おはようございます。

寒い朝です。


昨晩行われましたクイーン賞は堅めながらも◎◯▲の印通りの本線決着。レース一時間前に更新という遅めの更新になったぶん結果を残せて良かったと思います。(夕方には更新しようと思ってましたが、ここ3日分の船橋のレース映像見てたら当日分あと2レースというところで寝休憩に入っちゃいました。)


とにもかくにも良い形で週末へと入っていけそうですし、今週は平場・特別レースだけではなく重賞・G1をかっさらいたいですね。


そして日曜は中央競馬+香港国際競争が行われます。


今年の海外馬券に関しては、

【凱旋門賞】
1着◯エネイブル 1人気
2着◎クロスオブスターズ 8人気
3着▲ユリシーズ 5人気


【ベルモントステークス】
1着◯タップリット 2人気
2着◎アイリッシュウォークライ 1人気
3着△パッチ 8人気


【ドバイターフ】
1着◎ヴィブロス 5人気
2着✖︎エシェム 7人気
3着△リブチェスター 2人気


【ドバイシーマクラシック】
1着☆ジャックホブス 2人気
2着◎セブンスヘブン 5人気
3着▲ポストポンド 1人気


と、相性が良いですし香港国際競争も4レース共ガツンとやってやろうと意気込んでるところです。


まず始めに、最も期待を賭けたい日本馬と最も勝負したい馬はどのレースのどの馬かを書いておきたいと思います。


香港期待の二頭!!!


その二頭はこちらから⬇︎⬇︎⬇︎




ー香港国際競争2017プチ展望ー

【香港ヴァーズ 芝2400m】
発走時間→日本時間15:00

出走予定馬→(香)イーグルウェイ、(日)キセキ、(英)ケミカルチャージ、(香)ゴールドマウント、(英)スマートコール、(仏)タリスマニック、(仏)ティベリアン、(英)デインヒルコディアック、(日)トーセンバジル、(愛)ハイランドリール、(香)ヘレンカリズマ、(愛)マックスダイナマイト


※ポイント→昨年は凱旋門賞2着→BCターフ1着と完全に格上の立場だった良馬場巧者ハイランドリールを日本のサトノクラウンが差し切ったレース。もちろんサトノクラウンも世界クラスの馬だとは思っていますが、国内好走時のクラウンのパフォーマンスを考えると、シャティンの2400mというのは相当にタフな条件と考えて間違いないでしょう。

血統的にはそのハイランドリールも含みますが、とにかくデインヒル持ちの馬が好走するレースです。

好走ローテや好走国は2014年は地元・香港勢の好走もありましたが、基本凱旋門賞やBCターフ経由のヨーロッパ系の馬が好走するレースと考えて良さそう。

今年はBCターフを制したタリスマニックが参戦。人気は、このタリスマニック、ハイランドリール、そして日本のキセキが人気になるでしょう。

強いヨーロッパ勢に日本馬がどれだけ食らいつけるかというレースになるのではないでしょうか。


【香港スプリント 芝1200m】
発走時間→日本時間15:40

出走予定馬→(香)アメージングキッス、(仏)サインズオブブレッシング、(香)ザウィザードオブオズ、(英)ザティンマン、(仏)ザライトマン、(米)ストーミーリベラル、(香)ディービーピン、(香)ノットリスニントゥーミー、(香)ブリザード、(香)ペニアフォビア、(香)ミスタースタニング、(香)ラッキーバブルス、(日)レッツゴードンキ、(日)ワンスインナムーン


※ポイント→ロードカナロアの連覇、ストレイトガールの好走が過去5年以内にあって、「日本馬で足りるんちゃうん!?」と思われがちなレースですが、まずそんなに甘くはありません。地元・香港勢がスプリントとマイルに関しては意地とプライドをかけて全力で取りに来るレースで、今年もその香港勢が強いでしょう。

血統の面では香港ヴァーズより極端に偏った好走血統の例はないですが、とにかくリピーターが好走するレースです。

好走ローテは、「プレミアボウル」→「香港ジョッキークラブスプリント」→ココへというのが黄金ローテ。このローテーションでやってきた馬が活躍するレースではありますが、ジョッキークラブスプリントを勝ち、ここも連勝した馬というのはジョッキークラブスプリントが創設されて以来一度も居ません(以前のレース名・国際スプリントトライアル時には居ましたが)。

プレミアボウル、香港JCスプリントと連勝して3連勝を狙うミスタースタニングは果たしてどうなる!?


【香港マイル 芝1600m】
発走時間→日本時間16:50

出走予定馬→(香)ウエスタンエクスプレス、(仏)カラール、(香)コンテントメント、(日)サトノアラジン、(香)シシュアンダール、(香)ジョイフルトリニティ、(香)シーズンズブルーム、(香)ビューティーオンリー、(香)ビューティージェネレーション、(香)ヘレンパラゴン、(香)ホースオブフォーチュン、(英)ライトニングスピア、(愛)ランカスターボンバー、(愛)ローリーポーリー


※ポイント→このレースに関しては香港スプリントのマイルヴァージョンと考えて良いレースかと思います。

地元の香港勢が強くて、特別血統的にも大きな偏りが見えなくて、ローテーションも香港ジョッキークラブマイル組が圧倒的に強い。

人気もおそらくその香港勢、香港JCマイルの覇者・シーズンズブルーム、連覇を狙うビューティーオンリー、ジョッキークラブマイル好走組のヘレンパゴンやビューティージェネレーションが人気でしょう。

日本からはサトノアラジンがボウマン騎手を背に出走して、どう乗るかは興味はありますが、さすがに有力香港勢相手では厳しいのではないでしょか。


【香港カップ 芝2000m】
発走時間→日本時間17:30

出走予定馬→(愛)ウォーディクリー、(仏)ガルリンガリ、(香)シークレットウェポン、(日)ステファノス(日)スマートレイアー、(香)タイムワープ、(愛)ドーヴィル、(香)ナッサ、(日)ネオリアリズム、(英)ブロンドミー、(英)ポエッツワード、(英)ロビンオブナヴァン、(香)ワーザー

※ポイント→香港国際競争のなかで日本馬が一番好走できるチャンスがあるなら例年通りココか。

血統面では、近年は日本馬vsデインヒル持ちの馬というレースになっている事から今年もデインヒル持ちの馬に注目でしょう。

好走ローテは日本馬なら前走天皇賞・秋組が好走傾向。香港勢では、やはりここもジョッキークラブカップ組。しかし、日本の天皇賞・秋の組はジャパンカップでキタサンブラック以外は着外に沈んだ組。今年の天皇賞組は、やはり体調の面は気になりますしネオリアリズムとステファノスはどこまで戻せているかもポイントの一つになってくるでしょうし、安易に日本馬が活躍するレースだから…と全幅の信頼を置くのはどうかなーと思います。

あともう一点このレースであげておきたい点はこちら。


見ただけで違和感を感じて下さった方も多いかと思いますが、シャティン競馬場の2000m戦は最初のコーナーまでの距離が極端に短いコースなのです。

ゆえに、断然内枠が優勢になってくるコースでしょうし枠順を見てから最終判断をしたいと思います。


以上です!


それでは週末を楽しみに、今日も気合い入れていきましょう!


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット