スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービス

   周囲16kmの断崖に囲まれた、小さな島に暮らす300人の島民と100頭を超える野生イルカ。                                           秘境のように守られた伊豆諸島・御蔵島で、イルカ達とのシュノーケリングを楽しんでみませんか。

2017年02月

イルカと泳ぐ。

イルカと泳ぐ。

02

スペシャルオレンジブログ記事「ドルフィンスイムいつがオススメ?」


お知らせです。

次回のブログ更新は、3月中旬となります。

いつも当店ブログをご覧下さいまして、誠にありがとうございます。



さて本日の画像は、昨シーズンにガイドの育子が撮影しました、僕(スタッフ高畑)とイルカが泳ぐシーンです。

シーズン中は、ドルフィンスイムレクチャーの教材動画の撮影目的で、仲間の船に同乗させてもらいガイドの育子にカメラを回してもらう事もあります。



当店ツアーの最初に組み込まれている、ドルフィンスイムレクチャーで伝えたいのは「誰でも簡単に、イルカと寄り添い泳ぐ事が出来る」方法。



30

潜れる人も、潜れない人も、基本は同じ。

画像のように、群れから離れてまでヒトに興味を持ってもらうには。

少しでも長く、イルカと寄り添い泳ぐには。



全ては自然任せではありますが、スペシャルオレンジブログ記事「ドルフィンスイムいつがオススメ?」でも書かせて頂いているように、海上がドルフィンスイム船で混み合う土日や連休・夏休みは、どんなにヒトが張り切っても、すでにイルカ達がスピードを上げて逃げ回ってしまっています。

野生イルカと寄り添い泳ぐ。

その夢を叶える大前提として、可能であれば平日の御蔵島へご来島頂ければと思います。

皆様のご来島を、心よりお待ちしております。




10年以上の日々を、イルカ達と泳ぎ続けて来たインストラクターが教えるイルカと上手に泳ぐ方法で、アナタも野生イルカたちと寄り添い泳いでみませんか?






追伸:お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービスのホームページURLが昨年の11月から変わっております。

告知が遅れてしまい、大変申し訳ございません。
新しいURLは http://s-orange.d.dooo.jp になります。何卒よろしくしくお願い申し上げます。



ドルフィンスイム宿泊パックツアー詳細情報はコチラ↓↓

スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービス
http://s-orange.d.dooo.jp

僕の好きな景色。

僕の好きな景色。

IMG_0368

スペシャルオレンジブログ記事「ドルフィンスイムいつがオススメ?」


いよいよ約1ヶ月後(4月1日)に迫りました、当店のドルフィンスイム開始日。

写真は、船長の僕自身から見えている、ドルフィンスイム中のお客様と野生のイルカ。

今年ももうすぐ、こんな光景を目にする日々が始まります。



シーズン中は基本的に島から出ないので、オフシーズンの冬の間に里帰りしたり用事を済ませに島を出たり。

毎年のように感じるのは12月からのオフシーズン、長いようでアッという間です。

とりあえず、2月中には全てのデスクワークを終えたい願望がハンパないですが、カレンダーを見ると2月って28日までじゃん。え、なんであと5日しかないじゃん。

などと、これも毎年のように繰り返す光景であります。

とりあえず頑張ります。






追伸:お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービスのホームページURLが昨年の11月から変わっております。

告知が遅れてしまい、大変申し訳ございません。
新しいURLは http://s-orange.d.dooo.jp になります。何卒よろしくしくお願い申し上げます。





10年以上の日々を、イルカ達と泳ぎ続けて来たインストラクターが教えるイルカと上手に泳ぐ方法で、アナタも野生イルカたちと寄り添い泳いでみませんか?

ドルフィンスイム宿泊パックツアー詳細情報はコチラ↓↓

スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービス
http://s-orange.d.dooo.jp

世界の車窓から。

世界の車窓から。

IMG_1813

スペシャルオレンジブログ記事「ドルフィンスイムいつがオススメ?」


昨日とほぼ同じ場所から、桟橋の写真を撮ってみました。

朝の東海汽船(東京発〜八丈島行)は欠航となったものの、上写真のすぐあと、昼の東海汽船(八丈島発〜東京行)は、4日ぶりに御蔵島へ就航してくれました。

昨日の写真がこちら。



IMG_1810

うねりは残っているものの、昨日に比べればだいぶ穏やかになっています。

が、しかし、明日からは再びの大時化。

明日到着予定の東海汽船は、今夜の東京出航を取り止めとなりました。



週に一度の食料を積んだ貨物船も欠航が決まり、これぞ2月だな。といった感じです。

全国的な荒れ模様が予想されている明日の天気。

皆様も、どうかお気をつけてお過ごし下さい。






追伸:お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービスのホームページURLが昨年の11月から変わっております。

告知が遅れてしまい、大変申し訳ございません。
新しいURLは http://s-orange.d.dooo.jp になります。何卒よろしくしくお願い申し上げます。





10年以上の日々を、イルカ達と泳ぎ続けて来たインストラクターが教えるイルカと上手に泳ぐ方法で、アナタも野生イルカたちと寄り添い泳いでみませんか?

ドルフィンスイム宿泊パックツアー詳細情報はコチラ↓↓

スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービス
http://s-orange.d.dooo.jp


気持ち。

気持ち。

IMG_1810

スペシャルオレンジブログ記事「ドルフィンスイムいつがオススメ?」


この冬場は時々、日頃からお世話になっている島の兄い(「兄い(あにい)」といっても人生の大ベテランな御歳である)の手伝いで、山仕事へ行ったりもしています。

最近は、村から程近い竹林で、荒れ果てている部分を拡幅整備したり、林全体のバランスをとるために若い竹を切り倒したりと、肉体的にはハードではありますが、4月頃に生えてくるタケノコが非常に楽しみな作業でもあります。



そんな今日の帰り道、東京からの東海汽船が欠航している桟橋に立ち寄ってみると、たくさんのウミネコが。



IMG_1811

桟橋に波が当たって砕ける度に、一斉に飛び立ったり戻ってきたり。



水しぶきが当たらない陸地に居ればいいのに。

そう思う僕は、きっとウミネコに言わせてみれば「全くわかっていない」存在なのだ。

むしろ、思考停止生物くらいに思われるのかもしれない。



きっと彼らには、「そこに居なければならない」深い理由があるのだろう。

それを理解していない僕が、水しぶきが当たりもしない場所から、

彼らの生き様に口を挟む余地など無いのだ。



ウミネコの気持ちは、ウミネコになってみなければ解らない。

なんだかそんなことを感じつつ、家路に着くのです。






追伸:お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービスのホームページURLが昨年の11月から変わっております。

告知が遅れてしまい、大変申し訳ございません。
新しいURLは http://s-orange.d.dooo.jp になります。何卒よろしくしくお願い申し上げます。





10年以上の日々を、イルカ達と泳ぎ続けて来たインストラクターが教えるイルカと上手に泳ぐ方法で、アナタも野生イルカたちと寄り添い泳いでみませんか?

ドルフィンスイム宿泊パックツアー詳細情報はコチラ↓↓

スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービス
http://s-orange.d.dooo.jp


白滝。

白滝。

IMG_1056

スペシャルオレンジブログ記事「ドルフィンスイムいつがオススメ?」


御蔵島でドルフィンスイムを楽しまれたことのある方でしたら、周囲を断崖に囲まれた島の岩肌から、幾つもの滝が流れ落ちている光景を、きっとご覧になったことがあるかと思います。

写真は、港から出航して、船を西へ数分走らせた場所にある「白滝(しらたき)」。



雨が降ると出現する滝も多い中、この滝は通年をとおして湧き出しており、水が豊富な御蔵島を象徴しているかのようです。

4月〜11月のドルフィンスイムシーズン中は、毎日のように見ることの出来る白滝ですが、村からは見えない場所にあるため、冬場はなかなかその姿を見ることはありません。



もうすぐやってくる春を前に、PCの写真整理をしていたら目に止まった白滝の写真。

今夜はゴウゴウと暴風が吹き荒れて、東海汽船も今夜の東京出航を取りやめました。

こんな天気が3月末までは続きますが、それが終われば穏やかな4月がやってきます。






追伸:お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービスのホームページURLが昨年の11月から変わっております。

告知が遅れてしまい、大変申し訳ございません。
新しいURLは http://s-orange.d.dooo.jp になります。何卒よろしくしくお願い申し上げます。





10年以上の日々を、イルカ達と泳ぎ続けて来たインストラクターが教えるイルカと上手に泳ぐ方法で、アナタも野生イルカたちと寄り添い泳いでみませんか?

ドルフィンスイム宿泊パックツアー詳細情報はコチラ↓↓

スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービス
http://s-orange.d.dooo.jp


スタッフ育子の御蔵島つれづれ。

スタッフ育子の御蔵島つれづれ。

P8010855

スペシャルオレンジブログ記事「ドルフィンスイムいつがオススメ?」


8/1(月)

遠方からお越しのK様チームは、昨日は島の半周が大荒れで、お客様の言葉をお借りすると「何の罰ゲーム!!??」といったコンディション。

船上からすら、イルカを見る事が出来なかった昨日。

今日がお帰りなので、泣いても笑っても最後のワンチャンス。



P8010872

イルカ!!頼む!!祈る気持ち。

K様チームと同じく昨日ご到着のK様、そして今日ご到着で、夫と長年のお付き合いのお客様のK様チームを乗せオレンジ号8:00過ぎに出港!!

(昨日、今日こうしてみるとやたらK様率高し 笑)

昨日より少しだけ風が落ちたようですが、今日も島の西側半周の方が良く、東が悪いというコンディション。

西の港から出港して、西側から回ります。



P8010883

船長から「もう、港出たすぐのところにイルカがいるみたいだから、準備しておきましょう!!」

ウェイトの調整が必要なお客様もいらして、 船の上で大急ぎ!!

両手にグローブをはめる時間も無いほど、桟橋を抜けてすぐのところでエントリーのチャンスが。

二日目にして初めて御蔵島のイルカ達の姿を見るK様チーム、まずはオス達の絡み合いをする光景からドルフィンスイムスタート。



P8010867

水中は濁りがあったけれど、その後、いよいよゆっくりのんびりなイルカ達がお客様の元へ。

昨日会えなかった分まで、イルカと寄り添えたN様。

海の上で「うれしかけん!!!!!」と喜び爆発!!

K様とKちゃんも、やっと会えたイルカ達。

昨日の分まで笑顔が弾けて、輝いて見えます。

そんな姿を見て、私もうれしかけん!!!!!



P8010870

シーズン3回目のリピーターK様。

イルカは私のところで回った後、K様とバトンタッチ!!

クルクルと回るイルカとK様♫



P8010874

その後も、夫のレクチャーを活かして泳いでくださっていたK様。

ググッと何かを掴んだ模様で、それは夫が船の上から見ていてもはっきりとわかる程のさらなるレベルアップ♫

K様ご自身も今回すごく手応えがあったようで、船にあがってきた時「なんか!なんか!嬉しいです!!」とこちらでも喜び爆発!!



P8010881

黒潮本流が当たり始めたのか!?

昨日までと違い、潮の流れがすごく早くなっていた。

エントリーするとそこは、本当に綺麗なブルーウォーター。

澄んだ青の中、イルカ達が向こうからお客様の元へ。



P8010880

今日のオレンジ号には親子さんのお客様が2組。

そんなお客様の前を、赤ちゃんを連れたイルカの親子がゆっくりと泳いで行きました。

人も親子、イルカも親子♫ 



IMG_1321

最後のエントリーは再び濁りに入ってしまいましたが

KちゃんとRくん、流れが結構あって、大人でも泳ぐのが大変だったにも関わらず

頑張りました!!



IMG_0631

昨日は1日相部屋で過ごされたK様チームの3名様とリピーターK様。

すっかり仲良しで、もう4名様チームのように見えてきます。

只今、お土産選び中♫



IMG_1322

遠方からのご来島だと、東京に着いてから急に天気予報が悪くなった時や、御蔵島への船の欠航があったり、時間とお金を更に費やしているのにリスクも多々あります。
気軽にまたすぐに♫とはいかないと思いますが。

また皆さんで、ぜひ遊びにいらしてください♫

また海の上でK様・N様・Kちゃんの「うれしかけん!!!!!」が聞きたいです。

K様チームの皆様、お帰りもお気をつけて♫



そして、いつも、どんな方と相部屋になっても、すぐに打ち解けて仲良しになっているリピーターK様。

いつもご来島ありがとうございます!!

何度来ても新しい発見がある!!そんなツアーを心がけて頑張りたいと思います。

またのご来島、心よりお待ちしております!!






追伸:お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービスのホームページURLが昨年の11月から変わっております。

告知が遅れてしまい、大変申し訳ございません。
新しいURLは http://s-orange.d.dooo.jp になります。何卒よろしくしくお願い申し上げます。





10年以上の日々を、イルカ達と泳ぎ続けて来たインストラクターが教えるイルカと上手に泳ぐ方法で、アナタも野生イルカたちと寄り添い泳いでみませんか?

ドルフィンスイム宿泊パックツアー詳細情報はコチラ↓↓

スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービス
http://s-orange.d.dooo.jp

スタッフ育子の御蔵島つれづれ。

スタッフ育子の御蔵島つれづれ。

P7310850

スペシャルオレンジブログ記事「ドルフィンスイムいつがオススメ?」


7/31(日)

台風が来ていないこともあって、今シーズンはここまでツアー中止がとっても少なめ。

ついでに最近はお客様がいらしている日に海が凪、わりとそんな印象でした。



が、ここにきて!!

やっぱり海って、ずっと凪、ずっと時化ってことは無いものですよね。

凪たら時化て、時化たら凪ての繰り返しだもの。

お客様がご到着された今朝の段階で、既に島の東側には白波が立ち、今日は西側半周でしかイルカを探せない可能性が。

「お願い、凪の西側にイルカいて!!」と祈っていた私。



今日ご到着のお客様、以前いらしてくださったお客様のご紹介で、すごーく遠方からのご来島のK様チーム。

そして、もうお一人のお客様はシーズン3回目のリピーター様K様。

「遠くからいらしてくださってるの、お願い!!」「シーズン中何度も足を運んでくださっているの!!」

そんな私の願いも届かず。



凪の西側から回り、半周は全然問題の無い海況、けれども問題はイルカがいないこと。

午前中は「西側に集まっていた」という情報があったのでそこにかけていたのに。

仕方なく島の半周元根を越えると、そこはもう大荒れの海。

前から横から立ちはだかる高波をかわしながら前へ進み。



途中イルカが2群浅瀬にいたけれど「船の上からだけでも」と止まって見せてあげられるような海況ではなく・・・。

写真は絶叫の半周を乗り越えて、島2周目に入るところ。

絶叫の半周を進んでいるは、写真撮ってる場合ではない!という感じ。



P7310851

再び凪の西側に入ったものの、イルカは出ず。

絶叫の半周にいた2群は頭数が少なめな模様だったので、約130頭の御蔵のイルカ、残りはどこ?!

みんながエサを獲りに島を一度離れた?!



午前中は鳥たちが集まっている沖の方に出たとのお話もあり、少し沖に出てみたり。

他の船と無線で話してみたり。

イルカはいないけれどシュノーケリングをして待ってみたり。



いろいろと手を尽くし、時間一杯ねばったものの、イルカは結局現れず。

他の船も多くの船がイルカを殆ど発見出来なかったり、発見できても入水出来なかったりといった

通称「ノーイルカDAY」となってしまいました。

小学生のKちゃんも絶叫の半周を頑張ってくれたのに・・・。

自然には勝てませんでした。



明日にもう一度チャンスのある皆様。

頼むよ!!イルカ達!!






追伸:お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービスのホームページURLが昨年の11月から変わっております。

告知が遅れてしまい、大変申し訳ございません。
新しいURLは http://s-orange.d.dooo.jp になります。何卒よろしくしくお願い申し上げます。





10年以上の日々を、イルカ達と泳ぎ続けて来たインストラクターが教えるイルカと上手に泳ぐ方法で、アナタも野生イルカたちと寄り添い泳いでみませんか?

ドルフィンスイム宿泊パックツアー詳細情報はコチラ↓↓

スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービス
http://s-orange.d.dooo.jp


スタッフ育子の御蔵島つれづれ。

スタッフ育子の御蔵島つれづれ。

IMG_1313

スペシャルオレンジブログ記事「ドルフィンスイムいつがオススメ?」


7/29(金)

夏休みなんだなぁ〜と、つくづく感じる今日この頃。

今朝も平日だと言うのに、客船からは週末と変わらないくらい沢山の観光客の方が降りられました。



オレンジにも、朝の虹と共に2名のゲストがご到着。

今日は午前の出港なので、ご到着後間もなく準備に入って頂き、港でドルフィンスイムレクチャー&シュノーケル教室。

「シュノーケルクリアのイメージトレーニングやってみましょう!!」

「もっと強く!!・・・まだちょっと猫かぶってますね〜(笑)」なんて会話をしながら、楽しくレクチャー。



P7290803

今日がご滞在最終日のリピーターS様チームと合流し、8:00過ぎにドルフィンスイムへ。

余談ですが今シーズン、オレンジでは何故かゲストのお名前ミラクルが頻発。

例えば「数日違いでフルネームが一文字違い!!

「昨日ご到着の方と、今日ご到着の方の下の名前が一緒!しかも2人ずついる!!」

「2日間に名前の一部が似ている方が3人!」といった具合。



P7290807

あまりいらっしゃらないようなお名前が集まる日程もありますし

一日に何十人も何百人もご到着されるなら、スタンダードなお名前であれば重なることもありそうですが。

たった6名の中に3人似た名前!何故シーズン半年もある数ある日程の中で今日!?なぜオレンジに集結!?といった感じなので

こんなこともあるのね〜と、ご予約が入る度にスタッフ的には密かな驚きです。



今日もその名前ミラクルの日で、ご到着日こそ違えど、同じ宿に宿泊、オレンジ号に乗船の5名中2名が同じお名前!!

合流時、真っ先にお伝えすると、お互いに「どんな字ですか?!」などとお話していました♫



P7290828

今日も海はベタ凪、ここのところ快適な毎日が続いています。

出港後のイルカが現れる前に、シュノーケル教室で陸上レクチャーを済ませた今日ご到着のお二人は、実際に入水練習。

イルカが現れた時、入水から船にあがるまでの一連の流れを確認。



その後、10分くらい船を走らせた須崎付近に、まずひと群れを発見。

4頭程と少なめで、移動中らしき模様で、こちらに興味というよりはさらりとしていましたが

割りかしゆっくりと静かに通過していきました。



P7290839

その後も最初に泳いだ群れやら、他の群れやら、随時岸沿いを泳ぐイルカ達と並走するようにして西へ西へ進み、オレンジ号は太田浦へ突入。

リピーターのS様チームは1日目にも遭遇したオスイルカの小枝枝雄に気づいて、枝雄コール♫

出会ったイルカが誰なのかがわかると、また一つ楽しみが増えますね♫



P7290827

後半になってくると、 今日が初めてのT様チームのお二人も、どんどんイルカとの距離が縮まっていき。

T様の真下をイルカが通ったり。

N様も正面から来るイルカを迎え入れたり。

お二人とも段々慣れてきました。

「イルカと目があったかもしれないです!!」と、とっても喜んでくださっていました。



P7290811

リピーターのS様チームもそれぞれにイルカを選び、寄り添うチャンスを狙います。



P7290844

スイムを終了後、最後は目線の先でイルカがスパイホップ。

したかと思ったら、2連続ジャンプ!! 

「もう一回!」と言ってみたら、偶然にももう一回ジャンプ!!

「水族館じゃないのに、何で!?!」と驚きでいっぱいのお客様。



IMG_1314

迫力のシーンで終えたドルフィンスイム。

最後は恒例の記念写真♫



IMG_1316

最終日の今日はフリータイムでゆっくり過ごされたY様チームの4名様。

どんな風に過ごしていたのかな?!尋ねると

朝からふくまる商店さんでご飯を食べて〜、ジェラートも食べて〜、その後美々庵で昼食〜と「食べてばっかりでした(笑)」とのこと♫

御蔵島の食のフルコース、それもまた楽しい思い出になりますね♫



リピーターのS様チームの皆様は、昨年のご来島時は大荒れの海。

今年は3日間完璧のベタ凪続き。

「今までで一番イルカと寄り添えた!」そんな最高の瞬間もあって、私達も嬉しい限りでした♫

Y様チームの皆様、S様チームの皆様、お帰りの船旅も楽しんで♫

またのご来島、心よりお待ちしております。



P7300845

7/30(土)

ゲストハウス三人海プランでご滞在のT様チームは、お帰りの今日もドルフィンスイムへ。

今日はT様チーム、記念すべき日にご乗船となりました!!

ゲストハウス三人海のドルフィンスイム船が新しくなり、先日お宮参りを済ませた新船第7三人海丸が
いよいよ今日からお客様を乗せて海へ。

記念すべきピカピカの新船初出港の日、オレンジ号とも海の上ですれ違いました。

三人海丸もイルカに沢山会えたようです。



IMG_1320

お帰りの港までの送迎車の中で「あっ!!」

誰かが声をあげる時、それはポケモンを発見した時(笑)

話題のポケモンGO、夫も含め、車内はポケモン話で盛り上がっておりました。

ふくまる商店さんで、T様チームのお二人が購入したジェラート。
あしたばミルクと、かぶつ(御蔵島では橙のこと)シャーベットのダブル、どちらも御蔵らしいセレクト♫



IMG_0630

T様、N様、お帰りの客船も、海が良かったのできっと気持ちの良い航海になったはず。

デッキで風に吹かれながら一杯♫出来たかな?!

クジラは見つけられたかな?!

またお二人で遊びにいらしてくださいね。

再会を心待ちにしております。






追伸:お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービスのホームページURLが昨年の11月から変わっております。

告知が遅れてしまい、大変申し訳ございません。
新しいURLは http://s-orange.d.dooo.jp になります。何卒よろしくしくお願い申し上げます。





10年以上の日々を、イルカ達と泳ぎ続けて来たインストラクターが教えるイルカと上手に泳ぐ方法で、アナタも野生イルカたちと寄り添い泳いでみませんか?

ドルフィンスイム宿泊パックツアー詳細情報はコチラ↓↓

スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービス
http://s-orange.d.dooo.jp


スタッフ育子の御蔵島つれづれ。

スタッフ育子の御蔵島つれづれ。

P7280762

スペシャルオレンジブログ記事「ドルフィンスイムいつがオススメ?」


7/28(木)

今日ご到着のお客様は、八丈島でのご滞在後に御蔵島に渡って来られる、という珍しいパターン。

八丈島からの客船は、お昼に御蔵島へ到着します。



P7280758

バンガロープランでご滞在なので、ご到着後すぐに観光協会でチェックイン作業。

その後、準備を開始して、シュノーケル教室。

昨日ご到着のリピーターS様チームと合流して、ドルフィンスイムへ。

出港後、すぐにイルカを発見、一回目のエントリーから、バッチリイルカに会えて♫



P7280754

今日ご到着のY様チームの皆様は

「グアムより凄い!!」「亀もいたー!すごーい!」と大興奮!!

一回目のエントリーを終えて「会えないかもしれないと思っていたのに、会えた〜!」「私もうこれだけで満足♫」と嬉しいコメントが。



P7280793

御蔵島は初めてのY様チーム。

船の上でも島の風景の一つ一つに「すごい!!」「あれ、何だろう?!」と目をやって、新鮮な驚きでいっぱいの様子♫

水中でもイルカとの遭遇に感動、ウミガメが通ってまた感動!!



P7280783

1エントリー終えて、船にあがったお客様が「ん?何かいる!!」

誰かにくっついていたのか、お客様が座るはずのベンチに座って?いたのはカニ(笑)



P7280790

最後の方のエントリー、イルカ達がゆっくりとこちらに向かってきた。

4頭のうちの1頭はこっちを向いているし〜とそのイルカの顔を覗き込むと・・・あ。



P7280791

歯を見せて口を大きく開いて、ガチン!ガチン!と歯を鳴らす・・・威嚇されました。

リピーターS様は、イルカに寄り添おうとアプローチ体制に入っていたところでしたが

「あ、これ、ついていっちゃダメなやつかも」と気づき、控え目に退散して参りました。



IMG_1311

今日も沢山イルカに会えて良かった♫

夜はS様チームもY様チームも居酒屋カンブリさんを予約して、夕食へ。

それぞれにお友達との楽しい夜を過ごすことができますように♫






追伸:お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービスのホームページURLが昨年の11月から変わっております。

告知が遅れてしまい、大変申し訳ございません。
新しいURLは http://s-orange.d.dooo.jp になります。何卒よろしくしくお願い申し上げます。





10年以上の日々を、イルカ達と泳ぎ続けて来たインストラクターが教えるイルカと上手に泳ぐ方法で、アナタも野生イルカたちと寄り添い泳いでみませんか?

ドルフィンスイム宿泊パックツアー詳細情報はコチラ↓↓

スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービス
http://s-orange.d.dooo.jp


スタッフ育子の御蔵島つれづれ。

スタッフ育子の御蔵島つれづれ。

IMG_0626

スペシャルオレンジブログ記事「ドルフィンスイムいつがオススメ?」


7/27(水)

今年もあの3名様が遊びに来てくれました〜!!毎年連続でご来島くださっているリピーター。

ご来島の度、ふくまる商店さんで記念に缶バッチを購入されているS様チーム。

午前中のうちに早速購入されて、缶バッチコレクションが増えたようです。

段々とコンプリート気味になってきて、以前購入したものの色違いなどもあったりするそうです。



ということで、シュノーケル教室も基礎編はほどほどに、今日も夫が水中でイルカ役に。

「イルカはこういう風に来て、こういう風に回るから、こういう風に一人ずつやってみよう!」などと言いながら

ドルフィンスイムレクチャーで徹底的に実践練習!!

湾内にはS様チームの笑い声が響き、楽しいシュノーケル教室となりました。



P7271276

午後13:00に出発し、ご滞在中一発目のドルフィンスイムへ。

昨年も同じ時期にいらしてくださったS様チームでしたが。

その日の海は、もの凄い潮波で「葛飾北斎か!」と言ってしまう程の大荒れの海況でしたが。



今年は昨年の分を取り戻すかのように、とても穏やかなベタ凪。

島の東側から回り、昨年と違い快適なクルージング♫

今日はイルカ調査員2名も一緒に乗船して行ったので

船の上ではイルカのこと、どんな風に調査をしているか、調査員についてなどなどの質問タイムも♫



P7271285

しばし走ったところでイルカ達の群れを発見、よ〜くイルカの動きを見定めて、よし!行ってみよう!!

一回目のエントリーでいきなりの大フィーバー!!

沢山のイルカ達がお客様の元へ。

行っちゃうのかな〜?!と思っても、イルカ達は遠くから回り込んで再びお客様の元へ何度も戻ってきてくれました。

何年もいらしている I 様も「こんなの初めて!!今までで一番!!」



P7271280

昨年からS様チームに新規加入したW様。

W様は昨年の荒れた御蔵の海しかまだ見たことがない。

あの海では、イルカと寄り添って〜なんていう場合じゃなかった。

けれども今年は凪の海で、しっかりイルカと泳いでもらえて。

こういう光景を見せたかったんです!!



P7271303

今朝のドルフィンスイムレクチャーで練習したことをドルフィンスイム本番で即実践!!

S様のところでイルカが止まった!!

S様をもう見たくて見たくて、ひっくり返った。

ややしばらくの時間、S様とイルカの極上のひと時♫

その光景を皆で鑑賞。連続写真でどうぞ。

P7271305


P7271306


P7271307

島の東側は少しうねりが入っていたとは言え、東も西も凪。

イルカと泳いでは進み、泳いでは進み、時々島の景色にも目をやりながら今日は島を一周しました。



今は廃村になっている南郷の前では、その昔、今のような桟橋もない時代

この島ではどんな風に内地からの物資を運び入れていたのか

今では信じられないような大変な暮らしに思いを馳せつつ、崖の上を見上げてみたり。



IMG_1307

時にはイルカ達の方からコチラにやって来て、私達と遊び。

時には海深くを静かに進み、私達とは一定の距離感をもって、濁りの中へ消えていき。

時には海底で何やら止まって、2頭で夢中なイルカ達をじっと辛抱強く待ち

「あ!こっちに気づいた!!」二頭が水面の私達のところまで一直線に上がってきたり。

昨年の分まで沢山イルカ達と泳いでもらうことが出来た1日目。

明日も明後日ももっともっと、S様チームの目に素敵な光景が映ることを願って♫






追伸:お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービスのホームページURLが昨年の11月から変わっております。

告知が遅れてしまい、大変申し訳ございません。
新しいURLは http://s-orange.d.dooo.jp になります。何卒よろしくしくお願い申し上げます。





10年以上の日々を、イルカ達と泳ぎ続けて来たインストラクターが教えるイルカと上手に泳ぐ方法で、アナタも野生イルカたちと寄り添い泳いでみませんか?

ドルフィンスイム宿泊パックツアー詳細情報はコチラ↓↓

スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービス
http://s-orange.d.dooo.jp


Staff Profile



     高畑 淳一
  (たかはたじゅんいち)

  スペシャルオレンジ代表
  スペシャルオレンジ船主

  1977年6月17日生

・潜水士
・全日本潜水連盟インストラクター
・1級小型船舶免許


学生時代に鯨類と彼らの住むフィールドに魅了され、ダイビングの仕事に就いた久米島でザトウクジラやイルカの迫力を目の当たりに生活する。

その後、地元でもある南房総の海でのダイビングガイド勤務を経て、スペシャルオレンジを設立。南房総をフィールドとしたダイビングガイドサービスとして活動する傍ら、鴨川シーワールドのドルフィンダイビングプログラムを受託運営する。

御蔵島へ移店・移住してからは2018年を迎えて11年目。ドルフィンスイムボート船長やガイドとして、イルカ達と泳ぎ続けている。

「大自然がみせてくれる様々な瞬間を、ゲストの皆様と一緒に切り取っていけたらと思っています。」





Entrie's gallery
  • 今年もよろしくお願い致します。
  • 今年もよろしくお願い致します。
  • 今年もよろしくお願い致します。
  • himawari。
  • himawari。
  • himawari。
  • himawari。
  • himawari。
  • himawari。
御蔵島天気(八丈島地方)
  • ライブドアブログ