改めましてこんばんは。

BOSS猿です。

先ほど行われましたブリダーズゴールドカップは1着◯マイティティー2着◎クイーンマンボ3着△オージャイトで決着。

推奨の馬連は3点で本線的中となりましたが、気持ちとしては三連単欲しかったですね。買い方下手で申し訳ないです。

しかしとりあえず勢いを持って週末へと入っていけそうですし、札幌記念と北九州記念週の今週は予告通り祭り週に出来るように頑張ります(^ ^)

また週末も応援宜しくお願い致します!


ー札幌記念2017 展望ー

【過去の傾向】

《2016年》16頭 稍重
1着13ネオリアリズム父ネオユニヴァース
2着15モーリス父スクリーンヒーロー
3着2レインボーライン父ステイゴールド

《2015年》15頭 良
1着11ディサイファ父ディープインパクト
2着5ヒットザターゲット父キングカメハメハ
3着4ダービーフィズ父ジャングルポケット

《2014年》14頭 良
1着8ハープスター父ディープインパクト
2着5ゴールドシップ父ステイゴールド
3着10ホエールキャプチャ父クロフネ

《2013年》16頭 重
※函館競馬場での開催
1着14トウケイヘイロー父ゴールドヘイロー
2着13アスカクリチャン父スターリングローズ
3着8アンコイルド父ジャイアンツコーズウェイ

《2012年》14頭 良
1着5フミノイマージン父マンハッタンカフェ
2着4ダークシャドウ父ダンスインザダーク
3着3ヒルノダムール父マンハッタンカフェ


昨年の覇者ネオリアリズムの回避でG1馬は不在というメンバーにはなりましたが、G1でも好勝負になる馬が数頭居て夏のスーパーG2としてはまずまずメンバーが揃ったと言えそう。

特別強い傾向があるレースではなく適性や血統よりも地力が問われると見て良さそうな気はしますが、唯一能力差を逆転出来る材料を取り上げるなら先行力と立ち回りでしょうか。

決して断然先行馬有利というレースではないですが、直線大外一気が決まるレースというよりかは4角では勝負圏内に居て、ロスなく立ち回って早め抜け出しから押し切りを狙うという馬が好走するイメージ。

2014年のハープスター、ゴールドシップはさすがに二頭の能力が抜けていて先行馬が飲み込まれるというレースになりましたが、今年のメンバーでそこまで最終コーナーで押し上げて直線入り口では堂々先頭で…という馬は居ないのではないでしょうか。(メンバーレベルが弱いというよりかは力が拮抗しているイメージ。)

人気はヤマカツエース、エアスピネル、マウントロブソンにサウンズオブアース。4頭共に実績は十分ですが、スーッと4角先頭のような捲りきれるレースが出来るかといえばそれはそれで疑問。


と、考えるとこの二頭は甲乙つけ難いですが絶対に無視出来ない二頭となるのではないでしょうか。

札幌記念2017の穴候補は!?
(19位ぐらいのようです。お手数をおかけしますが宜しくお願い致します!)

私は基本縦目は抑えませんので本命馬が来ないと取れないという馬券を買いますが、このレースに至っては正直この二頭どちらも本命を付けたい現時点での見解です。月曜時点で注目馬として挙げたマウントロブソンはおそらくモレイラ騎手なら位置を取るだろうということでの注目馬でした。枠を見てみないとレースイメージはまだ湧いてきませんが、今回の二頭のうちのどちらかかそれとも先に取り上げたマウントロブソンか、現時点ではこの三頭のどの馬かに本命を打ち、夏の大一番をしっかり的中させたいと思います(^ ^)


【有力馬考察】

ヤマカツエース 3.2
ズバ抜けている訳ではないが、ここ2戦の内容を見返してもまともな状態ならこのメンバーなら能力はおそらくトップ。本格化ムードの今年のこの馬なら昨年(5着)よりも一昨年(4着)よりも着順を上げてくる可能性は高いでしょう。ただ夏場にガタンと馬体重を落としがちになるこの馬を陣営はどこまで仕上げて来るかといったところ。セーブしすぎた状態で勝ち負けになるほど他が弱い訳ではない。

エアスピネル 3.6
前走安田記念でも本命にしたように能力は高く評価している馬でマイルよりも切れ味問われないであろう距離延長はむしろ歓迎ではあるだろうが正直この中距離でルメール騎手に乗り替わるメリットがあるかと言われると疑問。決してデメリットがある訳でもないが、鞍上チェンジでスカッと勝ち切れるタイプかとなると果たしてどうか。強気に乗れば掲示板は外さないでしょうが。

マウントロブソン 4.0
勝負所のズブさなんかは目立つ馬ではあるが決してテンからズブい馬ではなく、この鞍上なら(モレイラ騎手)枠次第ではある程度の位置を取っての競馬をしてくるのではないだろうか。決してペースを緩めて進める事はないであろう二頭の先行馬が居るメンバー構成はこの馬にとっては好材料。理想はそれに更にタフさが問われるような急坂があるようなコースでしょうが、時計が速いとはいえ洋芝の札幌馬場は雰囲気的には合いそう。内枠からスムーズにレースを進められればG2でも好勝負になる。

サウンズオブアース 9.3
6歳にして意外にも初の札幌記念挑戦となる。血統面云々を考えても決して合わない条件ではないでしょうが、やはり今となって初の夏場使いと言うのは気になるところ。海外帰り初戦から無理をする鞍上(横山典騎手)という訳でもなく個人的には軸には出来ないかなという一頭で紐まで。


以上です!!


改めて、札幌記念2017の注目馬はマウントロブソンとこの二頭⬇︎⬇︎

夏の大一番、仕留めましょう(^ ^)

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット