スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービス

   周囲16kmの断崖に囲まれた、小さな島に暮らす300人の島民と100頭を超える野生イルカ。                                           秘境のように守られた伊豆諸島・御蔵島で、イルカ達とのシュノーケリングを楽しんでみませんか。

2011年06月

クロシオ

クロシオ


photo1098



















あんなスゴいG1レース見たこと無い。



クロフネ。いい馬だったな。







どぅーん!



そうですねクロシオですねボケネタはいりません。



やっと来ました世界最大の暖流、黒潮。

こいつが来ますと海の中は青く透きとおり、魚たちも活性を上げてこの世の春を謳歌します。



photo1096





















上がった水温(現在25℃くらい)にタカベやアジも踊りだし



photo1094





















梅雨の束の間の晴れには、明るい海中世界で気持ちいいです。



先週末から週明けにかけても、ドルフィンスイム宿泊パックツアーをはじめとする各アクティビティへ、たくさんのお客様がご参加くださいました。本当にありがとうございました。

お約束の写真、近日中にお送りいたしますので、もう少々お待ちいただけたらと思います。楽しみにしていてくださいね。



photo1093





















雨が多い梅雨の季節。

海は黒潮で透きとおった場所、島から滝となって流れ出た水で濁った場所、荒れた場所、穏かな場所と、様々な自然の様子を観察することが出来ます。



photo1090





















今年生まれた赤ちゃんイルカも、元気に泳いでいます。無事に育ってくれると良いですね。



photo1097























photo1095























photo1091























photo1092





















島の南東、南郷の谷にはガクアジサイが満開で、それはそれは見事です。

もうすぐやってくる真夏。
今はもうしばらく、梅雨ならではの自然の魅力を味わっていきたいと思います。


もうすぐ夏。と、イルカ。と、今週末お休みのお知らせ。

もうすぐ夏。と、イルカ。と、今週末お休みのお知らせ。


先日、仕事で村の人たちと一緒に山奥へシマテンナンショウ(島呼称:ヘンゴ)を採取しに行った帰り道。

採取したのは土中のイモ。それを選別する為とあるハウスへ立ち寄ると、そこに居たのは泥だらけになったオオミズナギドリ。

すでにハエが群がっていて弱っていましたが、まだヒューヒューと力なく鳴いています。
昼間は島に居ないハズのこの鳥。いったいどうしたのだろうと思いながらも、作業のため一瞬目を離したそのとき、オオミズナギドリが空へ舞い上がりました。

ん?いや、舞い上がったのはカラスでした。
オオミズナギドリはカラスの口ばしにくわえられ、おそらくは今しばらくでその鳥生を終えるのでしょう。

自然界の中で、安易に「かわいそう」などという発想を持つことは、一方的な矛盾とエゴ以外の何物でもないことは理解しているつもりですが、、、かわいそうでした。

山仕事をしていると、日差しと暑さで汗だくになる日が増えてきました。洗濯も大変です。

もうすぐ、夏です。



photo1085





















さて先週末。
ここへ来て観光シーズン突入の感があります。

ナイトツアードライブ&ハイキングツアードルフィンスイム宿泊パックツアー、と、週末近くになると各アクティビティへご参加くださいますお客様が増えてきました。

ご参加くださいました皆様、楽しい時間をありがとうございました。
また御蔵島へお越しの際には是非ご利用ください。お待ちしておりますね。



photo1087




























土曜日、日曜日と、ドルフィンスイム宿泊パックツアーへご参加くださいました、上Dさん前Dさんと一緒にイルカと泳いできました。

黒潮が離れ気味で、海水温がやや低めなことに加えて海中にはサマースノー。
それでもイルカたちの機嫌がとても良かったのか、かなり長い時間を遊んでくれたりしました。ありがとう。



photo1086





















いっときはイルカの大きな群れにボートが囲まれて(というかたまたまボートがそこにいて)、アチコチでイルカ達がジャンプやらスパイホップやらテールスラップやらを繰り返したりと、船上ウォッチングも楽しめましたね。

「イルカにハマりそう〜!」といった感じのお二人をみて、僕も嬉しかったです。



photo1088



























「イルカにハマりそう〜っていうかハマってね?おれハマってんじゃね?」


これから活発な繁殖期に入るのか、若いオス達の絡み合いも激しく観察できました。
船長曰く、”イルカの秘め事”の図です。笑



photo1089





















港までの帰り道も、たくさんのイルカを観察することが出来ましたね。
楽しい2日間をありがとうございました!



さて、今週末は久々に出島します。

ご予約・お問い合わせメールへの返信は、帰島する月曜日(6/13)以降になります。
出島中は、電話対応はお休みとさせて頂きます。ご迷惑をお掛けしてしまいますが、どうぞよろしくお願い致します。


Staff Profile



     高畑 淳一
  (たかはたじゅんいち)

  スペシャルオレンジ代表
  スペシャルオレンジ船主

  1977年6月17日生

・潜水士
・全日本潜水連盟インストラクター
・1級小型船舶免許


学生時代に鯨類と彼らの住むフィールドに魅了され、ダイビングの仕事に就いた久米島でザトウクジラやイルカの迫力を目の当たりに生活する。

その後、地元でもある南房総の海でのダイビングガイド勤務を経て、スペシャルオレンジを設立。南房総をフィールドとしたダイビングガイドサービスとして活動する傍ら、鴨川シーワールドのドルフィンダイビングプログラムを受託運営する。

御蔵島へ移店・移住してからは2018年を迎えて11年目。ドルフィンスイムボート船長やガイドとして、イルカ達と泳ぎ続けている。

「大自然がみせてくれる様々な瞬間を、ゲストの皆様と一緒に切り取っていけたらと思っています。」





Entrie's gallery
  • イルカ達、お戻りになられました。とツアー空席状況
  • イルカ達、お戻りになられました。とツアー空席状況
  • イルカ達、お戻りになられました。とツアー空席状況
  • イルカ達、お戻りになられました。とツアー空席状況
  • 朝の客船が欠航!
  • 朝の客船が欠航!
  • 朝の客船が欠航!
  • 今日もまた24時間の御蔵島。
  • 今日もまた24時間の御蔵島。
御蔵島天気(八丈島地方)
  • ライブドアブログ