重賞回顧


【阪神大賞典】

最大目標・凱旋門賞へ向けサトノダイヤモンドが2017年好発進!!

メンバーレベル C レースレベル B

【本命馬】
◎サトノダイヤモンド 1着
折り合いも抜群でパーフェクトとはならず、間が開いた分か行きたがる素ぶりは今まで以上にみられたがそれでも完勝。完全底力勝負の流れで能力の違いを見せつけた。言うまでもなく次走の天皇賞では好勝負になるでしょう。ただ枠次第では頭が鉄板かとなるとそうでもない気も。

2着◯シュヴァルグラン
福永騎手が昨年のAR共和国杯ぐらいから完全に手の内に入れていて現状は操縦性も高い。サトノダイヤモンド、キタサンブラックとは一枚差はあるが枠の並び次第では次走がノーチャンスという訳ではないか。今回の負けは悲観するものではない。

3着▲トーセンバジル
ロスなく進めて勝負所はバテる馬を早めに避けての外へで鞍上の冷静の好騎乗。あわよくば2着までの乗り方だったがどこまで行っても追いつかない3着だったのは力の差か。春なら目黒記念、秋はAR共和国が持ち場となるか。力を付けた今が充実期。

4着・タマモベストプレイ
強い二頭に早めに来られては決め手不足の馬にとっては辛い展開。この馬なりに頑張った。

5着△スピリッツミノル
上手く乗られた部類でしょうが速い脚は無いので仕方ないか。ラストまでジリジリ伸びている事を見てもスタミナは十分。他が嫌がるような道悪のマラソンレースならこのクラスでもか。

以下、今後に向けてのチェック馬✔︎

9着☆レーヴミストラル
引っかかって競馬にならずノーカウント。見直し可能もG1級の馬とでは普通に厳しく目黒記念あたりなら。


【スプリングステークス】

松岡正海が大人の騎乗でウインブライトをクラシックに乗せる!!

メンバーレベル C レースレベル C

【本命馬】
◎アウトライアーズ 2着
折り合いとの勝負もまず上手くいった部類で直線のコース取りも完璧。前哨戦としては悪い内容ではないでしょう。ただ1着馬と比べて距離が延びて良いタイプでもないか。今回の事で皐月賞は何とかこなせるとは思うが田辺騎手が乗ることが条件。乗り難しいタイプで乗り替わりになればマイナス。

1着◯ウインブライト
レース運び、仕掛けどころも完璧でラストまで踏ん張ったという形。皐月の舞台が合いそうなので何とか権利をと予想時にお書きした通りで本番でも足りて良い一頭でしょう。ただ今回のー12キロは少々気になるところ。増やすためには緩めればそれはG1に使うにはマイナスで調整むずかしく陣営の腕が問われる。

3着・プラチナヴォイス
買ってない立場の人からすれば向こう正面で既に嫌な感じがしたのではないでしょうか。和田騎手のファインプレー。持ち場は1600〜1800の良馬場で本番では厳しいと見る。

4着▲サトノアレス
上位には上手く乗られたとこともあったが一言でいえばコーナー4回の1800ではこんな感じといった感じ。皐月の頃の馬場はフィットはしそうなので本番でも買うとは思いますが基本的にはワンターンのマイル向きか。コースも広い方が良い。

5着△トリコロールブルー
中山の1800は忙しかった。若干4角で外に振られはしたがそこまで不利といえるものではなく今回は適性の面で上位と差が出たか。距離延長はプラスなので今年の世代ならダービートライアルならどこへ行っても通用。

以下、今後に向けてのチェック馬✔︎

6着☆エトルディーニュ
決め手がない馬なので後続にリードをつけて先頭で直線に入らなければこの結果も仕方なく、後続がギアを上げて来ているのに溜めていては持ち味も生かせないでしょう。多分サウスポーだと思うので左回りならまたチャンスもある。ただこの馬に乗るジョッキーにはもう少し思い切りがほしいところ。

10着△モンドキャンノ
どういう経緯があって大野騎手になったのかは分からないが収穫も何もないレース。ただ1つあったとすれば距離に諦めをつけさせたことか。世代上位の能力があるだけに今後は短いところで。しかしここで折り合いを欠いた事でマイルも少し長くなってきそうな気もしてマイルCでもどうか。。


【フラワーカップ】

新星ファンディーナが大楽勝!クラシックへ向け視界良し!!

メンバーレベル D レースレベル C

【本命馬】
◎ファンディーナ 1着
好スタート好ダッシュで折り合いも次第点。手応え良すぎて待ちきれず4角では早々先頭で軽く仕掛けて楽勝で文句無しの競馬でしょう。ココではレベルが違いすぎた。どういったローテーションを組まれるか今後楽しみですが、まずは桜花賞か。中〜外枠引けば多分本命にします。

2着・シーズララバイ
ハナレイムーンやディーパワンサは前で勝負を仕掛けて苦しくなったため無欲に乗ったこの馬やエバープリンセスが上位に来たという感じ。柴田善臣騎手らしいレースで今後に向けてこれといった強調材料はない。スイートピーステークスぐらいなら好勝負になるか。

3着・ドロウアカード
武豊騎手の絶妙なエスコートがあったにしてもよく粘った。坂に強いタイプでパワー型。マイルまでなら今後も注意。

4着・エバープリンセス
2着シーズララバイとは仕掛けとコース取りの差でこちらも特別強調材料はないか。自己条件で2000m以上なら。

5着☆ハナレイムーン
結果として5着にはなったが攻めての結果で仕方ない(攻めすぎたとも取れる内容ですが)おそらく差し競馬で着を拾いにいってれば2.3着は取れたとは思いますが力試しをする意味では攻めた騎乗も悪くなかったか。やはり東京なんかの方が良さそうで、自己条件なら即勝ち負け。ただ体質面や馬体を考えると間隔はあけたいか。

以下、今後に向けてのチェック馬✔︎

6着▲ディーパワンサ
休み明けで+8キロも多少たりとも影響したかとは思うがほぼ完璧な競馬で伸び切れずでは距離かもしくは小回りがダメなのかを思わせる内容。それをカバーできる力もなく力負け。

11着◯デアレガーロ
ゲートセンス有りで二の脚も付く。今回は掛かってしまって揉まれてアウトだったが経験も積めて今後のスタイルを決められそうになった事はある意味良かったか。秋には順調なら秋華賞に出ているのでは。


【ファルコンステークス】

左回り・1400の得意条件でコウソクストレートが巻き返す!

メンバーレベル D レースレベル C

【本命馬】
◎ボンセルヴィーソ 2着
朝日杯3着の力は一応は示した形。理想はもうワンテンポ遅らせてのスパートだったでしょうが勝ち馬との直線半ばの差を考えれば仕方ないか。レースセンスもあってパワーもそこそこある。距離はマイルまでは大丈夫そう。マイルカップに出れるなら理想は逃げか。

1着▲コウソクストレート
戸崎騎手がズバ抜けた腕があるとは言えないがこのレースに関してはナイトバナレットの中谷騎手なんかと比べると相当な差があった。折り合いに専念で位置が後ろになっても徹底して自分の競馬を貫いた。今後にも繋がる競馬でタフな条件でなければマイルまで持つ。ただG1級とまでは思えない。

3着・メイソンジュニア
このレースの傾向的に理想的な競馬で好騎乗。荒れ馬場苦にしないタイプでスピード生かせる舞台が合いそう。どちらかいえば1200の荒れ馬場向きか。

4着△ダイイチターミナル
外からナイトバナレットに来られて仕掛けが遅れた事が全て。早い判断をした勝ち馬と判断が遅れたのか距離を懸念しての待機だったかは分からないがその分の差でしょう。全開に能力を出す競馬なら先行策の方が合う気もするのでやはり1200の方が合うか。

5着×ディスティニーソング
直線前が開いてからは渋とく伸びて善戦。タフな条件で牝馬最先着は立派だとは思うが、こちらも全開に能力を出すならスプリント戦の方が合いそう。古馬混合戦になる際斤量差が大きく出来るのでその時が勝負時か。

以下、今後に向けてのチェック馬✔︎

6着◯ジョーストリクトリ
直線外には振れず伸びない内を突く形になったのは痛かったか。しかしスムーズに外に出せていても上位まで来れる力があったかは微妙。何度もこの馬については書いてますがまだ緩くこれからの馬。

7着・エントリーチケット
得意コースというのもあるが控える競馬が板に付いてきた感じかラストはよく伸びた。次も同じ競馬で末脚伸ばせれば収穫でこの感じならマイルでも。

11着△ナイトバナレット
心配していた「騎手」が仇となったか。オープン特別をこのコンビで制しているだけにあまりキツい事を言うのは可哀想な気はしますが、出遅れは仕方ないとしても道中で脚を使ったりでチグハグすぎる内容。G1級の馬でもこんな競馬では勝ち負けまで持ち込めないでしょう。焦る気持ちは分からないでもないが今回に関しては腹を括れなかった事が全て。


4重賞から今後一番の注目馬⬇︎ ⬇︎

(17位ぐらいのようです。お手数おかけしますが宜しくお願い致します!)

サトノダイヤモンド、ファンディーナが今後注目というのは当たり前ですし他のでいきました!

今回の条件は適性外。距離延長と広いコースに変われば重賞でも通用。まずは故障なく次に進める事でしょう。


以上です!

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット