スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービス

   周囲16kmの断崖に囲まれた、小さな島に暮らす300人の島民と100頭を超える野生イルカ。                                           秘境のように守られた伊豆諸島・御蔵島で、イルカ達とのシュノーケリングを楽しんでみませんか。

2011年04月

イルカガイド

イルカガイド

photo1061





















先週の土曜日と日曜日はツアーの仕事は無かったのですが、島の船頭さんからガイドを依頼して頂いたのでドルフィンスイムへ行ってきました。

水温は21℃くらい。ウェットスーツを着用していれば、冷たくも無く温かくも無いくらいの水温です。海況はあまり良くは無かったものの、お客さんたちも元気に泳いでいました。

天気予報をみると、今週末も雨っぽい感じです。このところ週末だけ微妙な天気がやってくる気がしますが、ゴールデンウィークには快晴で凪ぎのコンディションになってくれることを祈るばかりです。

ではでは。


ありがとう。

ありがとう。

先週の土日は、その言葉を何度も伝えたくなるような、今年最初の「ドルフィンスイム宿泊パックツアー」な2日間でした。



余震や停電そして水問題などなど、まだまだ震災の影響が各地で続いるニュースが連日続いています。

御蔵島では幸いなことに全く影響がない生活を送ることが出来ていますが、それでも「果たして今年はどうなるかな、、、?」という観光シーズンへ向けた漠然とした不安のなか、今年最初のツアーを開催させて頂く事ができました。



そんな中でご到着日を迎えたのですが、なんとも前線の通過で客船の就航も危ぶまれる天候に。おぉ、どこまでも波乱、、、。汗
しかし、なんとか無事に朝船着岸してくれました。よかった。と、ホッと一安心。

下船をされてこちらへ向かう観光客の中から、お客様を探していると。額に光るマカロン。E美ちゃん満面の笑みでしたね。笑

シーズン初ゲストのSジーさん御一行の皆様は、ツアー中にお話をしていて分かったのですが、昨年に本ツアーにご参加いただいた飯Dさんのご紹介とのことでした(飯Dさん、ありがとうございます!)。そういった繋がりにも、感謝は尽きません。



photo1060





















天候も海況も芳しくなかったので、1日目に予定していたドルフィンスイムは翌日へ変更し。

午前中は「ドライブ&ハイキングツアー」で島を巡ったり湧き水飲んだり、午後は「シュノーケル教室」で明日のドルフィンスイムに備えたりと一緒に過ごさせていただきましたが、楽しんでもらえたかな。



photo1059





















480mの大断崖はいつ見ても迫力です。森の中も楽しかったな〜。

夕食後の「ナイトツアー」も、その後のA子ちゃん持参の東H神器トランプ座談会(笑)も、みんなの個性爆発で笑いっぱなしでしたね。Sジーさんのお母さん話も最高だったしな〜。



photo1057





















一夜明けて天気は快晴!海も凪ぎてきました。
いよいよイルカの海へ。

昨日の練習の成果も発揮されて、みんなたくさんのイルカ達と一緒に泳ぐことができましたね。練習のときの3倍はスピード出てました。笑

「イルカと目が合った〜!」「すごく近くで一緒に泳いだ〜!」「楽しい〜!」

みんなも、今回の旅の主役Gっさんも、船の上には笑顔があふれていて。
皆がイルカに会えてよかった。



photo1058































震災のあと、きっと日本中の皆が「自分にできること。」を考えていると思います。
影響のない場所で暮らす僕には、きっと自分の職業を全うすることが、それなのかなと。

そのむかし自分の今後に悩んでしまっていた頃、僕はこの島への旅で大きなきっかけをもらいました。あきらめずに頑張ることが出来ました。

関東でもまだまだ続く余震や停電の中で再び明日から頑張るみんなに、元気を持ち帰ってもらえていたのなら、ほんとうに嬉しいです。



でも、今年の観光への先行き不安のなかで、今シーズン初めてのツアーを開催させて頂けた僕自身も、逆にみんなから元気をもらってしまった気がします。

来てくださって、ありがとうございました。

お帰りの桟橋には、ザトウクジラまでお見送りに来てくれましたね。

また会える日まで。



photo1056





















ありがとう、ギニュー特戦隊。 笑


いるかシーズンのはじまり

photo1052































いつものように。



今回の大震災、まだまだ被災地での大変な状況をニュースでうかがい知る毎日です。

御蔵島は幸いにも震災の影響を受けることは無く、日々の生活も変わることはありませんでした。
電力も島単独で所有している火力発電所があったりと、計画停電もなく燃料関係も滞りなく利用することが出来ています。



被災された友人・知人も、電話口やメールではありますが元気に、そして元の生活に戻ろうと、努めて普段の生活をされていることを知りました。

気持ちの上でも、精一杯いつものように。いつものように暮らそう。

そんな意気込みのなか今期はじめて入れたエビ網は、サメばかりだったけれど。(網がズタズタですけれどー、、、泣)



photo1054





















そして、今週末にはスペシャルオレンジでは今シーズン初の宿泊ツアーのお客様がご来島されます。

島には渡り鳥のオオミズナギドリも帰ってきています。先日ふと夜に車を走らせ観察しに行ってみると、空を埋め尽くすほどの大乱舞でした。

今年もぼちぼちですが、いるかシーズンのはじまりです。


Staff Profile



     高畑 淳一
  (たかはたじゅんいち)

  スペシャルオレンジ代表
  スペシャルオレンジ船主

  1977年6月17日生

・潜水士
・全日本潜水連盟インストラクター
・1級小型船舶免許


学生時代に鯨類と彼らの住むフィールドに魅了され、ダイビングの仕事に就いた久米島でザトウクジラやイルカの迫力を目の当たりに生活する。

その後、地元でもある南房総の海でのダイビングガイド勤務を経て、スペシャルオレンジを設立。南房総をフィールドとしたダイビングガイドサービスとして活動する傍ら、鴨川シーワールドのドルフィンダイビングプログラムを受託運営する。

御蔵島へ移店・移住してからは2018年を迎えて11年目。ドルフィンスイムボート船長やガイドとして、イルカ達と泳ぎ続けている。

「大自然がみせてくれる様々な瞬間を、ゲストの皆様と一緒に切り取っていけたらと思っています。」





Entrie's gallery
  • レクチャーでしっかり準備!とツアー空席状況
  • レクチャーでしっかり準備!とツアー空席状況
  • レクチャーでしっかり準備!とツアー空席状況
  • レクチャーでしっかり準備!とツアー空席状況
  • 力を抜いていけば良い!
  • 力を抜いていけば良い!
  • 力を抜いていけば良い!
  • 力を抜いていけば良い!
  • 週末の御蔵島。
御蔵島天気(八丈島地方)
  • ライブドアブログ