おはようございます!


天気良く素晴らしい日の朝を迎えたこちら関西ですがそれも今日まで。

週末にかけて明日からはどんよりした天気が続くようです。

秋華賞当日はどんな馬場になっているかと不安になりつつも今からそんな事を心配しても仕方ないですね!

しかし暑い。

夏が戻って来たかのような暑さで夜はひんやり。

夏は好きですが、秋に暑いのはあんまり要りまへん。

皆様も体調管理をしっかりしていただいて、お互い良い週末を迎えましょう!


という訳で、展望へと参ります!


ー府中牝馬S2017 展望ー

【登録馬と上位5頭予想オッズ】

アスカビレン54松田
アドマイヤリード56戸崎 7.0
ヴィブロス56ルメール 2.8
キンショーユキヒメ54内田
クインズミラーグロ54武豊 9.6
クイーンズリング54デムーロ 3.5
クロコスミア54岩田 10.5
ゲッカコウ54柴田大
デンコウアンジュ54蛯名
トーセンビクトリー54福永
ハッピーユニバンス54津村
バンゴール54柴山
ミスパンテール52ー
リエノテソーロ52ー
レーヌドブリエ54ー
ロッカフラベイビー54三浦
ワンブレスアウェイ54田辺


【過去の傾向】

《2016年》13頭 良
1着13クイーンズリング父マンハッタンカフェ
2着1マジックタイム父ハーツクライ
3着6スマートレイアー父ディープインパクト

《2015年》17頭 稍重
1着15ノボリディアーナ父フレンチデピュティ
2着4スマートレイアー父ディープインパクト
3着17カフェブリリアント父ブラインズタイム

《2014年》13頭 良
1着5ディアデラマドレ父キングカメハメハ
2着3スマートレイアー父ディープインパクト
3着12ホエールキャプチャ父クロフネ

《2013年》13頭 良
1着11ホエールキャプチャ父クロフネ
2着13ドナウブルー父ディープインパクト
3着3スイートサルサ父デュランダル

《2012年》17頭 良
1着14マイネイサベル父テレグノシス
2着8スマートシルエット父ファルブラヴ
3着11ドナウブルー父ディープインパクト


エリザベス女王杯またはマイルCSへ向けて有力牝馬が秋始動の一戦。

もう過去の傾向を見て明らかに言える事は、とにかくリピートレースであるという事。(12年スマートシルエットは10年もこのレースで3着と好走)

もうこの事からも非根幹距離を得意としている去年の覇者・クイーンズリングは切っても切れないなかということは頭に入れておいた方が良いでしょう。

休み明けでも決して嫌ってはいけない人気馬となるのではないでしょうか。

あとこのレースの特徴として挙げるとすれば外枠優勢で差し馬優勢

明日から週末まで東西共にすっきりしない天気が続くようです。先週の傾向を見ても、やはり近年の雨の東京芝コースは特有の外枠有利・差し馬有利の馬場が出来上がっていたように思いますし、水分を含めばなおさらその傾向は強くなるように思います。

仮に良馬場となった場合、過去5年で馬場状態が稍重だった2015年を除けば残り4年の上がり3F平均は33.7秒を記録しているレースです。

牝馬重賞らしく前半スローからの決め手比べとなりがちで、G1クラスで通用するほどの末脚を持つ馬は実力通り走るケースが多いと言えそう。

瞬発力勝負はどちらか言えば苦手で、、という馬には辛いレースになるかもしれません。

そしてこういった事からもココぞとばかりに走ってくるのがやはりディープインパクト産駒

先週の毎日王冠でも1.2.3着を独占したように、東京1800mはディープの庭。

今年で言えばドバイターフを制したヴィブロスが人気を背負って出てくることとなりそうで、小柄牝馬で斤量は気になるところですが過去の傾向から言えばこちらも嫌う人気馬ではないのかなと思います。


【展開予想】

※今週からG1連チャンで有力馬考察はG1の全頭考察のみとさせていただく代わりといってはなんですが、この展開予想を取り入れたいと思います。


ゲッカコウが丹内騎手なら積極策も考えられましたが、柴田大騎手ならそこまで積極策を取るとは思えずでクロコスミアがペースを握ることとなるでしょう。

岩田騎手の逃げはまずペースを上げての逃げは考えにくくおそらくはスロー。それに馬場が悪化するならば、最近の雨の東京芝を理解している岩田騎手は内ピッタリを回ることはあまり考えにくく、馬場が悪化すればするほど更にゆったりと流れるのではないでしょうか。

先述のG1馬二頭+アドマイヤリードを含む人気馬三頭は後半に脚を使いたいタイプでスムーズに外へと進路を取れればいくらスローとなれどしっかりと差しては来るでしょう。

ただ、多頭数の団子レースとなればスムーズに捌けない不安も出てきます。

能力差があるレースなので大波乱とまでは考えにくいかと思いますが、とにかく人気どころに関してはスムーズに捌けるかどうか。

ある程度脚質に自在性があってパワー馬場になったとしても苦にしないであろう外枠の差し馬、好位差し出来る馬を買いたいレースかなと今のところ考えております。


ココで現時点での本命候補を二頭挙げておきます。


一頭目はクイーンズリングです。

デムーロ騎手が完全に手の内に入れている馬で戦法は自在。阪神牝馬で負けているとはいえ泥んこ馬場にでもならない限りパワー馬場はこなせると思います。しかし、戦法自在とはいえ決して器用なタイプではないので外枠が欲しいか。


二頭目はこの馬!!
(24位ぐらいのようです。お手数おかけしますが宜しくお願い致します!)

こちらも馬場不問。鞍上の道悪不安はあるので内中なんかを突いての追い比べとなれば苦しいかも分かりませんがスムーズに外に出せればメンバー強化でも東京1800mならやれて良い。


以上です(^^)

どうだったでしょう??

とりあえずG1以外の重賞展望はこういった形でやっていこうと思います。


それでは《もう水曜日》ですが、気合い入れていったりましょう。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット