はいろいろな変化があり、今それを経験出来て、有難いことだな〜と思うお局です

お局の出直し電話応対

1
若い頃、案外好きだった電話対応。
しかし、年齢を重ねるごとに、そのデスクワークのスキルの低下により電話応対も下手になってきました。
今回はちょっとブランクがありましたので、なおのこと慣れるまでに時間が掛かります。

これはあくまでお局が自分の体の反応を感じて、思っていることですが、電話応対には3つの力が必要ではないかと思います。

その1 聴きとる力
その2 情報を処理しようとする力
その3 情報を書き留める力

今のお局には、その3の力はほとんどありません。
わずかに書き留めた情報も、下手な字で自分ですら読めませぬ(汗)

その1の力は、相手の話し方が早すぎて、会社名が完璧に聞き取れません。

しかし、かすかに聞き取った音から、その2の力が動きだし、ボヤ〜と、人の顔が浮かんできます。

「ああ!この組織の専務は、今は、あの方だな」
とか、
「この会社の社長さんは昔は〇〇さんだな」
とか。

かつての記憶や情報がよみがえり、それをヒントに、電話の相手の会社名を絞り込み、最後に

「私、お局が承りました。恐れ入りますが、お名前をもう一度、お願いできますでしょうか?」

と尋ね、先方の会社名と氏名を確認する。

元、接遇研修講師が、電話応対も、今ではこんな頼りない状態でお恥ずかしい限りです。

腐りかけた能力、さび付いたスキルで一瞬がっかりするのですが、お仕事を頂いたことに感謝して早く慣れたいと思います。

笑顔効果

1
4月より、午前中は家業の手伝いをし、午後は、電車に乗って、お城の側で事務の仕事。
夕方帰宅して、また家業の事務処理をし、その他、親の通院についていき、家ではリハビリ(詳細はまた後日お話いたします)。

結構ボリュームの多い日々で睡眠時間が4時間30分。

疲れていなくもないけど、夜は夢を見ることなく爆睡!

毎日、午後の仕事への行き帰りの際、大勢の方にお会いします。

「久しぶり!元気?今、何しているの?」

この会話の繰り返しです。

思い返せば、午後の職場は、お局が30代勤めていた職場の側。
そして、40代にお世話になった皆様ともお近くですから、毎日いろんな方と再会するわけです。

もともと、人にあって話をするのが好きで、そうすると自然に顔も笑顔になるようで、知人達にこう言われました。

「すごい、元気そうで安心した」
「顔色がいいね」

と。

実際に、この20年で、今が一番調子がいいです。

これは、皆さんには申し訳ないのですが、ここ数年、時間が出来たことで、自分の体の特徴や癖を知ることが出来、その対策をうつことで、若いころより健康になりました。

しかし、休養だけではまだ足りないんですね。

ここ数か月、家業の資格取得や、家族の看病と家にいることが多く、笑顔を忘れた日々でその結果、顔がくら〜くなっているな〜と自分でも思っていました。

それが、先月より、外で仕事をすることにより、いろんな方と再会し、お話することで、その喜びが笑顔となって現れます。

笑顔は、顔の表情筋を動かすため、血行がよくなり、顔につやがでて元気そうに見えるのだと思います。

笑顔ってすごいパワーだな〜と改めて思う、今日この頃です。


photo by Fuji3 Shizuka

バランスと天敵

fuji
昨日京丹後のおやじさんから頂いたコメントに
「自然のバランス」
という言葉がありました。

近年増え続けているシカ!
なぜ、そのシカが増えているのか。

猟師の高齢化等言われておりますが、それに加えシカの天敵がいなくなっているからかな?
と思ったら、そもそも、シカの天敵が誰かも知らず、調べました。

へ〜!

シカの天敵って、オオカミなんだ〜〜〜!

「男は狼なのよ!気を付けなさい!」

とキャンディーズの歌をお局の母がまねてよく申しておりましたが、実際に、オオカミについてほとんど知らなかったので、昨日検索してみました。

そこで、また新たにびっくりしたのは、シカの被害を食い止めるために、その天敵であるオオカミを野に放つ案が浮上しており、それがわが藩の伊豆であることも知りました。

オオカミは餌付けをしなければ、人を襲うことがないと、読みましたがせまい日本です。
やはりオオカミが山に放たれたら、それはそれは怖いですね。
でも、それ以外には、せっせと食べることしかないのかな。

そうそう!

これまた昨日知ったのですが、シカの天敵ってキツネもそうなんですね。

きつねって、本や、神社や、うどんで出てくるのは分かりますが、実際は知らないな〜。
きつねって普通どこにいるんだろう・・・

お局の検索はまだまだ続くのでした・・・。

それではGW明け。

皆様にとっては素敵な1週間になりますように

photo by Fuji3 Shizuka

お局メモ

ふじ
環境省の発表より
・2013年度のニホンジカ生息数 305万頭(北海道をのぞく)
・1989年度は30万頭
・25年で10倍になった
・2023年には453万頭と予想
・2012年度のシカによる農産物被害は82億円

・2013年度のイノシシ生息数 98万頭
・2012年度とほぼ横ばい

お局のひとりごと
イノシシは横ばいで、シカはなぜ、増加の傾向なのかな???

photo by Fuji3 Shizuka

ちょっとティータイム

1

お局の最近の特徴として、約20年くらい前にとっても気に入ったスイーツを久しぶりに食べることです。
本日お話いたしますのは、岡野栄泉の豆大福です。
2
このあっさり、品の良い、優しい甘さの餡子は、つぶあん好きにはたまりません。
美味しいものは、20年たっても人の心をつかむものですね。

お茶と習慣

新茶
88夜も過ぎ、当地では、風向きによりお茶の香りが漂い、自然のアロマに心がリラックスする今日この頃です。
さて、その新茶ですが、以前、ブログを通して教えて頂いたことがあります。

私達、ふじのくにの民は、このシーズンになると、日頃お世話になっている方々に新茶を贈る習慣があります。

しかし、茨城県では、お茶を贈るのは、お葬式のときなので、娘さんの嫁ぎ先のご両親(茨城県在住)に、こちらからお茶を贈ったら大騒動になったということを伺いました。

もちろん、当地でも、香典返しとして、お茶をつかいますが、お茶を贈る=縁起の悪いものという方程式はまったくありません。

このお話は目からうろこでした。

手土産リスト

1
県外の出張でお忙しい方々から、時間がないので、手土産を買って用意しておいてくれないかと頼まれることがしばしばありました。
そのときお局が一番利用したのが焼津にあります、新丸正さんのかつおせんべいでした。
この商品は、依頼のリピートがとっても多い商品です。

皆さんがお土産として利用されているものはどんなものが多いですか?

先日、デパートで、くまモンの紙袋に、熊本県産のアンデスメロンとトマトが入った支援袋が販売されており、即購入しました。
こういう熊本県産青果売り場ができるといいな〜。

そういえば、過日、こんなリストをネットで発見しました。
忘れないようにここにUPしておこっと!

http://temiyage.gnavi.co.jp/wagashi/025/

http://temiyage.gnavi.co.jp/?utm_id=temiyage_rt-no3_pc_gdn_dsp

上の写真は、過日横浜の方からお土産で頂いたものです。
2
3
それでは今日も素敵な1日を!

父の知らない、娘の秘密!


1
GW後半。
皆様はいかがお過ごしですか。
お局のGWは、30年以上手つかずの押し入れの中にある布団等の虫干しと身の回りの整理をしております。
なんたって、母が亡くなってから1度も押入れのものを干しておらず、昨年その1つを開けてみると・・・大変なことになっていました。
今回はその第二弾です。
それにしても、昔の布団は、重い!重い!
お局は父に、「布団は、必要なときは、午後2時までなら当日配達してくれるサービスもあるから、もう納めさせてくれないか」と相談すると「もったいない!ばちがあたる!」とのこと。

渋々、布団を物干し竿に干しますが、ひっくり返すとき、重たくてなかなか返せない^_^;
頭や首を使って、反動をつけて布団を返すが、誤って下に落とす!
ヘルニアもちのお局には、昔の重たい敷布団は脅威です。

また、押入れには、お局が子供の頃から使っていた歴代の枕も保管されておりました。
これは、納めさせていただこう・・・!
ここでスイッチが入り、バンバンごみ袋に!

お局は、知人から「物をほとんど買わない、もっていない人!」と言われ、物が少ない方なのですが、それでも、なぜか物は増える。

「物を大切にしていない!」とお叱りを受けるかもしれませんが、これまでお局人生を盛り上げてくれたものに感謝し、納めること、45リットルのごみ袋8袋分。

身の回りの整理。
今、とっても楽しい時間の過ごし方です。

おもてなしの旅 ふじのくに食編

1
今では遠く、パリにもファンがいるという、「純米大吟醸・おんな泣かせ」。
その蔵元であります大村酒造さんはわが街にあるのですが、昨日ご紹介したパン屋・アンコールさんでは、その大村酒造さんの酒粕を使った酒粕あんパンがあります。
2
わが街は、小饅頭が有名なのですが、上のパンは小饅頭に似ている感じです。
地元の材料を使って作る新商品。
そういう気持ちが素敵だし、うれしいな〜・・・しかも粒あんで・・・

お店で目がほころびっぱなしのお局でした。

おもてなしの旅 ふじのくに食編

1
平成25年〜27年の総務省統計局家計調査の平均では、米の購入金額は、静岡市が全国1位、浜松市が2位でした。
米の購入量は浜松が1位で静岡が2位でした。
一方、パンの購入金額は静岡が全国18位で浜松は26位なんです。
購入金額だけですと、静岡県はお米が高いのか?!とも思っておりましたが、今回購入量も全国ワン、ツーとのことでこれで正真正銘の米好き県と言っていいのかな?

さて、わが街に最高のパン屋さんが昨年オープンしました。
アンコールというお店です。
天然酵母を使い、ジャムやクリームも自家製。

何しろ、お局の大好きないちじくとクルミのパンは、天然酵母からくる甘みや粉と塩の旨み、そして、大ぶりのいちじくには大満足です。

近所にこんなに美味しい本格的なパン屋が出来て、スーパーハッピーなお局でした。
下の写真の右側のパンは、粒あんをサンドしたフランスパンです。
2

今年もあの方がやってきた!

しろくまジャムさんのランチ
昨晩ついに、今年の第一号と遭遇!
それは、これからの季節、大敵の「蚊」と「ごき〇り」
後者は、お局がいかに、家の掃除をしていないかバレバレでお恥ずかしいのですが、数年前から出始めました。

お局はのどが弱いので、防虫剤が焚けないのでございます。
ごき〇りの方は、毎年この時期、大々的な除虫剤をまこうか悩むのですが、そうすると、相手がますます強力になると聞き、打つ手なしの状態です。

困った

話題をかえます!!!

本文が心地よい話題ではありませんでしたので、写真で気分転換を!
写真は本文とは全く関係のない、最近、地元で非常に注目されているしろくまジャムさんのランチプレートです。

写真は知人が選んだプレートですが、お食事もお店の雰囲気も非常に温かく、優しく、心がほっこりするランチでした。

お局の小さな応援

なみえやきそば
15年くらい前は、デパートで物産展が開催されると広告で見ると、初日に駆けつけるお局でしたが、ここ数年マンネリ感があり、そのとき地下にいても、わざわざ物産展の会場に足を運ぶことはしなくなりました。
しかし、東北物産展は別です。
お局のように力がない人間は、ボランティアではお役に立てないので、ここぞとばかり物産展で食品を購入します。
最近では、なみえ焼そばは必ず購入しています。
(注:写真は3月に行われた東北物産展で購入したときの写真です)
こしのある極太麺に濃厚ソースはお局好みです。

ところで、GWの休みを利用して熊本に入る多くのボランティアの方の映像をテレビでみます。
頭が下がります。

直接お役に立てない代わりに、スーパーで熊本産の食品を探して購入しています。

一番多いのがトマトですね。

圧倒的な量と種類です。

朝の卵料理にベーコンとトマトは欠かせず、お昼のお弁当にはプチトマトは欠かさず、夜は、トマト鍋、トマトスープ、トマトカレー・・・等々
毎回、3種類ほど購入します。

ごくごく、小さな応援で心苦しいのですが、東北と同じように、買って食べることで応援していきたいと思っております。

ただ、願わくば、スーパーで、熊本産コーナーがあると、いっきにそこで調達できるから買い物の時間短縮が出来てうれしいのだけど・・・^_^;

こう書き終えたら思い出しました。
熊本と言えば、陣太鼓!
食べなきゃ!!!

車内の忘れ物

メゾンカイザー
昨日、また車内の網棚に忘れ物をしてしまいました(汗)
駿府の駅の忘れ物コーナーに直行!
お局:車内の網棚の上にレインコートを忘れました。
9時54分駿府駅発、熱海行き、4号車の進行方向左側の真ん中のドアの一番隅の座席の上の網棚です!

お局があまりにスラスラと伝えるので、係の方が???って感じでした。

なんたって、車内の忘れ物は1度や2度ではなく、あるときは新幹線に乗って往復6,000円以上かけて取りに行ったことがありました。
そのときの忘れ物は、仕事が終わったらジムに行くためのウエアや、着替え(下着)が入っていたので、取りに行くときになんとも恥ずかしい思いをしました

今回も、見つかったはいいが、熱海や、沼津、三島、更には浜松もあり得るな・・・に取りにいくことになったらちょっと懐にきついな・・・
と思っていたら、4時間後、駿府の駅から、駿府の駅で見つかったとのことで、仕事帰りに取りによったのでした。
なんとも、ラッキーでした(感謝・感謝)

昨日はお局の目の前に盲導犬がいて、しっかりお仕事をしていました。
その姿に感動して見入っていたら(もちろん視線は合わせませんよ。盲導犬がお仕事中は視線を合わせてはいけないので・・・)網棚にのせたレインコートのことをすっかり忘れてしまいました。

車内でも忘れ物は、これで何度目かな?!

忘れない対策はないか?!

そうか、網棚に、大好きなどら焼き、パンを置いてあると思えば、忘れないかな

天気予報

社会人になって最初の仕事が天候に左右される仕事でしたので、テレビの天気予報の日本地図がアップになると、眼は北海道をスタートにして、東北、関東、北陸、東海・・・と全国の天気をチェックする癖がついておりました。

しかし、2週間前から少し変わりました。
天気予報で日本地図がアップになると、まず熊本地方の天気をチェックします。
熊本地方、雨のようで心配です。
一昨日「揺れ疲れ」という言葉を初めて耳にしました。
本来ならびくともしない頑丈な建物も、地震により建物が何度も揺れているので、今、建物の「揺れ疲れ」が起こり非常に危険な状態であるとのことでした。
何しろ、天候があれないことを願ってやみません。

ところで、昨晩、報道ステーションの天気予報を見ていたら、各地域名の中に、名古屋、長野、東京はありますが、静岡はありません。
そういう時って、静岡の方ってどこを見ているのかな?
西部の方は、名古屋を、東部の方は、東京を見て、天気を確認するのかな?
であれば、中部の方はどの地域の天気予報を参考にしているのかな?

懐かしさ!?

1
最近昔食べたもので今でも忘れられないスイーツを無性に食べたくなることが増えました。
その一つに地元にあるコロリさんの米粉ロールです。
以前、ご近所の方から頂き、当時は米粉を使ったスイーツがまだあまりなかったため、このもちっとした弾力性のあるスポンジは目からうろこでした。
とってもおいしかった記憶があります。

あれから1〇年。

先日久しぶりに頂きました。

まったく変わらぬ美味しさにとっても幸せな気分になったのでした。
1
お局のひとりごと
昨日の地元紙夕刊のTOPに掲載された記事に関して、多くの方よりご連絡を頂きました。
私以上に怒って下さった方がいらっしゃいました。
お局のことを覚えていて下さり、いまだに気にかけて、心配して下さっている方がいるということが何より有難く、嬉しかったです。
あのようになった原因があり、それをなんとかするしかなく考えたことでした。
あのように、肩書のある方が、事実を知らず、調べず、ご自分の都合のよい内容に結論付け紙面に掲載する。
それがどれだけ人を傷つけるかも考えず・・・。

ただ、事実はどうであれ、あのように思われてしまったのも、ある意味、お局の力不足だったと受け止め、またコラムの最後では、改善された現状をほめておられるので、まぁ、昔のことは、もういいか!!!
ご心配下さった皆さん!
有難うございます

目のお話

緑内障の診断からまた新たな経験をしているお局ですが、今日も眼科の先生に教えて頂いたお話です。
お局は、眼科の先生に、「お勧めのデスクライトを教えて頂きたい」と先生に申しました。
すると先生は「ブルーライトを避ければ、あとはどれでもいっしょ」
とのことでした。
夜のブルーライトが特によくないので、目に気を使われている方は、パジャマメガネを愛着しているとのこと。
これは、ブルーライトから目を守るメガネとのことです。

またブルーライトは、目に刺激を与え、アドレナリンを放出し、興奮してくるので、結果的に夜眠れなくなる。
特に、夜眠れない方は、就寝前のブルーライトを浴びないよう、予防のメガネをしたり、パソコンやスマホを控えるように、とのお話でした。


セカンドオピニオン

お局は視力が0.0?なので使い捨てコンタクトを着用しております。
処方箋は3か月のため、定期的に診察が必要です。
その際、いろいろ検査をして下さっているのですが、その検査がなんのために、なぜ行うのか、形式的な説明はあるのですが、非常に専門的で、早口で、ちょっと質問すると、煩そうにされるので、こちらも怖くて質問をしないで、コンタクトの処方箋だけ下さればそれでいいや!と思って10年以上通っておりました。
では病院をかえればいいのですが、コンタクトを定期的に購入するには非常に便利な場所にあるため病院をかえないお局がいけないのですが・・・。

先月、20年ぶりに自動車の運転をしなくてはいけないと決断をし、その前に、視野検査をしてみよ〜っとと思い、初めて視野検査をしたところ、緑内障の診断を受けました。

しかし、看護師さんの接遇や、先生の説明、態度がどうも、怖いので、ここで治療は出来ないと思い、セカンドオピニオンを求めて、緑内障に評判のいい眼科に行きました。

お局、眼圧の検査は、目に力が入って、いつもやり直しばかりですがその眼科は風が出るタイプではなく、普通にして眼圧を測定できるタイプでした。

先生も看護師さんも非常に優しく、こちらが恐縮するくらい、納得できるまで丁寧に説明して下さいます。
2回にわたる検査の結果、緑内障ではないことが判明しました。

最初の眼科で眼圧を下げる薬を処方されましたが、それを点眼しているときとその薬をやめて2週間後の眼圧は同じでした。

そして何より、最初の病院では結果の数値や映像を見せて下さいませんでした。(あのときめちゃくちゃ混んでいた)
しかし、2か所目の病院では画像と数値をはっきり見せ説明して下さいました。

病院も使い分けが必要なのね〜。
もし、その病院にひっかかるところがあれば、セカンドオピニオンって大切だな〜。

内臓のことは比較的気を付けますが、眼って案外軽視するところがあり、また近年、眼から以外な病気が判明することが明らかになりましたので、眼に対して、これまで以上に心を寄せないと!

と思ったお局でした。

それでは皆様!

素敵な1週間を

1
過日、眼底検査を行いました。
点眼で瞳孔を開くようですね。
噂には聴きましたが、検査終了後、明るい外は、まぶしくて、ほとんど見えない
めを開けられない
日陰に入るとすこ〜しだけ見えるので、お店の軒先に入って、前方を確認しながら、病院から午後の仕事場に移動しました。
その道のりは歩きなれた場所なのですが、不安なものですね。
怖かった一つが信号機。
でも、そこは、お堀のところの信号でしたので、音で青を伝えてくれます。
普段は気付きませんでしたが、これが目の弱者にどれだけ助かるものか、今回初めてしりました。

また、細い路地も怖いですね。

確かに車が静かすぎて、接近が分からない

すると風の流れ、風の動きに敏感になりました。

これからまだまだいろんなことがありそうです。

お局メモ 訪日中国人観光客

1
日本政策金融公庫が実施したアンケートより。

訪日中国人観光客500人へのアンケート結果。


満足した料理

寿司34.2

刺身29.0

お好み焼き24.4

以下

すき焼き19.6

鰻のかば焼き、うな重16.4

鉄板焼き14.6

特にお好み焼きは4050代の女性の一番人気。


お土産として購入したもの
日本酒50.4
チョコレート39.2
ビスケット33.0

日本を再度観光する際にしてみたいこと

名所・旧跡めぐり53.6

自然・風景の散策51.2

農家。民宿・農家レストランの利用30.8

果物狩り25.4


確かに、彼らのすいか、桃、リンゴ、なしの食べ方は豪快だったな〜。

おもてなしの旅 訪日外国人受け入れ

1
過日紙面に書かれてありましたので、ご覧になられた方も多いと思います。
お江戸の各駅にナンバーがふられました。
例えば、上の写真は副都心線ですので頭文字はFで15となります。
車内では写真のように次の駅を英語で表記されアナウンスも英語で行われます。
Next station is Shinjuku-sanchome F15.って感じです。
2
確かに分かりやすいです。
それに対して、駿府の路線バスについて、訪日外国人から非常に難しいと言われました。
実は、お局にも難しいのです。
何が難しいのかといえば・・・いろいろ書いていたのですが、余計に分からなくなったので削除しました。

簡単に1つ思いつくのが、駿府の路線バスは、乗るときにチケットをとって、降りるときに精算します。
ただここで注意なのが、精算機の中にお金を入れても、精算後のつり銭が出てくるのではないのです。
ただの両替なんです。
訪日外国人がよく、電車やバスの乗り方が分からない!
とおっしゃっていますが、こういう精算の仕方が地域によってことなるのも、難しいと言われる要因の一つだと思います。

おもてなしの旅 食

1
皆様のお宅では、「荒布(あらめ)」って召し上がりますか?
2
アラメの名前は、ワカメ(若布)より肉が厚く、荒い感じがすることから「荒芽」と名付けられました。
お局家では、春のこの時期、たけのことこのあらめとなまり節を一緒に煮たものをよく作ります。
3
あらめは、戦国時代、加藤清正が築いた熊本城では壁の内部に籠城用の食材としてぎっしり詰められたそうです。
今日は大雨が予想されています。
これ以上被害が拡大しないことを切に願っております。

おもてなしの旅 久能山東照宮 その24

今日は、お局の拙い文章は一切なしにして家康公の遺訓を掲載したいと思います。
家康公ご遺言
人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし。急ぐべからず。
 不自由を常と思えば不足なし。
こころに望みおこらば困窮したる時を思い出すべし。
 堪忍は無事長久の基、いかりは敵と思え。
 勝つ事ばかり知りて、負くること知らざれば害その身にいたる。
おのれを責めて人をせむるな。
 及ばざるは過ぎたるよりまされり。

おもてなしの旅 駿府編

浪漫バス
昨日、shidaさんから、観光バスのお話がありましたので、今日そのお話をします
県外のお客様から、観光バスはないの?とよく聞かれました。
もちろん、観光バスもあります。
詳細はこちらです。
でも〜あるにはあるのですが、その運行日が、金・土・日のみで、出発の時間は10:30で・・・と、お局がご質問を受けるお客様には、この定期観光バスの条件があてはまらないケースが多く、そういうときには、通常の路線バスですが、お堀の周りをレトロなボンネットバスで巡回する駿府浪漫バスをご案内しました。

バスの乗り場は、静岡駅のメイン改札口を出て北口に進み、観光案内所の目の前のバス乗り場10番です。
朝の10:00から18:00まで、毎時00分と30分に駅を出発し、1周約50分、料金はなんと100円の路線バスです。
ルートは詳細はこちらをご覧下さい。

駿府城周辺を通り、浅間神社や街中を通りますので短時間で駿府の街中を見るにはもってこいです。
先月、おもてなしの旅のプランニングを頼まれた際にも、この浪漫バスを取り入れました。
このときは、浪漫バスで1周するのではなく、通常の路線バスと組み合わせて、旅程を考えました。
お局のおもてなしの旅

県外からのお客様に歓ばれる路線バスの旅でございました。

おもてなしの旅 久能山東照宮 その23

昨日、徳川家康公は、1616年4月17日駿府城で75歳の生涯を終えると、遺体はその日のうちに久能山に運ばれました。遺言により、ここに埋葬されお墓は西向きに建てられました。
とお話いたしました。
それに関して、京丹後のおやじさんから頂いたコメントです。

何故西向きなのでしょう? 西の方向に何があるのでしょう?

い〜いご質問ですね\(~o~)/
京丹後のおやじさん有難うございます。

まずは、下のグーグル地図をご覧ください。この地図をご覧頂くと、答が分かってしまうかもしれませんね。
家康公
徳川家康公は西を向いて、まっすぐ座った姿勢で埋葬されたと伝えられております。

なぜ、西を向いているのかと言えば、1615年、大阪夏の陣により、豊臣が滅びたといえども豊臣の家臣達は、まだ西国に残っており、「東は安泰だが、西の勢力はまだ心配なものがある」との判断から死んでからも西を睨みつづけようという家康公のご遺志によるものでした。

自らが死んだあとのことを更に綿密に指示を出されているって・・・。
これは、(株)emrikiさんが創刊された月天心に書かれていますが、究極の終活だな〜。
1

おもてなしの旅 久能山東照宮 その22

久能山東照宮
家康の廟所
徳川家康の廟所、つまりお墓に到着しました。
高い石垣で囲まれた大きな台座の上にある、石の屋根がついた宝塔がお墓です。
高さが約5.5メートルある石のお墓です。
家康は、元和2年(1616年)4月17日駿府城で75歳の生涯を終えると、遺体はその日のうちに久能山に運ばれました。
遺言により、ここに埋葬されお墓は西向きに建てられました。

 The Mausoleum of Tokugawa Ieyasu
We have arrived at the Mausoleum of Tokugawa Ieyasu, in other words,Ieyasu's Tomb.
It is a tower called Hoto with a large stone roof on the large pedestal surrounded by a high stone fence. It is a large stone tomb with the height of 5.5 m. Tokugawa Ieyasu passed away at the age of 75 in
the Sumpu Castle on April 17,1616.
The body was moved to Mt. Kuno on that day.
According to his last will, he was buried here with his tomb facing west.

おもてなしの旅 久能山東照宮 その21

この度の熊本の大地震によりお亡くなりになられた皆様に心よりお悔みを申し上げます。
また被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。
一時でも早く余震が収まることをお祈りしております。

さて、いよいよ佳境になりましたあおいちゃんが英語でご案内する「久能山東照宮」。
今日は、
3賢人とひょうたんの水のお話です。
久能山東照宮
拝殿前面に、もうひとつ「3賢人とひょうたんの水」の彫刻が右側に彫られています。
久能山東照宮
ひょうたんに入っている神泉の水を飲んだ孔子は「何も味がしない。」と言い、
釈迦は「塩辛くて苦い。」と言いました。
しかし、老子(左)が
「お酒のように甘くておいしい。」
と言うと、孔子と釈迦は「もう一度飲ませてほしい。」と頼みました。
しかし、ひょうたんの水は二度は飲めません。
「人生は一度しかないので 大切に」
ということと、3賢人によって教育の大切さを表しているそうです。

 Three Wise Men Drink Water in the Gourd
On the front of the Haiden, "Three Wise Men Drink Water in the Gourd" is carved on the right.
Three wise men are Confucius, Buddha and Laozi.
Confucius drank sacred water in the gourd and said,"It's tasteless".
Buddha said, "It tastes salty and bitter".
But when Laozi told them that the water tasted good and sweet like sake, they wanted to drink it again. But the sacred water could not be drunk again. It tells us the idea, " You only live once, so try to make it meaningful".
 And it also represents the importance of education by these three wise men.

おもてなしの旅 久能山東照宮 その20

久能山東照宮
ひょうたんから駒
拝殿前面の「司馬温公のかめ割り」の彫刻は中央にあります。
そして左には、
「思いがけない(ありえない)ことが現実となる。」
という意味の「ひょうたんから駒」の彫刻があります。
久能山東照宮
ここ、さい銭箱の前で、2拝2拍手1拝のお参りをします。

 A Horse comes out of a Gourd
On the front of the Haiden," Sima Guang Breaks the Pot" is carved in the center.
And on the left is the carving called " Hyotan kara Koma", literally, "A Horse comes out of a Gourd". It represents the idea that something unexpected ( impossible ) comes true.
Here in front of the offertory box, we make a prayer by bowing twice, clapping our hands twice and bowing one more time.

おもてなしの旅 久能山東照宮 その19

久能山東照宮
司馬温公のかめ割り
さい銭箱の上の拝殿正面の彫刻をごらんください。
中国北宋時代の有名な学者で政治家だった司馬温公(11世紀)の逸話を表した「司馬温公のかめ割り」と呼ばれるものです。
子どもの頃、友達が大きな水がめに落ちたので、石でかめを割って助けたという話です。
高価なかめを割ってしまったので、あやまると、父親は「かめは高価でもお金で買えるが、人の命はお金で買えない最も大切なものである」と言って、命の大切さを教えたということです。

Anecdote: Sima Guang Breaks the Pot
Look up at a carving on the front of the Haiden above the offertory box.
It is called "Sima Guang Breaks the Pot".
It represents an anecdote of Sima Guang, a famous Chinese scholar and politician (11th century).
He, as a child, saved his friend who had fallen into a large water pot by breaking it with stones. When he apologized for breaking the valuable pot, his father told him that although expensive, a pot could be bought with money, while life could not was the most valuable, teaching Guang the importance of life.

おもてなしの旅 久能山東照宮 その18

久能山東照宮
唐門
社殿の正面にあるこの門を唐門と言います。
丸みを帯びた屋根が中国風なので、唐門と呼ばれています。
屋根の下には鳳凰の彫刻、そで壁には唐獅子や牡丹が彫られています。 
この門は元日や大祭などの特別な日以外は閉められています。

Karamon, Chinese Style Gate
The gate in front of the Shaden is called Karamon,Chinese Style Gate,because it has a rounded Chinese style roof.
There is a carving of Houou, Chinese phoenix below the roof, and the side walls have carvings of lions
and peony flowers.
Except on special days such as New Year's Day and during major festivals, the Karamon is closed and cannot be passed.

おもてなしの旅 久能山東照宮 その17

回廊
回廊は築地塀(ついじべい)と呼ばれる屋根のある土塀によってつながり、社殿を取り囲んでいます。
築地塀には、いろいろな花、植物、鳥や動物を組み合せた多くの彫刻がはめこまれ、平和な世の中を表現しているように思われます。

Kairo, Cloisters
The Kairo or Cloisters are connected by roofed mud walls and surround the Shaden.
The mud walls are inlaid with many carvings .
They are the combinations of various flowers, plants, birds and animals.
They seem to present a peaceful world.

回廊の写真が無くって申し訳ありません。
Archives
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
号外(お局さん)が新聞で・・・! (にんじんジュースのクニ の飼い犬がニヤッと笑った!)
富士山静岡空港開港
おもてなし接遇マナー講座に参加 (もちや菓子店 もち子の日記)
帰城報告
お局さんありがとうございました (京丹後のおやじのうんちく日記(19世紀の味京都農場))
京野菜ポトフ
  • ライブドアブログ