スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービス

   周囲16kmの断崖に囲まれた、小さな島に暮らす300人の島民と100頭を超える野生イルカ。                                           秘境のように守られた伊豆諸島・御蔵島で、イルカ達とのシュノーケリングを楽しんでみませんか。

【2018年発表】東海汽船・御蔵島への就航率2017年版。とツアー空席状況

2018年シーズンのツアーご予約の受付開始時期・ツアー詳細情報につきましては、下記をご参照下さい。(ツアーの開催は4月〜10月を予定しております)

今年もイルカと巨樹の島・御蔵島で、皆様のご来島を心よりお待ちしております。

スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービス代表
高畑淳一


10年以上の日々をイルカ達と泳ぎ続けて来たインストラクターが、アナタに教える野生イルカと上手に泳げる方法で、イルカたちと寄り添い泳いでみませんか?

▼ドルフィンスイムツアー情報▼

スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービスHP
http://s-orange.d.dooo.jp


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【ご予約の受付開始時期について】

◉「ドルフィンスイム単品プラン」¥7,500(税込)
→4月分ご予約受付中です。
→5月分は3月1日よりご予約受付開始となります。


◉「自分で手配!格安パック・御蔵荘プラン」¥13,000(税込)
→4月分ご予約受付中です。
→5月分は3月1日よりご予約受付開始となります。


◉「自分で手配!格安パック・バンガロープラン」¥13,000(税込)
→4月分ご予約受付中です。
→5月分は3月1日よりご予約受付開始となります。


◉「フルパック・御蔵荘プラン」¥16,500(税込)
→4月分ご予約受付中です。
→5月分のツアー空席状況発表&ご予約受付開始は、3月前半を予定しております。


◉「フルパック・ゲストハウス三人海プラン」¥16,500(税込)
→4月分のツアー空席状況発表&ご予約受付開始は、3月前半を予定しております。
→5月分のツアー空席状況発表&ご予約受付開始は、4月前半を予定しております。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【ツアー空席状況】

ツアー空席状況は、ブログ記事の更新に関わらず随時更新しておりますが、常に最新のものとは限りません。予めご了承下さい。


◉「ドルフィンスイム単品プラン」¥7,500(税込)

【4月】

4月 1(日)〇
4月 2(月)〇
4月 3(火)〇
4月 4(水)〇
4月 5(木)〇
4月 6(金)〇
4月 7(土)〇
4月 8(日)〇
4月 9(月)〇
4月10(火)〇
4月11(水)〇
4月12(木)〇
4月13(金)〇
4月14(土)〇
4月15(日)〇
4月16(月)〇
4月17(火)〇
4月18(水)〇
4月19(木)〇
4月20(金)〇
4月21(土)〇
4月22(日)〇
4月23(月)〇
4月24(火)〇
4月25(水)〇
4月26(木)〇
4月27(金)〇
4月28(土)〇
4月29(日)×
4月30(月)〇


◉「自分で手配!格安パック・御蔵荘プラン」¥13,000(税込)

【4月】

4月 1(日)〇
4月 2(月)〇
4月 3(火)〇
4月 4(水)〇
4月 5(木)〇
4月 6(金)〇
4月 7(土)〇
4月 8(日)〇
4月 9(月)〇
4月10(火)〇
4月11(水)〇
4月12(木)〇
4月13(金)〇
4月14(土)〇
4月15(日)〇
4月16(月)〇
4月17(火)〇
4月18(水)〇
4月19(木)〇
4月20(金)〇
4月21(土)〇
4月22(日)〇
4月23(月)〇
4月24(火)〇
4月25(水)〇
4月26(木)〇
4月27(金)〇
4月28(土)〇
4月29(日)×
4月30(月)〇


◉「自分で手配!格安パック・バンガロープラン」¥13,000(税込)

【4月】

4月 1(日)〇
4月 2(月)〇
4月 3(火)〇
4月 4(水)〇
4月 5(木)〇
4月 6(金)〇
4月 7(土)〇
4月 8(日)〇
4月 9(月)〇
4月10(火)〇
4月11(水)〇
4月12(木)〇
4月13(金)〇
4月14(土)〇
4月15(日)〇
4月16(月)〇
4月17(火)〇
4月18(水)〇
4月19(木)〇
4月20(金)〇
4月21(土)〇
4月22(日)〇
4月23(月)〇
4月24(火)〇
4月25(水)〇
4月26(木)〇
4月27(金)〇
4月28(土)〇
4月29(日)×
4月30(月)〇


◉「フルパック・御蔵荘プラン」¥16,500(税込)

〇→当店にて確保している部屋に残席あり
△→ご予約リクエスト受付可能です

【4月】

4月 1(日)×
4月 2(月)×
4月 3(火)△
4月 4(水)△
4月 5(木)△
4月 6(金)△
4月 7(土)〇(残席4名様・女性のみ)
4月 8(日)×
4月 9(月)△
4月10(火)△
4月11(水)×
4月12(木)△
4月13(金)△
4月14(土)×
4月15(日)×
4月16(月)△
4月17(火)△
4月18(水)〇(残席3名様・女性のみ)
4月19(木)△
4月20(金)×
4月21(土)〇(残席2名様・女性のみ)
4月22(日)×
4月23(月)×
4月24(火)△
4月25(水)〇(残席4名様・女性のみ)
4月26(木)△
4月27(金)〇(残席4名様・女性のみ)
4月28(土)〇(残席2名様・女性のみ)
4月29(日)×
4月30(月)〇(残席4名様・女性のみ)


◉「フルパック・ゲストハウス三人海プラン」¥16,500(税込)

→4月分のツアー空席状況発表&ご予約受付開始は、3月前半を予定しております。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【2018年発表】東海汽船・御蔵島への就航率2017年版。

P8041081 のコピー

スペシャルオレンジブログ記事「ドルフィンスイムいつがオススメ?」


今年も御蔵島村役場から、2017年における東海汽船の御蔵島就航率が発表されました。



イルカと巨樹の島・御蔵島へのご旅行に際して、ゲストの皆様が最も気になる情報は、やはり東海汽船の御蔵島就航率だと思われます。

御蔵島は、その地形や場所柄的な状況から港湾設備が貧弱な為、海が荒れてしまうとゲストの皆様を乗せた東京からの東海汽船が欠航(着岸不可)してしまう事もある島です。



さて、昨年のデータは果たしてどうだったのでしょうか。



<2017年 東海汽船・月別就航率>

 1月 29.0% (前年29.0%)
 2月 26.8% (前年44.8%)
 3月 61.3% (前年64.5%)
 4月 78.3% (前年68.3%)
 5月 95.2% (前年77.4%)
 6月 83.3% (前年85.0%)
 7月 88.7% (前年95.2%)
 8月 87.1% (前年71.0%)
 9月 68.3% (前年83.3%)
10月 58.1% (前年69.4%)
11月 58.3% (前年61.7%)
12月 40.3% (前年43.5%)



ドルフィンスイムツアーの開催シーズン(4月〜11月)における就航率の平均は、79.85%。
過去3年間の平均と、ほぼ同じ数字になっています。

やはり毎年書かせて頂いている事ではありますが、あくまでこういった類のデータは毎年めまぐるしく変わる大自然を相手にしているシロモノですから、ご参考にして頂く際にもあくまで大雑把な情報として取り扱って頂けたらと思います。




天候が良い日もあれば、悪い日もあります。
それでも変わらない、島への就航率70%台(4月〜10月の平均)という現実。

御蔵島へのご旅行をされるお客様にとっては、やはり非常にリスキーな数字ではありますが。

「だからこその大自然。」

人間にとっては不都合な現実を、御蔵島の魅力と共に是非とも受け容れて頂き、イルカと巨樹の島へ遊びに来てもらえましたら幸いです。

一人でも多くのお客様に無事ご到着頂いて、素敵な思い出をご案内できたらと願っております。
2018年シーズンも皆様のご来島を、心よりお待ちしております。

ではでは、今回はこのへんで。






10年以上の日々をイルカ達と泳ぎ続けて来たインストラクターが、アナタに教える野生イルカと上手に泳げる方法で、イルカたちと寄り添い泳いでみませんか?

▼ドルフィンスイムツアー情報▼

スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービスHP
http://s-orange.d.dooo.jp


今年もよろしくお願い致します。

今年もよろしくお願い致します。

IMG_2642

スペシャルオレンジブログ記事「ドルフィンスイムいつがオススメ?」


御蔵島でも初日の出と共に、2018年が始まりました。

村のある場所からは朝日が見られないので、島の東側まで朝から多くの島民が繰り出します。



IMG_2762

年末には船への飾り付け。



DSCF3394 2

今年も皆様にとって、イルカ達にとって、素晴らしい一年になりますように。

今年も、どうぞよろしくお願い致します。






10年以上の日々をイルカ達と泳ぎ続けて来たインストラクターが、アナタに教える野生イルカと上手に泳げる方法で、イルカたちと寄り添い泳いでみませんか?

▼ドルフィンスイムツアー情報▼

スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービスHP
http://s-orange.d.dooo.jp


himawari。

himawari。

P5120059

スペシャルオレンジブログ記事「ドルフィンスイムいつがオススメ?」


2017年も、あと僅か。

年内最後のブログ更新にキーボードを弾きながら、一年周期で巡りゆく季節へと想いを馳せてみたりしていますが、皆様にとってどんな一年だったのでしょうか。



来シーズンも野生イルカ達との出会いと御蔵島でのご滞在を、より多くのゲストに楽しんで頂けますよう、更なるドルフィンスイムツアーの充実と共にバリエーション・価格帯の幅を広げて、皆様のご来島をお待ちしております。

2018年シーズンのツアーご予約の受付開始時期とツアー詳細情報につきましては、当ブログおよびスペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービスHP・各SNSにて、2018年1月中にご案内をさせて頂きます。



来シーズンも皆様のご来島を、心よりお待ちしております。



P8051034

イルカと泳ぐこと。

イルカが泳いでいること。



野生のイルカとの遭遇は、非日常的でスペクタクルな出来事だ。

それでも慣れというものはどんな状況・環境にでも着いて回るものらしく、日常の中、例に漏れずそのことに慣れてしまっている自分もいたりする。

それが職業上、必要とする範囲での慣れであり続けるよう、その感覚から発せられる声を敏感に聴き続けなくてはならない。

しかし結局のところ、自然界が見せつけてくる圧倒的な力を感じる度に、それ自体が杞憂であったのだと痛感することも多い。



IMG_2732


このところの御蔵島では、冬の南海を目指し大海原を渡るザトウクジラ達が観察されている。

先日も冬場にしては凪ぎた日に、午後の高台から海を眺めていた。

一向にクジラが姿を見せる気配の無いなか、昨年のドルフィンスイムツアー中に遭遇した、ある出来事を思い出していた。



その日、港を出発してほど近い海域にイルカの群れを発見し何回かの入水後、他船からの無線連絡でクジラが座礁していることを知る。

現場へ船を走らせると、苦しそうに自らの巨体を波打たせ、なんとか水面上での呼吸を確保しようとしている一頭のアカボウクジラがいた。

苦しそうに暴れ回ったからなのか出血していて、周囲は文字通り血の海だ。



残念ではあるけれど、彼もしくは彼女に残された時間は、その様子を見る限り幾許もないように見受けられた。

そして翌日の朝に同じ海域を通った時には、その身体は既に生き絶えていた。



26

そういう場面と対峙する度、僕はゲストに結論的な意見を伝える。

「これも自然だから仕方が無い。(可能だったとしても)手を出す方が間違っている。」

そう自分に言い聞かせる。

言い聞かせることに、慣れてしまっている。



もちろん座礁したクジラだけじゃなく、御蔵島付近で暮らすイルカだって生物である限り死亡するケースもあるし、出産後に間も無く死んでしまった子イルカを母親が運び続けるシーンにも、年間に何度か遭遇したりもする。

自然界での死もまた尊いものだと感じているし、ネイチャーガイドである以上はそういった現実や現象を、常日頃から冷静に客観的に自然科学的に消化したいとも感じている。

例えそういった死に至った要因に、間接的な人為的影響があったとしても、だ。



P6101062

でも、と心の何処かで立ち止まる自分がいる。

誰だって何だって、死にたかった訳じゃないはずだ。

仲間や家族がいたかもしれない。

大切だと想う誰かが居たのかもしれない。

永遠の別れが我が身に訪れてしまったことへの茫漠とした絶望は、彼もしくは彼女にとって如何程なものだったか。



辛かったよな。と、屍となったクジラの海域を後にしながら、何度も振り返る。

最後まで、生きたんだよな。

この世界で仕事をしている限り、僕はいつだって見送る側という立ち位置から逃げる事は出来ない。

だから慣れているよう、努めて自分自身に言い聞かせる。



P6230065

深く、青く、どこまでも透き通った海を泳いでいるだけで、とても心地よく、許されるならずっとここに居たいと願ってしまう。

けれど海は多様な生命を育むのと同じくらい、日常的に多くの生命を飲み込んでいく。

時として人間までも、その渦に引き込まれてしまうこともある。



海は深く、青く、どこまでも透き通っている。

そして僕は例えば心から願ったのだとしても、その全てを知ることは無いという事を納得している。

その漠然とした痛みに耐えることすら、時間と共に慣れていく事も。

夕焼けに染まり始めた海を眺めながらイヤホンから流れてくる唄に、ふと眼前の景色が重なる。



P5210086

「 透き通るほど真っ直ぐに

明日へ漕ぎ出す君をみて



PB022722

眩しくて 綺麗で 苦しくなる



P8101173

暗がりで咲いてるひまわり

嵐が去ったあとの陽だまり



P6250047

そんな君に僕は恋してた

そんな君を僕は ずっと 」



IMG_2725

ミスチル、相変わらずイイ唄うたうぜ。

なんて偉そうにつぶやきながらクジラなんて一頭も見れなかった虚しさを背に、日が暮れてしまった寒さの中を足早に車へと戻ったのでした。



今年も、沢山の方々に大変お世話になりました。

来年も、皆様にとって素晴らしい年になりますよう、遠い御蔵島から祈っています。

ではでは、今年はこのへんで。






10年以上の日々をイルカ達と泳ぎ続けて来たインストラクターが、アナタに教える野生イルカと上手に泳げる方法で、イルカたちと寄り添い泳いでみませんか?

▼ドルフィンスイムツアー情報▼

スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービスHP
http://s-orange.d.dooo.jp


Staff Profile



     高畑 淳一
  (たかはたじゅんいち)

  スペシャルオレンジ代表
  スペシャルオレンジ船主

  1977年6月17日生

・潜水士
・全日本潜水連盟インストラクター
・1級小型船舶免許


学生時代に鯨類と彼らの住むフィールドに魅了され、ダイビングの仕事に就いた久米島でザトウクジラやイルカの迫力を目の当たりに生活する。

その後、地元でもある南房総の海でのダイビングガイド勤務を経て、スペシャルオレンジを設立。南房総をフィールドとしたダイビングガイドサービスとして活動する傍ら、鴨川シーワールドのドルフィンダイビングプログラムを受託運営する。

御蔵島へ移店・移住してからは2018年を迎えて11年目。ドルフィンスイムボート船長やガイドとして、イルカ達と泳ぎ続けている。

「大自然がみせてくれる様々な瞬間を、ゲストの皆様と一緒に切り取っていけたらと思っています。」





Entrie's gallery
  • 【2018年発表】東海汽船・御蔵島への就航率2017年版。とツアー空席状況
  • 今年もよろしくお願い致します。
  • 今年もよろしくお願い致します。
  • 今年もよろしくお願い致します。
  • himawari。
  • himawari。
  • himawari。
  • himawari。
  • himawari。
御蔵島天気(八丈島地方)
  • ライブドアブログ