重賞回顧


【皐月賞】

メンバーレベル C レースレベル C

《本命馬》
◎ファンディーナ 7着
力んだような走り方はこの馬の走り方でしょうし折り合いは特に問題なしで同じような位置に居た勝ち馬と3着馬に先着されている事からも力負けと言われても仕方のない内容。マイペースの競馬しか経験していない分と兄同様競られる形がよくなかったか。ただこの時期の牝馬にはきついであろう流れを強気に動いた経験は今後に生きてくるはずで、この一度の負けは馬を大きく成長させる可能性もある。次のレース選びに注目したいし、短期間で急成長を見せるディープインパクト産駒という事も忘れてはいけない。

1着△アルアイン
4角で一度気を抜いたか苦しくなったか後退しそうになったがそこからまた伸びての勝利はこの馬の強さを物語った。全力を出し切ったといった感じで人馬共に褒めたいレース。距離が延びて良いタイプだとは思いませんがこの厳しいレースをしっかり勝ちに繋げた事は価値ある勝利で経験は糧になるはず。距離を恐れる事なく先行してロスなく立ち回ってこればダービーでも好勝負は可能か。

2着▲ペルシアンナイト
内を押し上げる鞍上の思い切りが効いた。コーナーコーナーで不利があったと鞍上は主張していましたが皐月賞ではそもそも2年連続で迷惑をかけている鞍上。そこは正直目を瞑るぐらいでも良いと思う。あまり距離が延びて良い印象はなにですが、ハービンジャー産駒でも瞬発力はしっかりしているのでスローになればダービーは向くかも。

3着・ダンビュライト
持続的に脚を使うような流れも向いたがテン乗りながらこの馬の速い脚がない特徴をよく理解した攻めの騎乗。さすがは名手といった感じ。切れ味問われるようになるダービーは余程異例の流れにならないと厳しそう。

4着△クリンチャー
かなり強気に乗った理想的な競馬は出来た。上位がマイル重賞での連対馬ばかりのなかかなり善戦したといえる内容でしょう。ダービーでも面白い一頭だとは思いますが、順調に成長すれば菊花賞は更に面白いかも。

5着△レイデオロ
休み明けで常識的にキツいローテーションのなかの好走で上位ではダービーに期待出来る馬とも取り上げましたがよく見返すと進路取りなど他の馬に比べて非常に上手くいったとも見て取れる。もちろん一度叩かれて上積みもあるでしょうし瞬発力もあるタイプで東京も悪くないとは思いますが、抜けた存在ではないか。走りかた云々を見ても内枠より中〜外枠が良さそう。

以下、今後に向けてのチェック馬✔︎

6着・スワーヴリチャード
右回りではスムーズさも欠きますしトップギアに入るのと遅い。大箱の左回り向きとなればやはり東京しかないでしょう。ダービーでは買える馬。この馬場で走った疲労が残らなければか。

8着△ウインブライト
前日から高速化した馬場はこの馬にとっては不都合で結果的に外外を回らされる形になり外枠も仇となったか。この結果を見る限り距離はこの辺りが限界か。見直す価値はあるものの、ダービーでは勝ち負けまでは厳しそう。

9着△カデナ
仕掛け遅れも進路取りなどは決して悪いものではなかった。力負け。大きな敗因を挙げるなら中途半端に3角で一脚使ってしまったことか。ダービーは内枠ならまだ買える余地はあるが、頭は厳しい。

10着☆プラチナヴォイス
高速馬場は向いていたとは思うがまず距離が長かったであろうこの馬にとっては流れがタフすぎた。平坦コース、距離短縮で巻き返し。

12着◯アウトライアーズ
溜めに溜めて一脚に賭ける乗り方は良かったと思いますが結果この日の馬場ではそれもハマらずで大外に振られる形では厳しかったか。直線でも坂でもう一踏ん張り出来なかった事を思えば体調も本調子でなかったとも見えなくはない。いま使い込むのは良くなさそう。


【アンタレスS】

メンバーレベル C レースレベル C

《本命馬》
◎アスカノロマン 5着
ピークは過ぎた感もあり現状の力は出し切った。ただ元々平坦コースや軽いダート向きということもあり条件次第ではG3クラスならまだやれる。プレッシャーかけず道中どれだけスムーズに走らすかが鍵。

1着☆モルトベーネ
コースもベストコースでしょうが、脚がないと抜けて来れない所からの強い勝ち方。思い切りの良いジョッキーとも手が合っていてココは地力が一枚上だったという内容。速い時計のレースに強く中央向きな感じはあるが、まだノビシロもある。

2着△ロンドンタウン
かなり追わせるタイプで追い比べなら強いタイプも先にスッと抜けられたら辛いタイプ。3歳時よりズブさはマシになっているとは思いますがそれでもいきなり3速発進みたいなのをするタイプ。長い直線orもう少し距離があっても良い。付き合い方としては2.3着の付き合い方は面白そう。

3着・ロワジャルダン
詰まる馬が多数出るぐらいの立ち回り戦の方が向いているため今回のようなレースも合った。タフさが問われるようなパサパサダートより時計が出る軽いダート向き。ベストは平坦コースの内枠か。

4着・リーゼントロック
使われて地力強化。1800mの軽いダートならOP特別や、やや弱いG3なら通用しそう。外枠向きで攻める競馬が合うことからもとにかくガムシャラな中谷騎手は合うのでしょう。


以下、今後に向けてのチェック馬✔︎

7着・タガノエスプレッソ
出遅れもあったがダートでは初距離で大事に乗られた形。詰まる不利などあったから脚が溜まったのか、この距離が向いていたかは微妙なところ。ただ感性で乗るジョッキーで昨年の福島記念(シャイニープリンスはその後穴を開ける)の事なんかを思うと次に繋がる競馬は出来たか。次走買ってみる価値はある。

8着・タムロミラクル
ディープインパクトぽい柔らかさがあるダート馬という印象。外枠合わず、内枠向き。オープン特別の内枠なら。

9着◯グレンツェント
斤量の分や休み明けもあったかもしれませんがそれにしてもあまりの内容でやや底が割れた感じか。今後王道でやっていくには、いくら58でもこのメンバーなら最低掲示板確保は必要でしょう。最後タムロミラクルに交わされているようでは…。次走次第で深追いは禁物かも。ただこの馬に関しては謎にフェブラリーを使わなかった事などでリズムが狂った印象で陣営の罪も深い。

10着△マイネルクロップ
前走もそうだったが手応えの割に伸びずはこの距離ではやや厳しくなってきているか。交流のもう少し長い距離ならどこかで穴をあけそう。

11着△ミツバ
オープンでやるには1800はやや短い。力は足りるが使う条件が難しい印象。

15着▲モンドクラッセ
厳しいペースになったが結果的に行ききらなかった事も大きそう。ここはノーカウント。


アンタレスステークスからは付き合い方次第で今後買える馬が多かった気もしますが、やはり勝ち馬のモルトベーネを今後1番の注目にあげておきたいと思います。


そして皐月賞からのダービー注目馬はこの馬⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

(19位ぐらいようです。お手数おかけしますが宜しくお願い致します!)


前回記事でも書いた通りレイデオロも悪くないと思いますし、勝ち馬のアルアインも枠順次第ではもう一発があってもという感じですが改めて注目したいのはこの馬。

ダービーの方が流れも向きそうで、例年通りの隊列になれば展開なんかも噛み合いそうなイメージはします。この負けで見限るのはまだ早い。


以上です!

では次記事からは展望へといきましょう!!

また宜しくお願い致します!

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット