お疲れ様です!!

こんばんは、BOSS猿です。

こちら関西は「今日も」激しく夕立に襲われております(^^;;

今晩はフリーで相方さんと美味いレストランでも行こうかとひと月前から予約していたんですが、無意識のうちか土曜日の予約をしていた模様。。何時に予約したかなーと確認の電話をしたら、「◯◯様は土曜日に予約されておられます。今日は満席です。」との事。

店に着いてからそれを知るのと行く前ではえらい違いますのでとりあえずそれは良かったなとは思うのですが、こうなると外食への熱は更に高鳴ります。

イタリアンは諦めて、今日はサクッと美味い天ぷらでも食べてこようと思います(^ ^)



もちろん、愛するランディーメッセンジャーの好投を気にしつつ。


では本題へといきましょう!!


ーエルムステークス2017 展望ー

【過去の傾向】

《2016年》12頭 良
1着4リッカルド(2)父フサイチリシャール
2着12クリノスターオー(2)父アドマイヤボス
3着11モンドクラッセ(1)父アグネスデジタル

《2015年》13頭 稍重
1着4ジェベルムーサ(1)父アグネスタキオン
2着5グレープブランデー(3)父マンハッタンカフェ
3着8エーシンモアオバー(2)父マンハッタンカフェ

《2014年》13頭 不良
1着8ローマンレジェンド(2)父スペシャルウィーク
2着10クリノスターオー(1)父アドマイヤボス
3着12インカンテーション(3)父シニスターミニスター

《2013年》13頭 重
1着12フリートストリート(2)父ストリートセンス
2着6エーシンモアオバー(1)父マンハッタンカフェ
3着2ブライトライン(3)父フジキセキ

《2012年》11頭 良
1着5ローマンレジェンド(2)父スペシャルウィーク
2着11エスポワールシチー(2)父ゴールドアリュール
3着8グランドシチー(11)父キングカメハメハ

※()内は4角通過位置。

昨年のこのレースの展望でも書いていた記憶がありますが、このレースはとにかく4角までで勝負が決まるといっても良いようなレース。

過去5年を見ても、4角3番手以内にいる馬がほぼ1〜3着を独占しており逃げようが後方から捲ろうが何れにしても勝負所で前に取り付いていれば勝負になるレース。

じゃあ、「とりあえず力が足らない馬でも4角で前に居れば勝負になる。」私の書き方ではこの解釈をもたれるかもしれませんが決してそうではありません。

函館よりかはゆったりしているイメージがあるにしても何と言っても札幌の1700mダートも小回りコース。大箱コースのようにスローで流れてそのまま流れ込むみたいな事はこのクラスのこのコースでは結構少ない。

というのはやはり力上位馬や小回り適性が高い馬は大箱コースよりも早く仕掛けてくるからで、そうなれば当然力不足の先行馬は苦しくなります。

といったことからもこのエルムステークスというレースは、4角での位置はもちろん重要ですが、単に先行出来る馬を買うのではなく能力とコース適性の見極めが大事なレースなのではないかと思います。

注目馬はやはり断然人気でもテイエムジンソクでしょう。コース自体は初めてになりますが、小回りになんの問題もなく行って良し控えて良し。普通の状態で出てこればまず好勝負になるのではないでしょうか。

問題は相手と現時点では見ていますが、一頭人気的にも面白そうな穴馬がいるので取り上げたいと思います。


エルムステークス2017の穴候補は!?

(26位ぐらいのようです。お手数おかけしますが宜しくお願い致します!)

さすがに前走の勝ち馬との差を逆転までは難しいだろうが、近走の内容を思えば前走は復調が見えた。コース適性の高さは言うまでもなさそうで、内枠で相手に合わせず自分の形で仕掛けられれば前進があって良い。


【有力馬考察】

テイエムジンソク 1.5
この馬の見解は先述通り。どこで仕掛けるかでレース展開が変わってきそう。「逃げたい馬」はいるが、ココへ出て来ている「本来は逃げ馬」はテンに速いタイプは特別居らず今回もこの馬が堂々先頭で競馬を進めそうな気がします。相手にも恵まれた今回は重賞制覇のチャンスか。

ピオネロ 9.0
正直これくらいの人気の時のルメール騎手は怖いとは思いますが、距離短縮・コース替わり云々含め騎手以外特別強調できる材料が無いのが事実。今年のメンバーならある程度格好も付けられそうな気はするが紐まで。馬場が渋れば評価を上げたい。

ロンドンタウン 9.8
前走は位置をとっての競馬は出来たもののハイペース外追走で脚を使わされたもので見直しは可能な一戦。このメンバーなら能力自体は上位。決して乗りやすいタイプでは無いだけにテン乗りがどう出るかになるが、岩田騎手とは手が合わないタイプではなさそうで巻き返しは可能か。

クリノスターオー 14.4
コーナーが上手くない馬で、何れにしても勝負所のコーナーで他より遅くなってしまうので後続にどれだけリードをつけて最終コーナーに入るのかがポイントの馬。理想はハナ。さすがに全盛期の力はないでしょうが、とにかく行き切れれば今年のメンバーなら粘り込みがあっても良さそう。「ハナにこだわる」のような陣営コメントが欲しいところ。


以上です。


改めて、エルムステークス2017の穴馬はこの馬⬇︎⬇︎

もう今晩からお盆休みという方が多いですかね??

お盆中の車での移動を考えていらっしゃる方はくれぐれも事故には注意して楽しいお盆休みを過ごして下さい^ ^

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット