お疲れ様です。

引き続きいきましょう。


まずはロックオン。

先週の1着→1着に続き昨日は2着。

馬券がダメならせめて勝ち切ってほしかったですが、こればっかりは仕方ありません。


今日はしっかり決めてもらいましょう!


◆ロックオン!◆


前走は◯◯◯騎手じゃなければ叩かれてしまうような騎乗。先行勢失速するなか◯着に粘れたのは能力の証明。前走のレースをした後の疲れや折り合いの心配は無くはないが、まともに走れば勝ち負けになる!

IMG_0670


◆阪神大賞典2018予想◆

近5年は、ゴールドシップの三連覇→シュヴァルグラン→サトノダイヤモンドという勝ち馬。

堅いレースと言われる阪神大賞典だが、勝ち馬を見れば当然といえば当然。

今年はどうか。

前日段階でクリンチャーが1倍台(おそらく最終2.2倍くらいか)。今までのキャリアで3番人気にもなった事のない馬の1番人気濃厚。

長距離レースは騎手が尚重要になるという事で武豊騎手騎乗もあって人気上乗せといったコトだろうが果たしてどうか。

今年に入ってからの調教からして馬が本格化モードに入ってきている事は見て取れるが、荒れ馬場の上、水分も残った前走の京都記念の一発ではまだこちらは信用しない。


サトノクロニクルを上に取る。

加速に時間がかかるタイプで例えば一度不利を受けてしまうとそこから追い上げるのは難しいというそんなタイプ。スタミナは豊富で急坂コースは平坦の一瞬の脚勝負になるより良い。

前半から位置を取り早仕掛け。少々強引でも勝負所で十分にスペースを取る。前走はそういった特性を読んだデムーロ騎手の戦略完璧騎乗で完全に直線前半では末脚上回っていたデニムアンドルビーを凌ぎ切った。

引き続き阪神コースでやれる事はプラス。一気の距離延長にも対応可能で、タフなレースにはれば持ち味生きて勝ち負けまでの期待。


対抗はレインボーライン

週中の雨が残って欲しかったというのが本音だろうが、この距離このメンバーなら大崩れはしない。ヤマカツライデンやムイトオブリガードなどの先行勢もしっかりと揃ったココは末脚に賭けて差し込んで来る。


クリンチャーは3番手。

コロっと勝っても不思議はないがあくまでここは試金石。天皇賞で足りるか足らないかを見極めたい。


以下、ベテランステイヤー・アルバートはペースアップにスッと乗れれば好勝負。同じくベテラン・カレンミロティックに交わされてもバテないヤマカツライデンまで。


◎6サトノクロニクル
◯7レインボーライン
▲8クリンチャー
☆10アルバート
△4カレンミロティック
△11ヤマカツライデン

◎ー◯▲ー印 三連複
◎→◯▲☆→印 三連単

勝負度 C


◆一鞍入魂!◆

《中山10R 千葉ステークス》

ここは一撃ウインオスカーに期待したい。

全く脚抜きの良い馬場がダメというタイプでもないだろうが夏場の新潟なんかの走りを見ても良馬場ベスト。

オープン昇格初戦の負けだけで力が足りないという嫌われ方をするならむしろ狙いたい。

ナンチンノンやドラゴンゲートが引っ張るであろうタフな流れは合う。


相手は連勝中のハットラブ

2走前の回顧時に。

→久々骨折明け+28も全く問題にせず10番人気という低評価を覆した。とにかく強かったという内容で昇級通用と見て良い。《次走期待》

とした馬で相手に恵まれたとはいえ前走完勝。管理する師から体調維持を課題に挙げられただけに良い時が長続きするタイプではなさそうなのでコンスタントに使っている3戦目のここがギリギリの勝負か。流れさえ向けばこの程度の相手ならオープンでも通用する。


ニットウスバルが三番手。

余計な事はせずに末脚だけに賭けることが良いタイプ。テン乗りでも乗りこなすデムーロならとことん溜めて末脚にかけてくるだろう。


◎15ウインオスカー
◯8ハットラブ
▲11ニットウスバル
☆12マッチレスヒーロー
△4.10.13.16.6

◎ー◯▲☆ ワイド
◎ー◯▲☆ー印 三連複


午前は昨日の負けを引きずる形になってしまいましたが、後半やり返します!


以上です!