お疲れ様です!

引き続きいきましょう。


◆関屋記念2017 予想◆

秋の大舞台へと繋がるかはさておき、世代レベル高い4歳勢が中距離やマイル各路線へと散らばった事もあり今年は前半からG3クラスのレースであっても好メンバーのレースが多く見られたが、ココもそういったメンバーで真夏とはいえ例年に比べメンバーレベルが高いといえそうな今年の関屋記念。

そしてマルターズアポジー、ウインガニオンにマイネルハニーなど先行馬もしっかり揃っておりペースは緩む事はなさそうで地力が問われるレースとなるはず。更に新潟は雨に叩かれたやや重い馬場となれば問われるのは単純な瞬発力ではなくパワーと持続力ある末脚だろう。

本命はメートルダール
週初めから推していた馬だがブレずこの馬から入りたい。初のマイル戦の前走は疑いをかけてみたが、スローを嫌ってジョッキーの判断で早めに動いて押し切るという強い内容。着差は僅かだったがレース全体を見れば着差以上の完勝と言えるもの。再度昇級での重賞挑戦となるが、まず隊列が延びそうというメンバー構成はこの馬にとって良さそうで極端な瞬発力を求められなそうなのも良い。走りを見返しても今の新潟にフィットしそうな感があり、やや内めの枠とはなったがデムーロ騎手なら直線進路を確保して持ち味を引き出してくれるはず。勝ち負けまで持ち込むとみる。

対抗はこの馬。

(30位ぐらいのようです。お手数おかけしますが宜しくお願い致します!)

この馬にとってもマルターズアポジーが引っ張るであろうミドル以上のペースで極端にキレが問われないことはプラスになるはず。追える鞍上とは手が合いそうで仕掛けどころ次第で好勝負に持ち込める。

3番手はロードクエスト

折り合い云々を考えるともう1F短いところの荒れ馬場がベストな気はするが、能力上位で嫌う存在ではない。雨に叩かれた馬場はプラス。スムーズに折り合って直線を迎えれば。

ダノンリバティはココが大目標。極端にペースが速くなり位置取りが後ろ過ぎると都合は悪いがある程度の位置さえキープ出来れば前走から前進はありそう。

目に見えない疲れは心配だが、こういった展開を想定する限りは切れないブラックムーン、現状の力が把握しにくいが以前の力が衰えてなければでダノンプラチナ、テンが遅いだけに外枠はプラスになるであろうウインガニオンが続き、あくまでも抑えでクラリティスカイそしてマルターズアポジーを抑えておきたい。


◎6メートルダール
◯ランキング【関屋記念 対抗】
▲14ロードクエスト
☆10ダノンリバティ
△12ブラックムーン
△1ダノンプラチナ
△15ウインガニオン
✖︎9クラリティスカイ
✖︎3マルターズアポジー

《◎ー△迄に馬連 ◎ー◯▲ー印へ三連複 》

以上です!

それでは後半も楽しみましょう!

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット