スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービス

   周囲16kmの断崖に囲まれた、小さな島に暮らす300人の島民と100頭を超える野生イルカ。                                           秘境のように守られた伊豆諸島・御蔵島で、イルカ達とのシュノーケリングを楽しんでみませんか。

2015年08月

スタッフ育子の御蔵島つれづれ。

スタッフ育子の御蔵島つれづれ。
IMG_0511

スペシャルオレンジブログ記事「ドルフィンスイムいつがオススメ?」

8月31日(月)

8:00過ぎに出港したオレンジ号、今日も西回り、初めは昨日の場所より少し先の滝前で、その後は太田浦で入水。

昨日にも増して、今日は入水する度にもっともっと大群。



昨日ご到着のN様・Y様は「今日は団体さん(イルカが)や!」と。

本日ご到着のA様は、今日が一回目のドルフィンスイム、いきなり入水して2回とも大群。

船に上がってきて「すごーい!すごいです!」笑顔でフィンを脱ぐA様。

あれあれ?またすぐに入水するかもしれないのにどうして?A様に理由を尋ねると

「あ!そうですよね!!」大満足で思わず脱いでしまったようです(笑)

夫も「嬉しいけど、一応まだ終わってないんだよね〜(笑)」



IMG_0422

いやぁ!!N様・Y様・A様、もってる〜!!

N様・Y様は今日がお帰り。

「夢叶ったんやな〜(イルカと泳ぐ)」「イルカの目、絵で見るようなまんまるやないんやな」「昨日家族にイルカの写真を見せても、すごいな〜、よかったな〜で終わっちゃって、もうこの感動を伝える言葉が見つからんと思って」

お二人の軽快で、まっすぐで、いろいろ感じとってくださっていることがわかるコメントの数々が嬉しかった二日間。

またのご来島心よりお待ちしております。お帰りもお気をつけて♫






10年以上の日々を、イルカ達と泳ぎ続けて来たインストラクターが教えるイルカと上手に泳ぐ方法で、アナタも野生イルカたちと寄り添い泳いでみませんか?

ツアー詳細情報はコチラ↓↓

スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービス
http://s-orange.d.dooo.jp


スタッフ育子の御蔵島つれづれ。

スタッフ育子の御蔵島つれづれ。

IMG_0505

スペシャルオレンジブログ記事「ドルフィンスイムいつがオススメ?」

8月30日(日)

本日ご到着のN様・Y様を乗せたオレンジ号、桟橋を出て即イルカ発見。

イルカの背びれが確認できた時、お客様が「おった!おった!」と、すごく喜んでくださって。

私も何故か「おった!」と密かにつられて言ってしまったけれど、誰も気がついて無かった(笑)

「遊ぶ気あります!」とばかりにイルカ達がわざわざ船の近くで浮上するも、入水するといなくなるというフェイントに一度はがっかりするも。



IMG_0504

その後も結局この場所からほぼ動かず、うろうろする30〜40頭。

休む間もなく立て続けに入水、イルカ達も段々と近くに来てくれるように。

大群の中に先日と同じく海藻にスリスリしているイルカ2頭、この後きっと浮上してこちらに来る!先日同じような場面があったので、とっさにそう思った。

スリスリを一通り終えると、クイッ!と上を向き、やっぱり来た来た〜!



N様・Y様、明日もよろしくお願いします!!






10年以上の日々を、イルカ達と泳ぎ続けて来たインストラクターが教えるイルカと上手に泳ぐ方法で、アナタも野生イルカたちと寄り添い泳いでみませんか?

ツアー詳細情報はコチラ↓↓

スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービス
http://s-orange.d.dooo.jp


スタッフ育子の御蔵島つれづれ。

スタッフ育子の御蔵島つれづれ。

IMG_0503

スペシャルオレンジブログ記事「ドルフィンスイムいつがオススメ?」

8月29日(土)

今日も島の西回りで出港、海は昨日よりだいぶ落ち着いていて、間も無くイルカの群れを発見。

昨日はこの半周に何故か一頭も姿を見せず、イルカのイの字も無い状況。



一日違うだけなのに、イルカとしては何か事情があるのか、無いのか、それすらもわからない。

元根と呼ばれる大きな岩山(島の半周の目安)を越えると浅瀬がまだ大うねり、そこにはマエカケの群れが。

同じエリアでうろうろ、最後は元根をかわし、凪のエリアへ移動してくれた良い子なマエカケ。

今日は、たくさんのイルカ達に出会うことが出来ました。

写真のスイマーは愛知県からお越し下さいました I さま。



IMG_0419

昨夜「お昼寝しても夜も眠れた!」とのことI様。

枕元の明かりをしぼると足元の明かりがついたり?

それを消そうスイッチオフ!と思ったら部屋全体の明かりがついたり?

電気の配線?何かが起こってなかなか消灯できず事件・コントのような夜を過ごした、毎年ご来島下さっているリピーターのO様、Y様。




ふくまるさんのジェラートを食べたら、お帰りの船でゆっくり休んでくださいね♫

みなさんと過ごさせていただいた2日間、私たちもとっても楽しかったです。

またのご来島、心よりお待ちしておりますね。






10年以上の日々を、イルカ達と泳ぎ続けて来たインストラクターが教えるイルカと上手に泳ぐ方法で、アナタも野生イルカたちと寄り添い泳いでみませんか?

ツアー詳細情報はコチラ↓↓

スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービス
http://s-orange.d.dooo.jp


スタッフ育子の御蔵島つれづれ。

スタッフ育子の御蔵島つれづれ。

IMG_0418

スペシャルオレンジブログ記事「ドルフィンスイムいつがオススメ?」

8月28日(金)

波浪注意報の発令により、御蔵島自主ルールで今日は穏やかな島の西回り半周海域でのドルフィンスイム。



それでも、行くことの出来る島半周の大部分は穏やかな凪。あとはイルカさえいれば!といった海況。
しかし、何故かイルカの背びれの一つも見えない。

イルカ一頭も見えない。

周りの船も探しているけれど、入水している様子が無い。
どこに行っちゃったんだろう・・・途方に暮れました。

船長の夫も「いねぇ〜なぁ〜、、、120頭が全部島の反対側にいってるなぁ。。。」と必死に探します。



結局、最後までイルカに会えず、もしくは会えたけれども入水は一回、今日行ける海域の中では最も大波のエリアで何とか、船によってイルカに会えたお客様も会えなかったお客様もいて。

いずれにせよ人間にとって都合の良い海域にはイルカが全く見つからずハードなスイムとなりました。



一昨日、そして昨日、漁船でのご来島、今日のドルフィンスイムに賭けていたお客様のことを思うと
どうにかしたかった。

最善は尽くしたけれど、でも自然を前にして、やっぱり無力な私達です。
N様、A様、N様、I様、様、H様、様ご来島、本当にありがとうございました。

どうかこれに懲りずに、リベンジして下さったら幸いです。
またのご来島を、心よりお待ちしております!!






10年以上の日々を、イルカ達と泳ぎ続けて来たインストラクターが教えるイルカと上手に泳ぐ方法で、アナタも野生イルカたちと寄り添い泳いでみませんか?

ツアー詳細情報はコチラ↓↓

スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービス
http://s-orange.d.dooo.jp


あおぞら美容室。

あおぞら美容室。

IMG_0411

スペシャルオレンジブログ記事「ドルフィンスイムいつがオススメ?」


8月26(水)
本日も、台風の影響でツアー開催は中止。

だったのですが、ご参加予定のリピーターN様から事前のご連絡があり、海へ行けなくても泊まるだけでも良いから御蔵島へ行っても良いでしょうか?
ということで、隣の三宅島からのヘリコプター等のアクセスをご準備された上で、ご来島頂くことになりました。

高波のためドルフィンスイムは開催できない状況の中、一緒に山岳地帯へドライブへ行きつつ、美容師であるN様が海の見える高台で、なんと僕ら夫婦のヘアカットをして下さいました。



IMG_0416

実は、去る3月に所用で東京へ出かけた折、N様の経営されている美容室で夫婦共々お世話になったのですが、僕らにとってはその時以来の美容室。

自然に対して常に謙虚な姿勢で、それでいて懐深く受け入れて下さるN様の技術に、とても心地の良い時間を過ごさせて頂いてしまいました。



IMG_0001

そんな御蔵島大好きな彼が経営している美容室、その名も「ドルフィン」。
(写真は3月にお世話になった時のもの)

都内有名サロンで24年間の勤務を経て、ことし2015年の1月にオープンした新しいお店です。



IMG_0007

美容室ではスタイリストさんとのお話も楽しいモノ。

都内に居ながらにして、御蔵島やドルフィンスイムの話題で素敵な時間を過ごせると思います。
(御蔵島関連の書籍も置いてありました)



IMG_0019

さて、頼まれてもいないのに宣伝感バリバリな今回のブログでしたが(笑)

ご興味のある方は、ぜひチェックしてみて下さい。

公式サイト「美容室ドルフィン http://hair-dolphin0924.com

TEL:03-3868-0924
住所:東京都文京区小石川1-21-12 1F
三田線春日駅A5出口を直進 出口から信号3つ目の先 B−ぐるバス停留所番号近く(イルカが目印です・徒歩5分)
営業時間:10:00〜20:00
定休日:毎週火曜日(不定休有り)



ではでは、今回はこのへんで。






10年以上の日々を、イルカ達と泳ぎ続けて来たインストラクターが教えるイルカと上手に泳ぐ方法で、アナタも野生イルカたちと寄り添い泳いでみませんか?

ツアー詳細情報はコチラ↓↓

スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービス
http://s-orange.d.dooo.jp


スタッフ育子の御蔵島つれづれ。

スタッフ育子の御蔵島つれづれ。

IMG_0408

スペシャルオレンジブログ記事「ドルフィンスイムいつがオススメ?」

ついに台風の影響が客船にも出始め、昨日から御蔵島は全便欠航、ツアー開催も事前の中止決定となってしまいました。
そんな訳で台風前最後のツアーの様子のプレイバック編です。



8月20日(木)
本日ご到着のM様とT君は、午前中シュノーケル教室。
T君は「泳ぎが苦手です」と申告があったものの、全く問題ないどころか、シュノーケリングはむしろかなりお上手!

ゲストハウス三人海プランでご参加のお二人、午後は三人海丸の船長・三喜氏と奥様のガイド愛子ちゃんのエスコートで、たくさんのイルカ達に出会うことが出来ました!


   
P8200014

バンガロープラン2泊目のA様チーム、昨日はバンガローでパスタを自炊、消灯後1秒で爆睡だったとのこと。

今晩は島の居酒屋カンブリさんに事前予約済とのこと、楽しみですね♫



島に近い浅瀬は台風のうねりが昨日より巨大化、でしたがイルカはうまいこと沖の方へ。
たくさんのイルカ達と泳ぐことが出来ました。

潮が流れている方向へイルカも泳いでくれていたので、フィンキックを軽くひと蹴りで、スイ〜っとイルカについて行ける快適なスイム。

イルカ氏、ありがとう。助かりました(笑)



IMG_0486

8月21日(金)
台風のうねりがいつ桟橋を越え始めるかわからない予報の中、昼の客船が欠航してしまう可能性に備え、お客様には朝の客船でお帰り頂くことに。

客船を待つ間、数日前と同じように、何やら皆で湾内を覗き込む。
なぜか夫はお客様のリュックが気に入ったようでしばらく背負ってました。



先日はツバメウオ、今日も相変わらずツバメウオ・・もいるけど、なんとビンチョウマグロが泳いでる!!
こんなことってあるんですね!!驚

お寿司屋さんの無い御蔵島、今夜のお寿司を夢見て、お客様のお見送り後も皆でマグロに夢中でした。



IMG_0487

お帰りは長時間の船旅となってしまいましたが
A様・A様、そしてM様、T君、またのご来島を、心よりお待ちしておりますね。

本当にありがとうございました!






10年以上の日々を、イルカ達と泳ぎ続けて来たインストラクターが教えるイルカと上手に泳ぐ方法で、アナタも野生イルカたちと寄り添い泳いでみませんか?

ツアー詳細情報はコチラ↓↓

スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービス
http://s-orange.d.dooo.jp


スタッフ育子の御蔵島つれづれ。

スタッフ育子の御蔵島つれづれ。

IMG_0485

スペシャルオレンジブログ記事「ドルフィンスイムいつがオススメ?」

昨日は海況が悪く、イルカに会うことが出来ないという厳しいドルフィンスイムだった
ゲストハウス三人海プランへご参加のT様チーム。

昨日よりは落ち着いたけれど、やはり今日も風は強く、島影の穏やかな半周でイルカを探すことになりそう。  

今日がお帰りなので、泣いても笑っても残されたチャンスはこの一回。

もう祈るような気持ちで、三人海丸の帰りを待っていました。



ドルフィンスイムから戻ったT様にドキドキしながら結果を聞くと

「会えました〜!!」

良かった、本当に良かった!!



今回で3年目、毎年ご来島してくださるT様姉妹、今回御蔵島は初めてだったお友達T様

ご来島本当にありがとうございました。

また天の川を眺めながら、女子トークしましょうね!

またの再会を夫婦共々楽しみにお待ちしております!!



P8190010

本日ご到着のA様チームも、なかなかにごった海域からで出てこないイルカ達を、ゆっくりゆっくり待ちまして。

眠ったイルカも起きてきて、段々と人に興味を持ち始め、最後はいっぱいイルカに会えましたね!!

夜は偶然出向いた桟橋で、話題の宇宙ステーョン補給機「こうのとり」があと3分で通る!と教えてもらって突如「こうのとり」見学会!ラッキー♫

明日もよろしくお願いします!






10年以上の日々を、イルカ達と泳ぎ続けて来たインストラクターが教えるイルカと上手に泳ぐ方法で、アナタも野生イルカたちと寄り添い泳いでみませんか?

ツアー詳細情報はコチラ↓↓

スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービス
http://s-orange.d.dooo.jp


スタッフ育子の御蔵島つれづれ。

スタッフ育子の御蔵島つれづれ。

IMG_0478

スペシャルオレンジブログ記事「ドルフィンスイムいつがオススメ?」

今日の三人海丸は昨日ご到着のY様ファミリーと、今年もいらっしゃいませ♫リピーターT様姉妹とお友達T様を乗せ出港!



ですが、昨日に比べ、前線の影響で風が強くなり、海況が思わしくなく。。。

船長の三喜氏も、遊泳可能レベルな海域で一生懸命イルカを探してくれましたが、残念ながらイルカはおらず。

自然相手なので、こういう日があるもの現実、保証のない世界。

オレンジ号も今年すでに何回かは、イルカに会えなかった日がありました。



リピーターT様チームは追加ドルフィンスイムに申し込まれているので明日もドルフィンスイムへ。
ご滞在中、もう一回チャンスがあります。

どうか、明日はイルカに会えますように♫



IMG_0483

Y様ファミリーは今日がお帰り。

ドルフィンスイムの後(残念ながらイルカには会えなかったけれど)、すぐに宿に戻らずシュノーケル教室をした湾内で飛び込みを楽しんだRくんとMちゃん。

なんと、三人海丸ガイドの愛子ちゃんまで一緒に飛び込んでくれたとか!

それも見たかった!笑



そんな時間がよほど楽しかったようで、船を待つ間も湾内を見つめ「飛び込んでも良い?」と名残惜しそう。

お父さんとお母さんも携帯カメラを片手にお二人で湾内を覗き込んでいます。



IMG_0150

そして、お父さんとお母さんの見つめる先にはツバメウオが!!

この魚、枯葉みたいな姿をしています。

私は夫に言われなかったら完全に葉っぱかゴミだと思って見過ごしていたことでしょう。

Y様ファミリーの皆様にとって、この旅が心に残る楽しい思い出になりますように♫
 
ありがとうございました!!またのご来島心よりお待ちしております。






10年以上の日々を、イルカ達と泳ぎ続けて来たインストラクターが教えるイルカと上手に泳ぐ方法で、アナタも野生イルカたちと寄り添い泳いでみませんか?

ツアー詳細情報はコチラ↓↓

スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービス
http://s-orange.d.dooo.jp


スタッフ育子の御蔵島つれづれ。

スタッフ育子の御蔵島つれづれ。

IMG_0396

スペシャルオレンジブログ記事「ドルフィンスイムいつがオススメ?」

本日ご到着のY様ファミリーの皆様。

ご到着後すぐのシュノーケル教室→そのまま三人海丸でドルフィンスイムへ。

午前中はめいっぱい海!!めいっぱい楽しみました!

海から帰ったMちゃんは「楽しかった〜!!」とニッコニコ♫

お父さんは「一生分のドルフィンスイムでした」と噛みしめるように♫



昼食時に島の食堂でお会いした時、しばしお話して、ちょっと違う方を見て、もう一度Y様ファミリーのテーブルの方を振り向くと・・・さっきまで元気におしゃべりしていたY様ファミリーが一瞬にしてテーブルに顔を伏せ、寝ているではありませんか(笑)♫

午前中全力でドルフィンスイムを楽しんだ疲れ、睡魔が。

どっと来るんですよね〜。 よくわかります。

明日も沢山のイルカ達に会えますように。



IMG_0475

オレンジ号は昨日ご到着御蔵荘プランの4名様がご乗船。

6回目のエントリーで数頭のイルカが海底に身体をこすりつけたり、岩についた海藻をツンツンとやっている。

私達はそれを水面に浮かんだまま、上からぽかーんと浮いて観察。



しばらくするとそこから一頭が上がって来て、私達と遊んで→スーッとまた沈んで海底で身体をスリスリ→また一頭クイっと上を向くと上がってきて私達とゆっくり遊んで→また海底でスリスリ→またクイっと上を向いた他の子が上がってきて遊びというパターンが実に何十回と繰り返され。

あまりに同じパターンなので「浮かんで待っていれば、次も上がってくるな!」と動きが読めてくる。

同じパターンが続きに続き、終わらない、長い長い至福のドルフィンスイム。

結果、船の上で待っている船長の夫は夏の日差しに茹で上がり、お腹減り。

気がつくと同じ海域で、Y様ファミリーを乗せた三人海丸も、同じイルカ達との長時間のドルフィンスイムを楽しんでいて、皆が楽しんだ幸せな時間となりました。

三人海丸の船長・三喜氏、ガイドの奥様・愛子ちゃん、いつも最高のドルフィンスイムをありがとう!



船上での帰りみち。

「あのイルカスポットに行けばいつもいるんですか?」とお客様。

「イルカスポット」あそこに行けば必ずあの子がいるよ!!

そういうスポットあったら良いのになぁ♫






10年以上の日々を、イルカ達と泳ぎ続けて来たインストラクターが教えるイルカと上手に泳ぐ方法で、アナタも野生イルカたちと寄り添い泳いでみませんか?

ツアー詳細情報はコチラ↓↓

スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービス
http://s-orange.d.dooo.jp


スタッフ育子の御蔵島つれづれ。

スタッフ育子の御蔵島つれづれ。

IMG_0395

スペシャルオレンジブログ記事「ドルフィンスイムいつがオススメ?」

本日ご到着、御蔵島は初めての4名のお客様を乗せ、オレンジ号はお昼に出港!!

朝降っていた雨は上がり、海は凪、コンディションは良いのに島の半周まで来ても
イルカの姿が全く無い。準備万端なお客様も若干しょんぼり。




しかし半周を超えて間も無くイルカの群れを無事発見!!

船長が「イルカがいたね〜!今船正面300メートルくらいかな」と一声。

そう言われても最初は皆「どこどこ〜?!」なかなかその姿を確認出来ず。



段々とイルカとオレンジ号との距離が近づいてくるにつれ、一人、二人と「あ!わかった〜!」
「いた!あそこだ」といった声が増えていく。

一人、二人、三人・・・あれ?まだ見ることが出来ていないお客様が一名(笑)

皆「ほら!あそこ」「今背びれ出た!ほら!ほら!そこ!」などと指さして説明するも

海の上って目印が少なくて「ほら!そこ!あそこ〜!!!!!」を超える表現がなかなか難しい場所も。

陸上のように「そこを右に曲がって、突き当たり〜」とか言えないのが歯がゆいところ。
「わかった!!!(笑)」タイムラグありましたが、無事にイルカを確認出来ました♫



ジョーの群れに、別の群れ、大群の中で泳げましたね♫

最後の最後まで見えていた二頭はラビング中で、ヒレでナデナデしている姿が可愛い〜
でもよく見ると、カメが邪魔だったのか、カメをど突いていたとのこと(笑)

明日はどんな姿を見せてくれるかな?!






10年以上の日々を、イルカ達と泳ぎ続けて来たインストラクターが教えるイルカと上手に泳ぐ方法で、アナタも野生イルカたちと寄り添い泳いでみませんか?

ツアー詳細情報はコチラ↓↓

スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービス
http://s-orange.d.dooo.jp


Staff Profile



     高畑 淳一
  (たかはたじゅんいち)

  スペシャルオレンジ代表
  スペシャルオレンジ船主

  1977年6月17日生

・潜水士
・全日本潜水連盟インストラクター
・1級小型船舶免許


学生時代に鯨類と彼らの住むフィールドに魅了され、ダイビングの仕事に就いた久米島でザトウクジラやイルカの迫力を目の当たりに生活する。

その後、地元でもある南房総の海でのダイビングガイド勤務を経て、スペシャルオレンジを設立。南房総をフィールドとしたダイビングガイドサービスとして活動する傍ら、鴨川シーワールドのドルフィンダイビングプログラムを受託運営する。

御蔵島へ移店・移住してからは2018年を迎えて11年目。ドルフィンスイムボート船長やガイドとして、イルカ達と泳ぎ続けている。

「大自然がみせてくれる様々な瞬間を、ゲストの皆様と一緒に切り取っていけたらと思っています。」





Entrie's gallery
  • 【2018年発表】東海汽船・御蔵島への就航率2017年版。とツアー空席状況
  • 今年もよろしくお願い致します。
  • 今年もよろしくお願い致します。
  • 今年もよろしくお願い致します。
  • himawari。
  • himawari。
  • himawari。
  • himawari。
  • himawari。
御蔵島天気(八丈島地方)
  • ライブドアブログ