【2015年発表】東海汽船・御蔵島への就航率2014年版。

IMG_3763

西高東低の気圧配置の中、その姿勢にブレのない西風が容赦なく猛威をふるっている御蔵島です。

が、本日の海は凪ぎ。
東海汽船の大型客船も貨物船も、久々の就航をしてくれています。

さて、そんな厳しい大自然に囲まれた御蔵島ですが、今年も村役場から2014年における東海汽船の御蔵島就航率が発表されました。


<2014年 東海汽船・月別就航率>

 1月 46.77% (前年29.03%) (前々年19.35%)
 2月 44.64% (前年19.64%) (前々年41.38%)
 3月 40.32% (前年48.39%) (前々年37.10%)
 4月 81.67% (前年53.33%) (前々年76.67%)
 5月 75.81% (前年88.71%) (前々年79.03%)
 6月 100.0% (前年80.00%) (前々年71.67%)
 7月 80.65% (前年79.03%) (前々年90.32%)
 8月 75.81% (前年90.32%) (前々年87.10%)
 9月 85.00% (前年68.33%) (前々年73.33%)
10月 66.13% (前年54.84%) (前々年50.00%)
11月 56.67% (前年51.67%) (前々年43.33%)
12月 37.10% (前年38.71%) (前々年37.10%)


ドルフィンスイムツアーの開催シーズン(4月〜11月)における就航率の平均が、前年70%台・前々年71%台なのに対し、2014年は77%台と若干の上昇をみせています。

昨年の記事でも書いた事ですが、あくまでこういった類のデータは毎年めまぐるしく変わる大自然を相手にしているシロモノですから、ご参考にして頂く際にもあくまで大雑把な情報として取り扱って頂けたらと思います。

また、2014年の就航率が上昇した要因が、東海汽船の大型客船が新しく橘丸に変わったからなのか、それとも天候によるものなのかは、それもやはり今年以降の数値が出てみないと判断が難しいところでもあります。



天候が良い年でも。船が新しくなっても。
それでも変わらない、島への就航率70%台という現実。

御蔵島へのご旅行をされるお客様にとっては、やはり非常にリスキーな数字ではありますが。

「だからこその大自然。」

人間にとっては不都合な現実を、御蔵島の魅力と共に是非とも受け容れて頂き、イルカと巨樹の島へ遊びに来てもらえましたら幸いです。

一人でも多くのお客様に無事ご到着頂いて、素敵な思い出をご案内できたらと願っております。
2015年シーズンも皆様のご来島を、心よりお待ちしておりますね。



ではでは、今回はこのへんで。






10年以上の日々をイルカ達と泳ぎ続けて来たインストラクターが、アナタに教える野生イルカと上手に泳げる方法で、イルカたちと寄り添い泳いでみませんか?

▼ドルフィンスイムツアー情報▼

スペシャルオレンジ御蔵島ガイドサービスHP
http://s-orange.d.dooo.jp