皆さん、週末はお疲れ様でした!!

おはようございます!

BOSS猿です。


昨日は朝の記事通りに今季最後の海水浴に行きまして、帰りは海鮮丼を食べて帰ってきました(^ ^)


もちろん競馬を見つつだったのですが、平場でポンポンと積んだ後…両重賞でコケてしまうという最近のトレンド。

北九州記念はともかく札幌記念はそこそこ気合いが入ってまして、◎ロードヴァンドールもやる事はやってくれての負けだったので仕方ないのですが。

「まあ今週あたりはヤリよるやろ」と、期待して見に来ていただた皆様に申し訳ない!!

すいませんでした!

昨日のレース終了後にツイッターの方でも書きましたが、開催後半の馬場の方が個人的には予想を組み立てやすいですし夏競馬残り2週は【このまま夏を終わらせてたまるか!!怒りの反撃〜重賞版〜】に期待していただけたらなと思います。(小さな小さな野外フェスのタイトルのようですが。)


というわけで、いつもの月曜らしいプチ回顧に入っていきたいと思うのですが。

と、その前にこの土日は話題の新馬戦も結構あって数頭目立つ馬も居ました。
ちょっと今週は時間が出来そうなので溜まっている新馬回顧もズラッと書き上げたいと思っているのですが、その記事の前に取り上げておきたい馬を紹介させていただきます。

今週末に行われますキーンランドカップ2017の注目馬と共に紹介します。

キーンランドカップ2017の注目馬と、この土日の新馬戦で一番目立っていた馬はこの馬⬇︎⬇︎

(19位ぐらいのようです。週末は沢山の応援ありがとうございました。お手数おかけしますが、今週も宜しくお願い致します!!)

キーンランドカップ2017の注目馬・・・少々折り合いを欠こうが内で包まれてストレスのかかる競馬より外からの追走がベスト。ゆえに外枠が良い。一度崩れたこの父の産駒を立て直すのは簡単ではなさそうだが、ベスト条件のココは追ってみたい。

注目新馬・・・2歳馬らしい若さもあるが素質は高く映った。順調にいけば暮れのG1〜来年のクラシックに乗ってくる馬ではないでしょうか。


【札幌記念】

1着☆サクラアンプルール
2着・ナリタハリケーン
3着▲ヤマカツエース
…6着◎ロードヴァンドール

それなりに有力所は揃ったといったメンバーでしたが、昨年やハープスターの年なんかと比較するとまずまずまずまずというメンバー。

終わってみれば実績馬(人気馬)ではなく函館記念着外組のワンツー決着。3着ヤマカツエースは強気に乗ったという内容でしたが、結果1→2→3という馬番で決着した通りで道中は内をロスなく回り勝負所でスムーズに外へと進路を取った馬が上位に来るという結末でした。

まず勝ったサクラアンプルール。予想文に前走とは条件好転・2ターンレースで内枠生かす形がベストとお書きしましたが、正直突き抜けるまでは想像していませんでした。エアスピネルやヤマカツエースが直線で伸びあぐねているところ、蛯名騎手のやや早仕掛けによってエンジン全開で直線に入ったこの馬が豪快に差し切るという内容。ジョッキーのコース適性と馬の適性がマッチしたように映りました。昨年の今頃は準オープンだった馬が1年でスーパーG2を制すようになるのだから地力が強化しているのでしょう。ただ、この馬に関しては好走には条件が付いて来る馬です。もうワンランク上の馬相手に天皇賞・秋やJCなんかで活躍するイメージは正直湧かないかなといった感じ。来年の大阪杯までにもうひと成長出来るかといったところでしょうか。

2着ナリタハリケーンは8歳にして再度芝を使われこの夏目立つ活躍を見せています。ジョッキーもレース後のコメントで洋芝適性を語っていたように余程北海道の芝が合うのでしょう。中央場所に戻って注意は必要な一頭とはなりますが、もしもまた一発あるとすれば距離を思い切って延長した時ではないでしょうか。2000mで一線級とやり合うにはやや苦しい。

3着ヤマカツエースは実績を思えば物足りない内容でしたが、秋へ向けてのレースで、出して行ってのものでしたし悲観するものではない。問題なのは2番人気で5着となったエアスピネルでしょうか。展望時に「ルメール騎手に乗り替わるメリットが????」というニュアンスの事をお書きしましたが、溜めてどうこうの馬ではないだけにルメール騎手は最大限出来る事はやったと思います。折り合いを欠いた&外枠だったからにしても非常に物足りない内容で陣営は秋のローテーションに悩むこととなりそう。成長力もそうですが、活躍の場が今後多くはなさそうだなと映ったレースでした。


昨年の札幌記念は、1着ネオリアリズム(その後マイルCS3着、海外G1制覇)、2着モーリス(天皇賞・秋1着、香港カップ1着)、3着レインボーライン(菊花賞2着)、4着ヌーヴォレコルト(海外重賞制覇)、5着ヤマカツエース(有馬記念4着にG2二勝)とハイレベル戦の出世レースとなりましたが果たして今年は!?


一応、何回も見返しましたが今後に向けての注目馬というのは4着のサウンズオブアース(横山典騎手継続騎乗なら3勝目の可能性もある。)ぐらいで他は、、、というレース。

良い意味で期待を裏切る馬が出てきてほしいなとは思いますが、G1昇格云々を言われるレースにしては私の中では物足りないレースでした。

※長くなったので北九州記念に関しては重賞回顧でしっかり触れます。


さて、その札幌記念が終わり夏競馬は終盤戦。

先述通り、もちろん馬券は頑張りたいと思いますが。夏にメキメキ力を付けた馬が活躍し、秋へ希望が見えるようなレースを見れることもイチ競馬ファンとして期待したいと思います(^ ^)


月曜朝から長めの記事にお付き合いありがとうございました!

改めて、キーンランドカップの注目馬と勝ちっぷりが良かった新馬はこの馬⬇︎⬇︎

それでは今週もお時間許す限り、お付き合い宜しくお願い致します!!

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット