スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービス

   周囲16kmの断崖に囲まれた、小さな島に暮らす300人の島民と100頭を超える野生イルカ。                                           秘境のように守られた伊豆諸島・御蔵島で、イルカ達とのシュノーケリングを楽しんでみませんか。

2013年04月

イルカツアーはじまりました!

イルカツアーはじまりました!


photo1502

当店開催のドルフィンスイム宿泊パックツアー">ドルフィンスイム宿泊パックツアーが、今シーズンもいよいよ始まりました。

海のコンディションは、世界最大の暖流「黒潮」が御蔵島を直撃しており、透明度も水温も高く、幸先の良いツアースタートが迎えられたんじゃないかと思います。



photo1508

船長さん、島のガイド仲間、宿の方々、そしてご参加のお客様に支えられながらの当店のツアーですが、御蔵の自然やイルカ達にも感謝の気持ちを忘れずに、今年も安全第一でツアーを催行していこうと思っています。



photo1510

今シーズン最初のお客様ご到着の朝。

先週末の天候が大荒れだったので心配でしたが、無事に客船は就航してくれました。

昨年の秋に、台風の影響で残念ながらツアー中止になってしまった方々だったので、予定通りのご到着に一安心でした。



photo1503

海の中ではイルカ達が様々な行動で楽しませてくれます。

やっぱり夏前のイルカ達はフレンドリーで良い感じです(笑)。



photo1500

あっちを見たり



photo1501

こっちを見たり。



photo1504

大きな群れを形成してゆっくりと泳いでく様子は、いつ見ても美しいです。



photo1505

この子はコバンザメの跡が痛々しい。。。

よく見ると、お腹にまだ2匹くっついています。



photo1507

言葉が通じないもどかしさ??

なんだか首を傾げながら色々と話しかけてくれていましたが、僕にはわかりません。

いつの日か、そんな夢が叶うと良いなぁ。



photo1506

そして!本日のトピックス。

なんと生まれたばかりの赤ちゃんイルカを2頭も確認しました。

母子共に無事で、元気に育ってくれることを願うばかりです。



photo1509

今シーズン最初のツアーにご参加くださいました、お母様のN子さまとお嬢様のHなさま、1年越しのご来島、平日のゆったりとした御蔵時間を楽しんで頂けていましたら嬉しいです。

たくさんのイルカ達と泳いだ時間、海でのシュノーケル教室、夜の山岳地帯で月明かりの世界、僕も素敵な時間をご一緒させて頂いて、とても楽しかったです。

また御蔵島に遊びに来て頂けたら嬉しいです。

心よりお待ちしておりますね。



photo1511

そして今日の午後は、毎年恒例の水難救助訓練が行われました。

今週末から始まるゴールデンウィークを前にした、基礎的な訓練ではありますが、こういった訓練は継続的に繰り返すことでのみ、その目的を達成することが出来るのだと思います。今回も、とても有意義な訓練でした。

既に始まった今シーズンも、ご来島いただくゲストの皆様と、安全で楽しいツアーを開催できることを目標に、日々を励んで行こうと思います。



ではでは、今回はこのへんで。


宮参り。

宮参り。


photo1499

なんだかよくわからない写真。

じつはこの状況、以前に撮影しました、

「イルカが遊んでいたタコを拾ったので持って帰ろうとしたらピャーピャー文句言いながらタコを取り返そうとしているイルカ。」

という普段はあまり遭遇することのない珍しい(?)出来事だったりします。

この次の瞬間、このイルカは僕が掴んでいるタコに口先でかじり付いて来たので、さすがに危険だと判断してすぐさまタコを返してあげました。



とかくカワイイ動物だとイメージが先行しがちなイルカ達ですが、彼らも立派な野生動物。

どんなに荒れた大時化の海の中でも、平然と生き抜く強さを持っています。

ゴールデンウィークを目前に控え、いよいよ本格的に始まる御蔵島のドルフィンスイムシーズンですが、様々な海難事故同様、「イルカと人との事故」も避けたいものです。

今シーズン御蔵島にご来島される沢山の観光客の皆様も、どうか船長やガイドの行動や言葉を注意深く見聞きして、安全で楽しい思い出をお持ち帰りいただけたらと思います。



photo1494

昨日は、東日本大震災復興支援を目的とした「あしたバザー」が島の開発総合センターで行われ、僕ら夫婦も微力ではありますが運営のお手伝いをさせて頂きました。

会場にはたくさんの島民が来場し、楽しい時間を過ごしてもらえたようでした。



photo1497

今日は予報に反して朝から良い天気。
かと思いきや、お昼前にはスコールがありました。

スコールが抜けると海上には積乱雲が。
少しずつ、春も終わりに向かっているのでしょうか。



photo1495

今年度はバタバタしていて遅ればせながらの新年度の宮参り。

途中雨に降られながらの山歩きでしたが、なんとか参拝も無事終了しました。



photo1496

僕の宮参りは、毎年島にある三箇所の神社に参拝しています。

西の山奥にある神社に参拝を済ませたら、車で山を越え谷を越え、島の東側へと向かいます。



photo1498

今シーズンも、事故無く怪我も無いよう、安全第一でツアーを運営していこうと思っております。

そしてとりあえず今夜は、久々の山歩きでバキバキになった体をしっかり休めようと思います。苦笑



ではでは、今回はこのへんで。


爆弾。

爆弾。


photo1488

爆弾低気圧です。

今日は全国的に大荒れの模様で、ここ御蔵島でも、東京からの客船が着くはずの桟橋が見えなくなってしまう程です。

このところは凪が続いていたので、こんな冬のような大時化は久々です。

突風が吹いたりもしているので、内地にお住まいの皆様も、くれぐれもお気をつけてお過ごしください。



photo1490

昨日のことですが、車で小中学校の前を走っていたら、校庭の階段から誰かが降りて来ました。

ペ・・・ペンギン?!



photo1489

でも車を停めてよ〜く見ると、ペンギンではありません。

撮影した画像を観光協会へ持って行ったところ、「ゴイサギだよ。」と教えてくれました。

図鑑では夜行性との記述もあるようですが、こんな昼間にどうしたのかな??



photo1491

春の嵐に見舞われている御蔵島ですが、ここ数日は凪ぎていた為、カツオが揚がっていました。

島中カツオ祭りです。

我が家もお裾分けして頂いたカツオを、タタキにしたりして二人で美味しくいただきました。

新鮮なカツオは本当に美味いです。ご馳走様でした。



photo1492

明後日くらいまでは時化が続きそうな予報ですが、子イルカ達はこんな大波の中、どんな気分で暮らしているのかな〜と、いつもながら気になって仕方がありません。

僕ら人間だったら確実に命を落とすであろう圧倒的な海況の中でも、たくましく生きることの出来る彼ら野生動物の強さ。

もうすぐ当店でもドルフィンスイム宿泊パックツアーが始まります。彼らに会えるのも、あともう少しです。



ではでは、今回はこのへんで。


4月の黒潮。

4月の黒潮。


photo1487

4月です。

いよいよ、当店でも今月後半からドルフィンスイムツアーがスタートします。
お客様がご来島される日程の、海と天気のコンディションが良いことを願うばかりです。

写真は以前に撮影した、船の舳先(へさき⇒船の先端部ですね)に出来る水流(船首波)に乗って泳ぐイルカです。

覗き込んでカメラを構えるこちらを、水中から覗いていますね(笑)。
目が合うと、ちょっと幸せを感じる瞬間です。



photo1486

現在、世界最大の暖流「黒潮」が御蔵島近海に流れています(離れたり近付いたりします)。

海では透明度も水温も高いコンディションとなることが多い黒潮ですが、断崖絶壁に囲まれた御蔵島の山では、黒潮の暖かく湿った空気が一気に冷やされて、写真のような雲になります。

シーズンオフには山で仕事をしている自分ですが、霧深い山の中での作業はちょっと不安にもなりますね。

でも、御蔵島の水が豊富で緑が豊かな理由の一因がこの雲なのですから、恵みの雲でもある訳です。



photo1485

先日、山での仕事を終えて車へ戻ると、運転席に一輪の花が。

どなたかは分からず終いでしたが、なんだか気持ちが暖かくなりました。
ありがとう。



ではでは、今回はこのへんで。


Staff Profile



     高畑 淳一
  (たかはたじゅんいち)

  スペシャルオレンジ代表
  スペシャルオレンジ船主

  1977年6月17日生

・潜水士
・全日本潜水連盟インストラクター
・1級小型船舶免許


学生時代に鯨類と彼らの住むフィールドに魅了され、ダイビングの仕事に就いた久米島でザトウクジラやイルカの迫力を目の当たりに生活する。

その後、地元でもある南房総の海でのダイビングガイド勤務を経て、スペシャルオレンジを設立。南房総をフィールドとしたダイビングガイドサービスとして活動する傍ら、鴨川シーワールドのドルフィンダイビングプログラムを受託運営する。

御蔵島へ移店・移住してからは2018年を迎えて11年目。ドルフィンスイムボート船長やガイドとして、イルカ達と泳ぎ続けている。

「大自然がみせてくれる様々な瞬間を、ゲストの皆様と一緒に切り取っていけたらと思っています。」





Entrie's gallery
  • イルカ達、お戻りになられました。とツアー空席状況
  • イルカ達、お戻りになられました。とツアー空席状況
  • イルカ達、お戻りになられました。とツアー空席状況
  • イルカ達、お戻りになられました。とツアー空席状況
  • 朝の客船が欠航!
  • 朝の客船が欠航!
  • 朝の客船が欠航!
  • 今日もまた24時間の御蔵島。
  • 今日もまた24時間の御蔵島。
御蔵島天気(八丈島地方)
  • ライブドアブログ