2010年12月09日

毎日、イップス症状のケアの為、大塚テクニカルアドバイザーが活躍してくれています。

毎日、イップス症状のケアの為、大塚テクニカルアドバイザーが活躍してくれています。
毎日、心の病のクライアントとは別にイップス症状で全国から来所されている選手のトレーニングを大塚主任が向き合いながら行ってくれています。感謝です。
もともとパイレーツでもショートだったので内野の守備についてはアメリカ仕込のボールに対しての体の入れ方、目の使い方、足の運び等教えてくれます。
何より楽しくプレーすることが大塚主任の考え方に私も共感できるので、これからも期待しています。


yips_blog2 at 23:00│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔