スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービス

   周囲16kmの断崖に囲まれた、小さな島に暮らす300人の島民と100頭を超える野生イルカ。                                           秘境のように守られた伊豆諸島・御蔵島で、イルカ達とのシュノーケリングを楽しんでみませんか。

2012年01月

広報みくら と facebook

広報みくら と facebook



photo1219





















日本中を寒波が襲う最近ですが、このブログを開いてくださっている皆様はお変わりありませんでしょうか?



毎年この季節になると、インフルエンザやらノロウィルスやらが流行りだすという大変なニュースを連日のように耳にしますが、ここ御蔵島での季節の風物詩?といえば「ニシ」です。

上写真のように連日の西風強風。海は時化てしまい、客船や貨物船もなかなか着きません。

先日は、内地から帰るときに送った食材が1週間ほど海上を行き来し(ぎりぎりセーフでしたー)、現在もネットで頼んだ生活用品が数日間ほど海の上です。きびしい季節ですね。



photo1221




























いったい御蔵島への客船は、どれくらいの割合で欠航するの??
といったご質問をよく頂きます。

先日、島の村役場が発行している「広報みくら1月号」に、昨年1年間の月別就航率が掲載されていました。

ちなみに広報みくらは、御蔵島村役場のサイトからも閲覧することが可能です。
(1/26現在、まだ12月号までしかリンクされていません)



<2011年 東海汽船・月別就航率>

 1月 22.58% (前年 35.48%)
 2月 57.14% (前年 39.29%)
 3月 54.84% (前年 35.48%)
 4月 76.67% (前年 70.00%)
 5月 74.19% (前年 74.19%)
 6月 73.33% (前年 83.33%)
 7月 80.65% (前年 87.10%)
 8月 77.42% (前年 100.0%)
 9月 63.33% (前年 86.67%)
10月 80.65% (前年 74.19%)
11月 73.33% (前年 70.00%)
12月 32.26% (前年 41.94%)

*上下(朝または昼)便のうち、片方の便が欠航した場合も就航扱いとして算出されています。



という感じです。

2011年に関していうと9月を除けば、4月〜11月までは大きく変わらない就航率のようにも見受けられます。
その前年の2010年は台風が非常に少なかった年でしたので、全体的な就航率も高いですね。

御蔵島への旅は、どうしても天候に大きく左右されてしまいますが、ともすれば人にとっては非常に厳しい環境によって、豊かな大自然が守られているのかもしれません。



photo1220





















そしてこの季節は、一年で最も空気が乾燥する季節でもありますね。

全国各地で「火の〜よ〜じん〜カチカチっ」という声が、夜な夜な聞こえる地域もまだ沢山あると思いますが、ここ御蔵島村でも消防団による夜警の季節です。

僕も島の消防団に所属させてもらっているので、当番の夜にはカチカチと村を巡回します。

夜の島は内地の街に比べると真っ暗ですが、こうして眺めてみると、とてもキレイです。



photo1222





















年末のブログでお知らせさせて頂いておりましたが、スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービスの facebookページ を本日、はじめさせて頂きました。



facebookページ は、いろいろとカスタマイズしたページを増やせるということで、時間をみつけては頑張ってみましたが、僕の乏しい知識では目標を達成することが出来ませんでしたねガビーン。

ということで、facebookの利用方法もちゃんと解らぬままの怪しいスタートとなってしまいましたが、今後じぶん的にそれぞれの運用方法がつかめてきましたら、皆様のお役に立てるページになれるよう充実させていきたいと思っています。



こういったSNSは、御蔵島へお越し頂いているお客様をはじめ、これから御蔵島へのご旅行をご検討されているお客様への、情報提供やお客様との情報交換の場、そしてお客様同士の交流のきっかけ、等々として利用して頂けたらと思っています。

いいね!ボタンを押すと何が起きるのかイマイチ分からずに、未だに恐ろしくて押せない今日この頃です。

ではでは。


潜水

photo1218
















先日、はやくも新年の初潜りとなりました。

といってもドルフィンスイムでは無くて、御蔵島港内に停泊している船のアンカー(いかり)設置作業のお手伝いです。



御蔵島では、ドルフィンスイムを行う際には空気タンク等を使用したスキューバダイビングを禁止しています。ですが、こういった作業時にはスキューバで潜ることができるわけですね。

昨年の11月にも作業で潜ったのですが、毎回久々の潜水でタンクが重っ、、、。
数年前まで10年以上ダイビングの仕事をしていましたが島へ移住して早5年目、もうスッカリ体はシュノーケラーとなっているようです。


潜った2日間とも、水温は黒潮の恩恵もあり20℃程ありましたが、さすがに数時間入っていると寒かったです。
建設業者による港内作業が終わるまで、あと数回は潜ることになりそうです。頑張るぞー。



外海が時化だったせいか、港内には色んな生物が群れていました。
アオリイカ、ダツ、ムロアジ、群れてはいませんが子供のウミガメなどなど。次回はデジカメ持って入ってみようかな??

寒い季節が続きますが、皆様も風邪などにはご注意されてお過ごし下さいね。
ではでは。


2012年!

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
本年も相変わらず、よろしくお願いいたします。

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。



photo1217





















「前を向いて」



がんばろう、日本。

2012年1月1日

スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービス
代表 高畑淳一


Staff Profile



     高畑 淳一
  (たかはたじゅんいち)

  スペシャルオレンジ代表
  スペシャルオレンジ船主

  1977年6月17日生

・潜水士
・全日本潜水連盟インストラクター
・1級小型船舶免許


学生時代に鯨類と彼らの住むフィールドに魅了され、ダイビングの仕事に就いた久米島でザトウクジラやイルカの迫力を目の当たりに生活する。

その後、地元でもある南房総の海でのダイビングガイド勤務を経て、スペシャルオレンジを設立。南房総をフィールドとしたダイビングガイドサービスとして活動する傍ら、鴨川シーワールドのドルフィンダイビングプログラムを受託運営する。

御蔵島へ移店・移住してからは2018年を迎えて11年目。ドルフィンスイムボート船長やガイドとして、イルカ達と泳ぎ続けている。

「大自然がみせてくれる様々な瞬間を、ゲストの皆様と一緒に切り取っていけたらと思っています。」





Entrie's gallery
  • お客様交替&後産!?とツアー空席状況
  • お客様交替&後産!?とツアー空席状況
  • お客様交替&後産!?とツアー空席状況
  • 波酔いに耐えつつ。
  • 波酔いに耐えつつ。
  • タコと干からび船長。
  • タコと干からび船長。
  • タコと干からび船長。
  • タコと干からび船長。
御蔵島天気(八丈島地方)
  • ライブドアブログ