おはようございます!


昨日に行われました東京スプリントは◎ブライトラインさんの2.3着付けと言う事で結果的に人気通り来てしまって跳ねませんでしたが、「最後来るけど、ちょっと届かない」が上手くハマった形となり久々に交流大当たりとなりました(涙)


(阪神・マテオのガッツポーズは毎度日本シリーズの優勝かと思うほど派手なのです。)

個人的には人気どころだけ重ね買いしてたのでまずまずのプラスで良い形に週末に入っていけそうです^ ^

三連単2.3着付けというのは最近は馬券の上手い方とかは結構取り入れられてますが(私はあまりそれをせずに多分馬券は下手です)、先日私もココには載せてなかったんですが軽く買っただけで良い思いがする事がありまして少し紹介したいと思うのですが。


4月8日の中山9R 野島崎特別

1着9トウカイシェーン 5人気
2着5クィーンズベスト 1人気
3着1ヤマニンバステト 8人気

三連複 6,820  三連単 55,470

という決着でした。

しもたー。ブログの推奨レースにしとけばよかったーとか後悔したんですが、まあそこは置いておいて。


と、まあクィーンズベストの2.3着付けと的中させていただきました。


本当にこんな馬券というのは、クィーンズベストも昨日のブライトラインもそうですが馬のキャラを把握して組み立てるものだと思いますし(共に勝ちきれないタイプですよね)、こういうところにもアナログ論を置いてこれからもやっていきたいなと思います。

1着の馬を当てるのはスカッとして気持ち良いですが必ずしもそれが正解ではなくて今は昔とちがって馬券の種類も沢山ありますし、1R1Rどういう買い方が合うのかとか考えて改めてやっていきたいなと思います。


と、真面目な始まりから書き出してみましたが「ターゲットになる馬」は沢山います^ ^

ぱぁっと思い浮かんだところでは現在1600万条件のハナズレジェンドなんかはそんな感じですし、1000万のグレイトチャーターとそうですし重賞で活躍するモンドインテロなんかもメンバー次第ではそういう馬券を楽しめそうな気はします!逆に人気はなくとも来るなら頭まで来るみたいなWin5タイプな全盛期のヒットザターゲットとかテイエムイナズマとかも居ますしね。

またそういったレースも推奨していければと思いますし、是非週末も沢山のご来場をお待ちしております^ ^

また宜しくお願い致します!


というわけで長くなりましたが本題へといきましょう!


ー福島牝馬S 2017 展望ー

【過去の傾向】

〈2016年〉16頭 良
1着8マコトブリジャール 父ストーミングホーム
2着16シャルール 父ゼンノロブロイ
3着3オツウ 父ハーツクライ

〈2015年〉16頭 良
1着6スイートサルサ 父デュランダル
2着12リラヴァティ 父ゼンノロブロイ
3着1メイショウスザンナ 父アグネスデジタル

〈2014年〉16頭 良
1着6ケイアイエレガント 父キングカメハメハ
2着7キャトルフィーユ 父ディープインパクト
3着14フィロパトール 父ジャングルポケット

〈2013年〉15頭 良
1着6オールザットジャズ 父タニノギムレット
2着10マイネイサベル 父テレグノシス
3着5ピュアブリーゼ 父モンズン

〈2012年〉16頭 良
1着3オールザットジャズ 父タニノギムレット
2着2コスモネモシン 父ゼンノロブロイ
3着10アカンサス 父フジキセキ

今更の説明にはなってしまいますが、

軽い坂スタートとなるこのコースは、たっぷりとスタート後に先行争い出来ない事からも外枠不利になりがち。小回り特有のコースといった感じで、外枠の中団差し、追込み馬にとっては不利はレースとなりがちな印象です。

外枠で来れる馬となるとメンバー中で力が一枚抜けているような馬と、先行力がある馬といった印象で良いのではないでしょうか。だからといって極端な内枠が良いという訳ではなさそうで、その年にもよりますが外から先行する馬が居れば当然内枠の中団後方勢は押し込められる形にもなります。

今年も正直なところ枠の並びを見てみないと何とも言えないところはありますが、大体がハイペースにはなりにくい牝馬重賞でメンバーを見渡してもペースが流れて隊列が長くなることはやや考えにくいメンバー。(捲りまでは想定出来ませんが)

となるとやはり、ちょうど良い具合の内枠に越した事はないのではないでしょうか。そしてリピートレースではありますが、コロッと変わったようなメンバーなので今年はあまりそれを意識することはなさそう。

小回り適性は重要だと思うので、その適性とあとは枠や展開を重視するレースかなと思います。


【有力馬考察と予想オッズ】

クインズミラーグロ 2.8
武豊騎手騎乗でメンバー構成をみてもおそらくこの馬が一番人気でしょう。一時期の不振を脱出し戦法に幅が出た事からも内枠を引けば内をこなせるタイプにもなり安定感が出た。力は牝馬重賞なら元々常に安定して駆けれる能力はあったでしょうし今更強化したというわけではないですが、このメンバーなら再度好勝負可能でしょう。ただどちらかいえばもう1F欲しいのと、パワー型で他が嫌がるような急坂などあればプラスなタイプで福島とフィットするイメージはあまり無いか。

クロコスミア 6.2
小柄ながらも渋った馬場に強いタイプで前走は最大限条件が向いた中での好走。前走出したことで今回は溜める競馬はしないとは思いますので同型との兼ね合いが鍵か。引かずに行ききった方が良いタイプで主張できる枠が欲しい。

ウインファビラス 6.9
京都牝馬Sの回顧で、
直線入り口で勝ち馬に上手く内に押し込められ追い出し遅れ。難しいステイゴールド牝馬ではあるが今回はマイナスだったが馬体の成長もあり「終わった」ということは決してない。中間楽をさせずにプラス体重で出せる事が条件になるが阪神マイルのOP特別or中山牝馬なら反撃出来ていい。】と書いた馬。
願い叶って前走はプラス体重での出走となったがあくまでも中間楽をさせてのものだったのでそこまで意味があった訳ではなく…といった感じ。関西遠征が3度続いた2歳〜3歳春までで減り続けた馬体から一時は不振に陥った馬で、ステイゴールド牝馬の脆さも持ち合わせる馬といった感じです。今回の中間内容次第ですが、京都牝馬の疲れは未だ残るような調整をされているようなら好走は難しいのではないか。

フロンテアクイーン 8.0
前走はスローでの外枠追走が響いて力が出し切れず終わったという内容。若干1800mはギリギリ感がある気はしますが、小回りコース福島ならこなせても良い。極端な内枠すぎない内めの枠なら巻き返しが可能か。牝馬限定重賞ならやれるだけの地力は付けている感はある。

ロッカフラベイビー 9.5
前走の勝ち方も目立つものだったので上がり馬という枠でこの馬がそこそこ穴人気するかなといったイメージ。その前走は休み明けで若干余裕もある作りのなか鞍上の好立ち回りの好騎乗もあったにしてもなかなか強い勝ちっぷり。あまりスピード優先の競馬になると位置を落としてしまいそうで出番が無く終わる可能性もありますが、ある程度の位置でついて行ける流れになれば今年のメンバーなら馬券内の好走があっても不思議ではないか。


阪神牝馬ステークスを始め今年は牝馬重賞の路線もメンバーが充実していた印象もココはやや低調なメンバーといった感じで、波乱の目がなくはなさそう。


注目馬はこの馬でしょうか⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

(19位ぐらいのようです。お手数おかけしますが宜しくお願い致します!)

前走はハイレベルのレースの中前々で運んでバテず踏ん張った形。流れも向いた事は確かですが決してまぐれの好走ではなく力は付けているでしょう。2走前は距離不足と不利、3走前はハイペース強気にいってのもので見直す価値は多々ある。内めの枠で接客的な競馬なら一発の可能性も十分でしょう。


以上です^ ^


今日も良い天気ですね!週末まであと少し。ぼちぼち気合い入れて行きましょう!


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット