2010年12月29日

高校1年の時に肘を壊してしまい、1年間ボールを投げていませんでした。(こうすけさん)

こんにちは。
僕は今大学2年で野球をしています。
高校1年の時に肘を壊してしまい、1年間ボールを投げていませんでした。
治ってからもまた壊すのではないかと不安で思いっきり投げることはできませんでした。
しかし高2の夏の大会でレギュラーとなり試合に出場したのですが、暴投してしまい勝ったのですが、とても投げることが自分の中で特別なことになってしまいました。
ポジションはキャッチャーなのですが、今は送球どころか投手への返球、キャッチボールも満足に行うことができません。
今は壊した肘も完治していて、壊すかも・・・という不安はありません。
何か効果的な練習方法などありましたら教えていただきたいです。
よろしくお願いします。
続きを読む


yips_blog at 00:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!野球 

僕は、一年半位前からイップスの事で悩んでいます。(AAAさん)

僕は、一年半位前からイップスの事で悩んでいます。イップスになってしまった原因は(多分)、ピッチャーマウンドから投げるとき投げる瞬間までミットを見ずに投球していました、でも中3の春に顧問の先生に最初から最後までしっかりミットを見て投げろと言われてからだんだん投げるときに腕が自分の体から離れていくような感覚になっていき、今では、自分の投げ方がまったくわからなくなってしまい、自分の投げる球がどこにいくかまったくわからなくなってしまいました。このような些細なことでもイップスになってしまうことはあるのですか?      
ちなみに今も野球をやっています。
続きを読む

yips_blog at 00:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!野球 

2010年07月09日

マウンドに立つと思うようにストレートが投げられないので非常に辛いです。(KKさん)

「疑問質問」

自分は高1でピッチャーを主にやっています。
小6のときに初の県大会出場のかかった決勝戦で突然ストライクが入らなくなってしまい、結局、10ー2から押し出しの連続で負けてしまいました。
それ以来、ブルペンやピッチング練習ではいい球が投げれても試合でバッターがはいると、どこに投げればいいかわからなくなって、手の力が一気に抜けてしまい完全なワンバンやバッターの背中の後ろに投げてしまうことが多々あります。
ちなみにカーブは普通に投げれるのですがストレートがどうしても投げれません
どうすればいいのでしょうか、教えてください。




「お答え」

“KK”さん、こんにちは。疑問・質問へのお問い合わせありがとうございます。

マウンドに立つと思うようにストレートが投げられない状況、非常につらいですよね。心中お察しいたします。
 小6の時の県大会出場がかかった試合での敗戦以来、投げられなくなったとのことですので、そのゲームが「きっかけ」になって今の症状が出てきたのでしょう。ご自身が分析されている通りだと思います。
ですが、「もし、あの試合で勝っていれば・・・」とか、「もし、あの試合がなければ、今こんなことにはなっていなかったのに・・・」などと、その試合が「原因」だったとお考えだったりしませんか?
前述したとおり、その試合は「きっかけ」にはなったかもしれませんが、あくまで「きっかけ」であり、その試合が「原因」ではないんだと思います。
なぜなら、プロ野球選手でも、試合で打たれる事はありますし、コントロールが定まらないこともあります。もちろん自分のミスで負ける事もあります。それでも、次の試合ではきっちり投げられる選手がたくさんいますよね?そう考えると、もともとの「原因」はもっと手前にあったのではないでしょうか?
もともとKKさん自身、非常に責任感が強かったりしませんか?その当時も「この試合に絶対に勝たないといけない」「周りの仲間に迷惑を掛けてはいけない。」「なんとか早く立て直さないといけない。」などと考えて、すごくプレッシャーを感じながらプレーしていたりしませんでしたか?
 そして今も、マウンドに立つと、なかなかストライクが入らないというイメージが先行し、「変なところに投げてしまったらどうしよう?」「ファーボールを連発してチームに迷惑をかけてしまうかも・・・」「自分のミスで負けるようなことがないようにしなければ・・・」など、マイナスの思考に支配されていたりしませんか?
現在のストレートが投げられないという症状の「原因」は、当時ミスで負けたことではなく、「打たれたり、ファーボールを出したりなど、自分のミスで負けるようなことは絶対にあってはならない」と考える“KK”さんの責任感の強さが原因になっているのではないかと思います。
では、なぜカーブは投げられるのか?おそらくカーブの場合は変に緊張せずリラックスして投げられているからだと思います。なぜならば、打たれる、打たれないは別として、カーブであれば、「このあたり」というような感覚で投げられるからでしょう。それに対してストレートは「ここにピンポイントで投げないといけない」という思考になってしまっているのではないでしょうか?そして、結果的にストレートという球種は“KK”さんにとって、すごくハードルが高いボールになってしまっているんだと思います。
つまりは、カーブと同じ感覚で、ストレートもまずは「このあたり」と、イメージできるようになれば良いのではないでしょうか。必ず克服することが出来ると思いますよ。
そのためには、まずは今のストレートに対するイメージを変えていくことです。その方法としては、まずは自分の心をリラックスさせてあげることです。今は、ストレートの対する思考がすごくマイナスの思考に偏ってしまっているように思います。
幸いまだ高校1年生ということですので、まずは自分の状態を楽にすることや、心をリラックスさせることから始めて、ゆっくり、少しずつ自信を取り戻して、カーブと同じようなイメージが持てるようにしていって欲しいと思います。
あせらずに、「高校3年生の時に活躍できればいい」ぐらいの気持でいいと思います。焦ると、なかなか良くならないことに対して、不安を感じ、また同じ症状を繰り返してしまいかねません。焦らずに少しずつ変わっていく、自分の変化に目を向け続けてあげて下さい。
何か野球以外に趣味はありますか?思考をリラックスさせる方法としては、自分の好きなことを思いっきり楽しんで見ることだと思います。ゲームでも読書でも何でも構いません。好きなものをたくさん食べるとかでもいいと思います。そうして、少しづつ自分のストレートに対する思考をまずは緩め、そして再度造っていって下さい。
どうしてもリラックスした状態でプレーすることができなかったり、不安になってしまったりするのであれば、当所においては、初回の1時間は無料でカウンセリングを行なっておりますので、よろしければご予約の上お越しください。直接お話しをさせていただくことで、KKさんのスローイングのヒントになるようなことがお伝えできればと思います。


yips_blog at 23:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!野球 

2010年06月22日

自分は内野手で中学の時からイップスのような症状が出てきました。(野球さん)

今、中学3年で野球をしています。自分は内野手で中学の時からイップスのような症状が出てきました。二年の時からレギュラーとして試合に出ていたのですが、大会で自分の送球ミスで負けてしまいました。

その時から、送球に自信がなくなり、投げることが怖くなりました。自分は精神的に弱いとかとても悩んだのですが悪循環にはまっていくばかりで辛いです。あまり気にしないようにしているのですが、なかなか良くなりません。どうすれば改善できるでしょうか。早く克服して高校野球を楽しみたいです。お返事お願いします。続きを読む

yips_blog at 18:05|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!野球 

2010年06月01日

私は1年以上イップスで悩んでいます。(SENさん)


【ご相談内容】
私は1年以上イップスで悩んでいます。
イップスになったきっかけは、普段ピッチャーの私が草野球の試合でキャッチャーをしていたとき、トップの位置から投げの動作に入った瞬間指先がヘルメットに「コツッ」と当たったことです。その瞬間に今まで普通に投げれていたものが体の動きがバラバラになって全然投げれなくなってしまいました。初めのころは先輩方も「仕方ないから」と励ましてくれていたのですが、マウンドとホームの距離をワンバウンドやすっぽ抜けをなげつづける私に「しっかり投げろ!」「もういいから転がして返せ」「おまえとキャッチポールしたくない」と言われるまでになってしまいました。
最近ではキャッチボールをするのが怖くなり、キャッチボールをほとんどしないままピッチングに入ってしまうため、肩にしわ寄せがきています。
投げるときに感じるのは「腕の振りがわからない(おかしいことだけはわかる)」「肩が投げる瞬間にガチガチになる」「リリースの瞬間に指先からボールが離れず、かなり強いひっ掛り感を感じてそのままたたきつけてしまう」ということがあります。
以前は楽しみだった草野球の試合も、最近では「雨で中止にならないかな」などと考えてしまってかなりのストレスになってしまっています。
こんな私でも改善の余地はあるのでしょうか?

【お答え】
疑問・質問のお問い合わせありがとうございます。
メールを拝見しました。今までで出来ていたことが出来ない事は辛いと思います。野球は団体スポーツです。それ以上にその事によって周りとコミュニケーションがうまく取れずに苦しく、辛いように感じます。心中お察知いたします。
詳しくお話しを聞いてみなければ解りかねますが、senさんは今、何を目的で野球に取り組んでいるのでしょうか?野球をする人は多いですが、人それぞれ、目的が違って来ると思います。
しかし、皆さん同じ思いなのは、野球が好きだということではないかと感じます。イップスになってしまってとても辛いと思います。その辛さゆえに嫌いになってしまう人もいると思います。当所に来られた方でもイップスを乗り越えた方、乗り越えられなかった方がいます。乗り越えられなった方の多くは結局、野球が好きではなかった方が多いです。好きでしょうがない。野球がやりたい。その思いがあるのであれば、たとえイップスに限らず色々な壁を乗り越えて行けるように思います。
また、senさんは野球の事、投球の事、チームメイトの事などイップスによって、もう頭も心もいっぱいいっぱいになってしまっているように思います。投げたいと強く思う気持ちで身体に力が入ってしまい、無理な動きになる事もあります。キャッチボールもしないで投球することは、大好きな野球人生を減らしてしまう恐れもありますし、良い結果が出るように思いません。キャッチボールもしないで投げたいと思うのであれば投げるのも良いと思います。しかし、キャッチボールをして欲しいと思うのであれば、素直に言ってみればいいのではないでしょうか?暴投してしまうかもしれないけど、受けて欲しい気持ちを伝えてみるのも良いと思います。キャッチボールが出来ない人が試合でストライクを投げて良いピッチングをしているイメージは中々出来なくないですか?現在、senさんは野球を行なう精神状態ではとてもないのではないかと感じます。
何か野球以外の楽しみはないでしょうか?もし無いのであれば、やってみたいと思う事を少しずつするといいと思います。そうした事によって心に余裕も出来て来て、これから自分がどうして行きたいのか素直に考えられるようにも思います。
離れてみて気づけることもあるように思います。今は下からしか返せないけどそれでも、野球をやりたいと心から思うのであればやるのも良いと思います。
イップスは決して不治の病ではないと思います。senさんにとって今は野球をやらなければ行けないと思っているように感じますので、それが心の底から野球をやりたい。と思えた頃からイップスも克服に向う一歩を歩き始めるようにも思います。

yips_blog at 23:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!野球 

2009年08月21日

私は高校2年生のバトミントンをやっている者です(翠さん)

はじめまして。私は高校2年生のバトミントンをやっている者です。
うまく伝えられることが出来ないかも知れませんが、私の悩みをお聞き願いたいです。
お忙しいところすみません。
私は中学三年の夏の試合から、サーブが打てなくなりました。試合のない時期は打てるのですが、試合に近くなるとだんだん打てなくなって、試合ではほとんどコントロールが利きません。それが2年近く続いています
サーブが打てなくなるまではサーブのことを気にしたことはなく、まさかサーブがこれほど打てなくなるとは思ってもみませんでした。
中学の顧問の先生に、もしかしたらイップスかもしれないと言われたのですが、その時はまさかそんなことは無いだろうと思っていました。それからずっと状況は変わりませんでしたが、それは私の精神力の無さによるものだと思っていました。なのでイップスという言葉を知っていながらも、思考から離すようにしていました。自分がイップスだと思う事は、言い訳に思えてならなかったのです。自分を悲観的にみてしまうような気さえします。
自分の精神力、実力がもっと強ければ、こんなことにはならないはずだと思って止みません。サーブほどではないですが、サーブが引き金なのか全体的に不調になって、困っています。それも自分の実力、とは思うのですが、もう少し思ったようにできるだろう、と思います。実際サーブが打てなくなるまでは、こんなことはなかったのですから。
今回の春季大会も予選の直前からサーブが思ったように打てなくなり、試合も散々で、とても辛い思いをしました。
ダブルスではショートサーブが入らず、ペアの子にはずっと迷惑をかけ続けています。
落ち込んで、自分の腕を見て、どうしてこんなにできないんだろう、と考えました。そのとき、ずっと考えないようにしていた『イップス』という言葉がふっと頭によぎりました。精神力は以前に比べてついたはずなのに・・・ここまで続くと、もしかしたら、と思い調べてみたところ、こちらにたどりついたという次第です。
イップスについてのこちらの説明を読ませていただいたところ、自分に当てはまることが多く、自分はイップスかもしれないという気がしてきました。もし本当にイップスなら納得のいくところが多々あります。
こうなった原因に心あたりのあることはたくさんあるのですが、それを心あたりとして見ることは、またしても悲観に思えてならないのですが、実際イップスなら、おそらく原因はそれなんだと思います。あまりそうは思いたくありませんが。なぜならそれは私の弱さが引き起こしたものですから。もし自分がイップスなら、もう自分ではどうしようも出来ない気がして不安でなりません。私はバトミントンを将来職にするほどの実力ではありません。
でも、どうしても今の状況を抜け出したいんです。せめて、自分がイップスなのかどうか専門の方に診ていただきたいです。そしてできることなら、話を聞いていただきたい。
しかし、両親にこの話をするには気が引けます。父は精神病センターで働く事務員ですが、こういう話をすると必ず怒るからです。
おまえはバトミントンで生きていくわけではないのだから、と言って、自分で出来ることをしなさいと言うでしょう。イップスだと思ったら、そうでなかったものまで、そうなってしまうよ。
大袈裟だよ、というのが父の考えだと思います。
仮にイップスだとして、おまえは診療所に通うのか、弱音を吐くなと怒られるに違いありません。
母は母で頼りなく、話す気にすらなれません。顧問の先生に話すにも、理解してもらえないと思います。私の学校はそれなりの進学校であるのに加え、強豪校でもありません。
なので、おそらくバトミントンのことで、ましてやこのような精神力的なアプローチをするほどクラブに力をかけていませんし、先生も先生で責任がありますから、極力大丈夫と言われると思います。もし先生が私に診療所受診を勧めたとしたら、先生が親に怒られるかもしれませんから。余計なことを言わないでくださいと言われるのを危惧されることと思います。仕方ありませんが。
診療所も近くでどこに行けばいいのかもわかりませんし、診てもらうお金も不安です。
お金をかけてまで、私の実力上、直す必要はないかもしれません。でも一度でいいから診てもらいたいんです。父にそう言うと、イップスじゃなくてもだいたいはイップスだと言って2回も通ってもらえるようにされるんだよ、と言われるに違いありません。
診療に携わる方にこんなことを申し上げて、本当にすみません。
そこで、学校のカウンセリングなどに行こうかとも思っています。でも専門ではないし、という不安があります。
どうすればいいか途方にくれています。
アドバイスをいただければ幸いです。

長文失礼しました。続きを読む

yips_blog at 20:57|PermalinkComments(11)clip!バドミントン 

捕手だったのですが、投手にボールが返せなくなりました(筋肉さん)

四月から高校3年になります。
最初にイップスになったのは1年の5月くらいで、捕手だったのですが、投手にボールが返せなくなりました。
あまりに酷かったので外野手に転向し、だいぶ落ち着きました。
しかし、去年の今頃、先輩とのトスバッティングで指先にボールが引っかかり、それからまた4ヶ月ほどイップスになりました。
先輩が引退し、新チームになり、投げれるようになりました。
もうイップスにはなりたくないと思いながらプレーしていましたが、最近気が付いたらイップスになっていました。
今までは治るきっかけのようなもの(コンバートなど)がありましたが、いまはきっかけを見つけ出すことができません。(何度も挑戦しました。)
最近の練習や試合でも症状がでてしまい、どうしたらよいかわかりません。
深く考え過ぎずプレーしようとしても心のどこかで悪いイメージがわいてしまい毎日が苦痛です。
家族や仲間に相談しましたが、一向に兆しが見えてきません。
正直野球がやりたくないです。高校野球ものこりあと4ヶ月と少ないですが治るものであるのであれば治して前みたいに楽しくプレーがしたいです。

続きを読む

yips_blog at 18:32|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!野球 

2009年08月12日

小学生のときのように楽しく野球がしたいです(ちっちさん)

中学三年野球部です。
小学の時は投手をしていて、そこそこ自信があったのですが、中学生になってある日のこと普通にキャッチボールしていたら手首に激しい痺れを感じていました。
その時はたまたまだろうと思い、きにせず投げていたら今では外野からホームの送球の時は投げられるのに、近い距離(5m未満でも)とかになると一瞬、腕が止まりボールがすっぽ抜けたり、目の前でワンバウンドになったりと酷い状態です。
それでネットで調べたところイップスの症状が当てはまるものが多かったので、イップスと確信しました。
治るのであれば高校から、小学生のときのように楽しく野球がしたいです。どのような練習をしたらいいと思いますか??続きを読む

yips_blog at 18:58|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!野球 

ボールの回転もおかしいといわれ回転を意識して投げてますが治る気配がありません(たけさん)

小学6年の時に肘が痛み出し中学1年の1月に肘の手術をしました。それまでショートだった守備位置も医師から無理しない方がいいと言われたのでセカンドにコンバートしました。それから2月頃には完全に復帰したんですが、塁間より狭い距離が全部ワンバウンドになってしまいます。かといって高めに投げようとすると腕が振れずに弱いボールになってしまいボールの回転もおかしいといわれ回転を意識して投げてますが治る気配がありません。本当に苦しいです。塁間以上、遠投は普通に投げれます。どうすればいいんですか?
続きを読む

yips_blog at 17:14|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!野球 

2009年07月09日

ポジションはピッチャーで左投げです(カズさん)

僕は今高校1年生です。ポジションはピッチャーで左投げです。

中学までは投げ方なんか全然機にしなかったんですけど高校に入学してバッティングピッチャーを務めるようになりちょっと投げ方を意識してしまい、また友達にも先生にも投げ方をいじられてしまい今では遠投はできるんですけど近い距離や投げる距離の力加減がわからず暴投がおおくなったり足を上げて投げると腕がスムーズに曲がらず肘がのびきった状態になってしまいます。

また先輩の目が気になってしまいどうも気になって意識してしまいます。

同級生にも「リラックス、リラックス」と言われてもなかなかならないもので、僕はどうやった元の投げ方に戻るのか教えてください。

続きを読む

yips_blog at 17:12|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!野球