お疲れ様です。

改めまして、こんばんは。


《今週の記事》

タグクリック先→キタノコマンドール



ここから通常メニューへと入っていきますが、今週はG1は一週休み。しかしながら、次週には【天皇賞・春2018】がやってきます!


最終登録馬が出ましたので今週の重賞展望へといく前に見ておきましょう。


【天皇賞・春2018出走予定馬】

アルバート、カレンミロティック、ガンコ、クリンチャー、サトノクロニクル、シホウ、シュヴァルグラン、スマートレイアー、ソールインパクト、チェスナットコート、トウシンモンステラ、トミケンスラーヴァ、トーセンバジル、ピンポン、ミッキーロケット、ヤマカツライデン、レインボーライン


シュヴァルグランがJC馬となったからアレなものの、好メンバーが揃ったアルゼンチン共和国杯みたいなメンバーですよね笑

キタサンブラックがターフを去って、ある程度メンバーレベル落ちは覚悟してましたが、、まあ良く言えばステイヤー質が高そうなメンバー。

しかし、メンバーレベル以上に長距離戦は騎手の駆け引きなんかも面白くて、ココでどうしてもG1を欲しいジョッキー・藤岡佑介騎手(ガンコ)、岩田騎手(レインボーライン)がまた人気の一角になりそうなのもまた展開などを考えさせられますし、キタサンブラックという中心馬が居なくなった今年は特に予想するのが楽しいですね。

ぱあっとこうしてメンバーを見た段階で、まだ予想オッズも作ってもいませんが、現段階で少し怪しそうな馬を書いておきたいと思います。


天皇賞・春の危険な人気馬となりそうな馬はこの馬→

中間の様子なんかを見てからになりますが、前走のレースを見終えた段階では私は現状この馬を高く評価(◎◯▲等)するつもりはありません。消してしまうには怖いですが、かなり慎重にこの馬の評価を見極めたいと思っています。



それでは今週末の話へ。


IMG_1159

【フローラステークス2018展望】

◆出走予定馬と予想オッズ◆

1サトノワルキューレ 3.1
2ノームコア 4.0
3オハナ 5.2
4サラキア(抽)6.4
5レッドベルローズ  7.9
6レーツェル 9.5
7センテュリオ(抽)11.2
8デュッセルドルフ 13.0
9ウスベニノキミ(抽)15.8
10ディアジラソル 16.3
以下、ヴェロニカグレース(抽)、アストラサンタン(抽)、ノーブルカリナン(抽)、ファストライフ(抽)
他7頭登録。→オスカールビー、カーサデルシエロ、ガールズバンド、ジョリルミエール、パイオニアバイオ、ハイヒール、ラブラブラブ

※(抽)→抽選組。14頭中11頭が出走可能。


デムーロ騎乗、牡馬の強豪500万勢を相手に前走勝利したサトノワルキューレが一番人気となるか。それを追うのは半年ぶりの前走フラワーカップを3着とまとめたノームコア。昨年のハービンジャー産駒のモズカッチャン勝利2着もハービンジャー産駒のヤマカツグレースの印象も濃く、同産駒のこの馬が2番人気想定。以下は10倍以下に数頭入れてみたように混戦オッズ。血統人気もあって東京実績もあるオハナ、デビューから2戦目立つ末脚を見せているサラキアが続く。


◆過去の傾向◆

《2017年》18頭 良
1着1モズカッチャン父ハービンジャー
2着7ヤマカツグレース父ハービンジャー
3着14フローレスマジック父ディープインパクト

《2016年》18頭 良
1着18チェッキーノ父キングカメハメハ
2着11パールコード父ヴィクトワールピサ
3着16アウェイク父ディープインパクト

《2015年》17頭 良
1着5シングウィズジョイ父マンハッタンカフェ
2着6ディアマイダーリン父ハーツクライ
3着1マキシマムドパリ父キングカメハメハ

《2014年》18頭 良
1着2サングレアル父ゼンノロブロイ
2着5ブランネージュ父シンボリクリスエス
3着17マイネオーラム父ステイゴールド

《2013年》18頭 稍重
1着12デニムアンドルビー父ディープインパクト
2着10エバーブロッサム父ディープインパクト
3着6ブリュネット父ダイワメジャー


外枠不利と言われる東京2000mのコースで大外枠のチェッキーノが勝ち、2着3着も二桁馬番の馬で決着した一昨年のように、前半の1000m通過が60秒を切る(59.7秒)ハイペース戦になった異例の年もありましたが、基本は開幕週(Aコース)で行なわれる牝馬限定重賞とあって、スロー〜ミドルで流れて勝ちきるには決め手。好走には先行力や立ち回りが必要となってくるレースというイメージで良いのではないでしょうか。

種牡馬傾向はディープインパクトやキングカメハメハの王道血統が普通に走ってきている印象ですが、去年ワンツーを決めたハービンジャー産駒

ここ一年の東京2000mでの成績は連対率32%、複勝率40%と上々。

ノームコア、ヴェロニカグレースのハービンジャー産駒には注意を払いたいところですね。


◆展開予想◆

抽選突破が条件となりそうですがガールズバンド→ノームコア→レーツェル・ハイヒール・センテュリオ、ディアジラソルとかの隊列でしょうか。

ペースはスロー寄り。極端なスローならば単純なスローからの切れ味比べなら分が悪いサトノワルキューレ辺りが動かす可能性はありますが枠順次第という感じでしょうか。

展開利のありそうな馬には当然だと注意しておきたいところ。

良馬場で勝ち時計は2:01半ば〜後半ぐらいを想定しておきます。


◆現時点の本命馬◎◆

※すっごい細かい事ですが、今週から「現時点の本命候補」ではなく「現時点の本命馬」とさせていただきます。



心情も込みですが、この馬は今年は何とかオークスに行きたいところでしょう。

デビューから3戦どんなペースになっても自分の分はしっかり走れている事も評価。小柄で使い込めないタイプだからこそリフレッシュ明け「初戦」が勝負。力は足りるし距離も大丈夫。

(穴本命◎ヴェロニカグレースと書きたかったところですが、この脚質でこの騎手(柴田大)はな〜。)


以上です!


それではおやすみなさい。

明日も気合い入れていきましょう!