2017年05月20日

3月の記事で書いた通り手術をした。GWあたりにと思ってたけど、結構混んでて結局17日になった。

手術自体は(看護婦さんによれば)10分くらいですぐ終わるし、見えない状態で「何かやってるな」って感じだと聞いていたので怖くはなかったけど、手術と名の付くものは今まで一度もしたことがなく、未知のことだったからちょっと緊張した。

病院から言われたとおり9時に受付をして病室に案内され簡単な診察が11時頃。その後お昼ご飯を食べて手術が2時半頃スタート、という段取り。その間はひたすら待つのみ。昼から病院に行ってもよかったのでは? と思った。

で、急患が入って手術が遅れ結局4時頃呼ばれる。さすがにちょっとドキドキ。
麻酔の目薬を何回か差されていたのに左目の感覚もあるし、見えてる。これ大丈夫かと心配になって(麻酔が効いてなかったら拷問だよ)、看護婦さんに聞いたら「染みる目薬なのに二回目からは染みなかったでしょ」と言われて安心した。

いよいよ手術開始。簡単な手術という割に先生のほかに4人くらいいる。思ったよりは大掛かりなので緊張が高まる。

歯医者の椅子のようなものに座り、倒されて強いライトを当てられて何も見えない状態になる。入念に目を洗われ(消毒かな?)、何も言われず始められてちょっと焦った。

確かに「何かやられてる」って感じ。目の中をぐりぐりされて、ぐりぐりされて、ぐりぐりされて終了。痛くもなんともなかったけど、「今何されてるんだろう?」と想像すると超怖いw 「手術中は光を見てなるべく眼球を動かさないで、リラックスして」とか言われてたけど、そんな余裕はなかった。体に力入りまくり。

目にガーゼを貼って目が開かないようにして眼帯をつけてもらい終了。実際の手術時間は5分もかかってないんじゃないかな。

付き添いのNと共に地下鉄で帰る。片目でも気をつけてれば問題ないな。
ていうか、付き添いいらなかったのでは? まぁ何かあったときのために念のためなんだろうけど。次回はいらないかもなー。

(長いので折りたたみ)

続きを読む
Comments(0) | TrackBack(0) │   (23:30)

手術やら色々あったのと、やっぱ負けると筆(キーボード)が重くなるよねってことで二試合まとめて。

大宮戦。
自滅。この一言に尽きる。
去年も降格した名古屋にダブル食らったりもしたから、やらかしは得意なんだよねぇ。困ったことに。
今年のリーグ戦で初めて前半に得点したのに(それはそれでスゲー)、相手の勢いに飲まれて逆転負け。
一昨年だっけその前だっけな、下位に沈んでた湘南に勝てなかったりと必死に走るチームとは難しい試合になることはよくある。
でもポゼッションしていなす、ってのが出来ないんだよなぁ。先は長いね。


横浜FM戦。
開幕直後は「こりゃ強いわ」って思ったんだけど、最近失速気味、おまけに日産スタではここ数年負けてない。順位も近いし勝たなきゃない試合だったし、3点以上取って勝てた試合だった。 

のはずなのに。

試合開始直後からチャンスを作っては外し作っては外し。内容は今年一番だったかもしれないけど、とにかく入らない。
やな感じ…と思ってたら案の定カウンターから先制され前半終了。
30分過ぎから狭いエリアに追い込まれてパスミスを誘われてたような気がしてた。相手からしたら「してやったり」だったのかもしれない…。

後半も同様、ずっとウチのペース。やっと同点にしたけど、反撃もそこまで。
日産で負けないジンクスは継続したものの、大宮戦に続いて勝点の取りこぼしが痛い。ここで連勝してれば9位だったのになぁ。

とは言え、30度の気温の下でも最後まで運動量が極端には落ちなかったのは新システムが上手く行った証なのかも知れない。チャンスは山のように作れたからね。 
怪我で出遅れていた期待の中野も実力の片鱗は見れたし、やっぱり先制点が痛かったなぁ。ホント。

ところで。
もしかしてクリスランではなく石原をトップに置いた方が上手く回るのかもしれないと思った。
でも点が入らなきゃどうしようもないけど。 

それから、ネットでは監督批判がひどい。
もちろん今の順位を見れば手放しで擁護はできないけど、今日の試合を見れば年々進歩してるし、先を見据えてチームを作ってるのがわかると思うんだけどねぇ。
とにかく監督が気に入らない人からすればシュートが入らないのまで指導力がない、システムが悪い、選手起用が悪い……。と何が何でも監督のせいになっちゃう。

自分はクラブ初のOB監督だから心中しても構わない派なので、逆に擁護しすぎかもしれないけど、あまりに見苦しい批判(とすら言えないものも多い)が多くてね。ま、そういうのは見なきゃいいんだろうけど…。何にでもネガティブなのって、やんなっちゃうよね。 
Comments(0) | TrackBack(0) │   (23:00)

2017年05月07日

見てないんですけどね。

ネットの評を見た感じは内容は悪くなかった(相手がアウェイということで手堅く来てたというのもあったようだが)。
2点目のキーパーのミスで終わった。

とまぁ徐々に上向いてきてる感じはする。
でもまぁやっぱり順位が上のチームには勝てないな、と。

「サラリーの差」と書いてる人もいたな。
選手のクオリティの差ということなんだろう。
これは切ない。

仙台のような地方の親会社を持たないクラブにはやっぱり限界があるということなのか。
まあ実際そうだな。

でもまぁ「おらがクラブ」が果たす役割は単純に勝つだけではないから。
スカパー!の「ベガルタTV」で監督が言っていたように、負け試合でも一生懸命やってくれてるのが伝わればいいとは思う。

さて次節は大宮戦。その前に水曜にルヴァン杯柏戦があるからどういう風に乗り切るか。
グループリーグ暫定首位になっちゃったから、捨て試合にするわけにもいかないし、かといって週末のリーグ戦は絶対落とせないし。

まだ序盤なのにハラハラだなぁ。
Comments(0) | TrackBack(0) │   (23:04)

2017年04月30日

若い頃は年取ったらバカボンパパのような格好(は極端だけど…)をするようになるのかな、って思ってたけど、実際年取っても若い頃とあんまり変わらない。
でも今の若い子たちが着てるような服は着れないよねぇ。

というのは、若い子たちが着てるのは昔流行って一時期は超ダサいと言われてたものだから。
自分が若い頃に70'sが流行ったとき、一世代上の人が「やめて〜」って言ってた。その頃は実感が沸かなかったけど今ではよく分かる。

だってここ数年でMA-1がまた流行ってるけど、着れないよなぁ。
今着たら「ずっと着てたんですね」って言われそう。

ということに気づいたのは数年前。

どういうことかと言うと、流行ってのは旧世代を新世代が駆逐するものだってことなんだな。

旧世代が着れないものを新世代は着る。そこで違いを見せつける、と。

まぁ売る側からの論理はまた違うんだろうけど、若い子からしたらそういうもんなんだろうな。意識してないだろうけど。
Comments(0) | TrackBack(0) │   (23:55)

上位に力負け、中位と互角で下位に勝ちきる。ここんとこリーグ戦で上位にひどい負けをしていたからちょっと心配したけどいつもの渡邊仙台らしい戦いっぷりだった。

スコアを見れば完勝だけど、先制されてたら逆のスコアでもおかしくはなかった。
そのくらい守備は危うい。
それでも中位には何とかなるレベルなのかな。

今年のFWクリスランが大当たりっぽいから去年より順位上げられるかも、一桁順位行けるかも、なんて勝った日は浮かれていたい。

ただ、来年は確実にクリスランいないだろうからなぁ。
ま、今から来年のこと心配してもしかたないけどさ。

水曜にルヴァン大宮戦、日曜にガス戦。ルヴァン杯はともかく、ガス戦はホームだし何とか食らいついて行きたいよなぁ。でも厳しいかな。うーむ。
Comments(0) | TrackBack(0) │   (23:28)

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ