おはようございます!


オークスのCMはないのかよー!
と言いたくなるぐらいダービーのCMが流れてますね(^^;;

とはいえ、競馬の祭典!!
ですし仕方ないですよね^^

私的には今の木村カエラのCMは100点に近いです!

フルバージョンを皆さん見られてますかね??


前にも貼ったと思うんですが、実況が入ってじわじわ来る感じがとても良い。

夢の第11RのCMも断然フルが良いと思いますし、是非とも競馬中継の際にでもガンガンフルバージョンを流してほしいなと思う今日この頃です。

そのダービーの思い出なんかはやはり来週に書こうと思いますが今朝は少しダービーの馬券的にとてつもなく痛い思いをした思い出を書いてみたいと思います(涙)



この馬みただけで、「あー!!なるほど!笑」と思われた方も多いかもしれませんね。

そうです。

ペルーサです。

「青葉賞組は勝てない」なんて未だに言われてますがこの馬の青葉賞には常識を超えるだけのモノを感じてしまいまして、ダービーは◎ではなく◉を付けたぐらいでした( ̄◇ ̄;)

先日レッドディザイアの秋華賞の単勝の話をしましたが、よくよく考えればこの馬の単勝にも思い切っ切り放り込んでたなーというコトを思い出しました。。

長らく競馬をやっていますが勝負馬券を単勝とする事は少なく、G1となるとそれは尚更です。

それでもこの時と秋華賞のレッドディザイアは買ってみたかったんですよね。

まあこの時は内からエイシンフラッシュが抜けた時は膝からガクンと沈んでしまうぐらい負けた覚えがあります笑

オレノユキチーがとてつもない量飛んで行った記憶があります( ;  ; )

今思えばゼンノロブロイ産駒で藤沢厩舎で…ダービー…頭は危ない馬だったんですが、その時は分からんものでした。

あれから早くも7年。

今年のダービーは馬券的にも楽しめるレースにもなりそうですし爽快に的中といきたいですな!!

なお今年は府中へは行けなそうなのでマイホーム淀にでも行ってゆっくり観戦したいと思います。

それでは先行してその日本ダービーの穴で面白そうな馬を書いておきたいと思います^^


日本ダービー 2017
穴馬はこの馬だ⬇︎ ⬇︎


中央競馬ランキングへ
(19位ぐらいのようです。お手数おかけしますが宜しくお願い致します!)

この馬の走法からもあまり内すぎるのも嫌ですが外はもちろん良くない感じ。出来れば3〜9番枠ぐらいでゲートインしたいところですね。飛び抜けて強い馬も居ませんし、今年のメンバーならこの馬でも十分足りて良い。


ー平安ステークス 2017 展望ー

【過去の傾向

《2016年》15頭 良
1着14アスカノロマン 父アグネスデジタル
2着11クリノスターオー 父アドマイヤボス
3着6クリソライト 父ゴールドアリュール

《2015年》16頭 良
1着1インカンテーション 父シニスターミニスター
2着11クリノスターオー 父アドマイヤボス
3着12ローマンレジェンド 父スペシャルウィーク

《2014年》16頭 良
1着10クリノスターオー 父アドマイヤボス
2着6ソロル 父シンボリクリスエス
3着16ワイルドラッシュ 父ゴーストザッパー

《2013年》16頭 良
1着1ニホンピロアワーズ 父ホワイトマズル
2着7ナイスミーチュー 父キングカメハメハ
3着6ナムラタイタン 父サウスヴィグラス

(2013年より開催時期がこの時期になっているため参考は4年分)

京都の中距離ダート重賞というのは特徴が結構出やすいですかね。

秋のみやこステークスでは謎に内枠有利が毎年発生していますし、このレースに至っては完全先行馬が有利な傾向にあるといっても良さそう。

中団後方勢は外外追走から直線は大外ぶんまわしというのは厳しい印象で、立ち回りが良い馬ではないとキツいというのが傾向。

おそらくコレだけ前が止まらないような現象は、この時期気温がグッと上がってきてダートがパサパサになってくるから(過去4年全てが良馬場)と、単にダートの王道でもある脚質の先行馬に強い馬が居たからというのがありそう。

ただ今年のメンバーは混戦で尚且つ先行馬が多数揃ったという印象を受けます。スタートから出して行って「行ききる」馬はロスなく立ち回れて良いとは思いますが、それを追っかける先行馬達は果たしてどうなるかな??

というのが出馬表をぱぁっと見ての印象。

そんなことからも好枠さえ引ければロスなく回って来れて立ち回りも良さそうなタガノエスプレッソを取り上げた経緯。

枠の並びを見てレースを想定したいと思いますが、ハイペースでも振り切れるような強い先行馬はこのレースに限らず現状のダート中距離路線には居ないと思っていますし、個人的には今年の平安ステークスは過去の傾向をあまり重要視しすぎないようにしたいと思っています。

その過去の傾向を参考にするならば今回に至っては展開より血統。

平安ステークス自体は1900mですが、どちらかいえば1400mなんかのスピード勝負でも対応出来る岳の種牡馬も活躍していますしスタミナ<スピード型が良いかなといった感じです。


【有力馬考察と予想オッズ】

グレンツェント 3.1
前走の回顧より。
「斤量の分や休み明けもあったかもしれませんがそれにしてもあまりの内容でやや底が割れた感じか。今後王道でやっていくには、いくら58でもこのメンバーなら最低掲示板確保は必要でしょう。最後タムロミラクルに交わされているようでは…。次走次第で深追いは禁物かも。ただこの馬に関しては謎にフェブラリーを使わなかった事などでリズムが狂った印象で陣営の罪も深い。」
前走はいくら58キロを背負ったからといっても何もない内容で負けすぎの印象。能力だけならメンバー中トップといっても良さそうではあるが、デビュー当初はネオユニ産駒らしく難しさもあった馬で、大敗後はやや買いにくくなったなという感じ。ダート馬にしては馬格がない馬にも関わらず前走は間が開いてるのに減らしていた事も気になるところ。展開的には向きそうな気はしますが果たして。

グレイトパール 3.4
ダート使われるようになって4連勝。その内容はどれも強い内容で重賞でも通用するだけの馬でしょう。タフな流れにも強そうなタイプで流れが厳しくなっても対応可能。ここはチャレンジャーの立場であくまでも試金石の意味合い強そうだが好勝負になって良さそう。不安点を上げるとすれば内枠は引きたくないか。

ケイティブレイブ 5.2
メインが交流重賞なので地味な印象も明け4歳のこの路線では上位の力がある馬。古馬となってからの3戦は、川崎記念は行かず(行けず?)しての負けではあるし、フェブラリーSは流れや条件を考えれば負けて強しともとれるもので、前走はトップハンデでも強気に出して行っての楽勝。能力だけならココでも好勝負でしょう。しかし今回は展開がポイントになりそうで一応はハナ宣言をしているようですが、先述した川崎記念の武豊騎手のコメント「パサパサ馬場でスタートからいつもと違って進んでくれなかった」(そんなニュアンス)が思い出される。行ききれば例えハイペースでも馬券内は可能だとは思うが、今回もいくら川崎と京都は違うといえど良馬場のパサパサダートになりそうなので…。

アスカノロマン 9.6
昨年前半〜中頃までが出来すぎただけで近走の成績がこの馬本来のモノかなといった感じ。このレースは昨年に強い勝ち方をしたレースではあるがややピークが過ぎた感じもして前年だけのパフォーマンスを望むのは酷か。まだ完全に世代交代が行われていないだけに上手くいけば好勝負になるかもしれないが、そのためには気分良く走らせることがポイントになる。外枠欲しい。

クリソライト 10.3
ダイオライト記念三連覇は相手に恵まれたとはいえ見事なものだったが中央のスピード寄りのダートになるとパフォーマンスを落とすの毎度のこと。昨年は行けずしてと3着と地力は見せたが、一度中央ダートを叩き台にした事もプラスになった可能性もある。外外スムーズな競馬が叶えばそれなりにはやれそうだが、特別使う番組がないためにココを使ってきた感もあって勝負度も他と比べてもやや薄いか。


以上です!


今日も良い天気ですね^^

熱い熱い時期の競馬が開幕するまであと1日。

今日1日元気に乗り切って週末へと入っていきましょう!!

応援クリックの方も宜しくお願い致します⬇︎ ⬇︎



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット