果てしない箱庭・結合編

方法をデザインして、関係をアートする「アルスコンビネーター」矢萩邦彦による創作と日常の時系列カタログ的展示場。 ――受動から能動、そして無意識へ。 詩と時間とフォトグラフ /切り取った感覚/ 思考の超越→ //境界線 / 融合への旅~..... _ __

今まで使っていたブログが壊れてしまったのでリニューアルです。取り立てて推敲もせず、徒然に日記と雑文・散文を上げていきますので、適当にお付き合い戴ければ幸いです。 
↓ポータルサイト『ArsMagna21』はこちら 
http://yhg.jp/

鏡明塾2014年度リニューアルのお知らせ。

日頃から鏡明塾にご参加戴いている皆様、また活動を応援して戴いている皆様、有り難うございます。2008年に開講した鏡明塾は今年で6年目を迎えることができました。九州・関西・中部と逍遥を広げ、総講義数も400に手が届きそうです。続けることはモットーですが、常に誰かが来て下さることで活動を止めずに来れたことに感謝すると同時に、今後もより社会的な活動として継続出来るよう進化させていきたいと思っています。 

今年度はコース・クラス、受講料の見直しの他、奨学制度を正式に導入致します。ご確認の上、ふるってご参加頂ければ幸いです。 次回は13日の日曜日、テーマは17:05〜『現代社会〜現代の環境問題を考える』と19:05〜『言語と結合〜言葉の可能性と魔力』です。

【コース・クラス】 
◆基礎コース(高校・大学受験及び就活や社会人として必要と思われる一般教養を身につけるコース) 

・社会クラス…現代社会・政治経済倫理・地理歴史について時事問題を交えつつ基礎から学ぶ講座です。 
・国語クラス…現代文の読解からコミュニケーションスキルの向上まで、日本語のリテラシーを基礎から学ぶ講座です。 

◆応用コース(多様な分野のエッセンスに触れて教養を深めるコース) 

・一般クラス…科学から芸術まで、ダイナミックに分野を越境横断する講座です。テーマのリクエストも承っております。 

※各コースとも連続で受講されることをお勧めしますが、ご興味のあるテーマのみの単発参加でも問題ないように講義を作っております。 
※この他に、個別コースや出張講義も行っております。ご希望がありましたらお問い合わせ下さいませ。 

【受講料】
今まで、高校生まで¥2,000、大学生以上¥2,500という設定にしておりましたが、今年度(2014年4月)より以下のように改定致します。個別コースと出張コースを除き、どの講座も同じ金額となります。入塾料や年会費・維持費等は一切戴いておりません。 

・学生 ¥2,000 
・一般 ¥2,500 

※受講料は参加当日にご持参下さい。振り込みにしないことは、学びとその対価を肌で感じるために必要なことと考えています。 
※領収書が必要な場合はお申し込み時にメールでご申請をお願いします。 

【奨学制度】 
鏡明塾では学びたいがどうしても受講料に都合が付かないという声を鑑み、今年度より正式に奨学制度をスタートします。以下に当てはまる場合、感想やレポートの提出を条件に受講料を自由とします。 

①家庭の事情等で受講料を保護者に出してもらえない小中高校生。 
②正当な理由によりアルバイトなどが出来ない、あるいはアルバイト代が不足している大学生及び専門学校生。 

以上のいずれかに当てはまり、奨学制度を希望する場合、 
①封筒に事情を書いた手紙と任意の金額(¥0〜¥1,999)を入れて受講料として提出して下さい。 
②受講後、感想あるいはレポートを提出して下さい。(書式や字数制限はありません。提出方法はメールでも紙でも構いません)

【お問い合わせ】
お問い合わせ・お申し込みはメールにて承っております。
yahagi.sa@gmail.com
までお願いします。

では、引き続き鏡明塾をどうぞよろしくお願いします。

Yahoo!ニュースにて、解説記事が配信されました。


Yahoo!ニュース『THE PAGE』にて解説記事を担当させて戴くことになりました。
現在四本の記事が配信されています。

「気になるニュースを分かりやすく」というコンセプトなので、量的にもライトなものですが、
できる限り伝えたいことを込めて書かせて戴いております。
是非、ご一読戴ければ幸いです。


◆日本海中部地震から30年、避けられない震災の風化、伝え方に工夫を

◆少年法改正契機から16年 少年法の今を問う

◆禁煙について考える-世界禁煙デーと日本の禁煙の現状-

◆異例の検察庁謝罪から4年、冤罪事件を考える-足利事件


また、更新がありましたらブログでも告知させて戴きます。どうぞよろしくお願いします。

母的なこと。伝えること。


母の日、先日のテレビ『出逢いのハーモニー』でご一緒させて戴いた
佐藤しのぶさんのコンサートにご招待戴き、
サントリーホールへ伺って来ました。

自分が母になったことを記念して始められた、母の日コンサート。
娘さんは20歳になり、今年で19回目になるそうです。

OAはされなかったのですが、18で家から離れた僕と母の関係を気遣って戴き、
家族とは、親子とは、と言うお話しもさせて戴きました。

誰にでも必ず、両親は居ます。
そして、たとえ意識していなくても、必ず影響を受けています。


「天の星は数え切れても、親の教えは限りがありません」

「完璧な人などいません、だからお互いに補い合って生きていくんです」


しのぶさんのメッセージと、『アヴェ・マリア』は、とても心に染みました。

シンプルなメッセージが伝わるというのは、僕は凄いことだと考えています。
誰が言っても伝わる訳ではないでしょう。


なんでも本気でやっていれば、伝わるもんですよね、
なんて笑いながら、話したしのぶさんの歌は、紛うことなく本気でした。
きっと会場に居た半分くらいは、
しのぶさんよりもお歳を召していたと思います。

そんな会場に向けて、母の歌を母として歌う。
そして、確かにその姿は母なんですね。
ホールの壁に投射された歌うしのぶさんのシルエットは、
人類の母の元型と言っても良いような不思議な力に満ちていました。
 
ギャラリー
  • 『佐藤しのぶ出逢いのハーモニー』出演のお知らせ
  • 『佐藤しのぶ出逢いのハーモニー』出演のお知らせ
  • 表現と炎とモラトリアムと。
  • いよいよ九州ツアースタート! 明日は別府鏡明塾、明後日は『自分サイズの平和学』です。
  • いよいよ九州ツアースタート! 明日は別府鏡明塾、明後日は『自分サイズの平和学』です。
  • ロンドンの交通機関。
  • ロンドンの交通機関。
  • ロンドンの交通機関。
  • ロンドンの交通機関。
Twitter
述懐です。Facebookとやや連動させています。
profile

矢萩邦彦

方法をデザインして、関係をアートする「アルスコンビネーター」。雑文家/雑談師。

松岡正剛師より拝命した、日本で最初の結合術師【ArsCombinator】として、アート・ジャーナリズム・教育の相互企画デザインを中心に、言葉とイメージによる存在学の構築を追求。活動ポリシーに「シュールパシフィズム」を掲げ、誰もが潜在的に持って居る平和的願望を喚起することを目的に据えた活動を展開している。俳号は道侠。

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ