お疲れ様です。

改めまして、こんばんは。

遅くなりました。


前回の記事で書いた通りで、次回からオークス2018の全頭考察を始めていきます。

の、前に先週分の重賞回顧を軽く。



《ヴィクトリアマイル》【勝負度C】
1着△ジュールポレール
2着▲リスグラシュー
3着△レッドアヴァンセ
6着◎レッツゴードンキ


1着△ジュールポレール
ジョッキーが想定よりやや後ろになったとレース後にコメントしていましたが、それでも慌てるコトなく決め手に賭けて来られたのは馬を信頼しての事ですし継続騎乗があったからこそだと思います。少し緩んだ馬場で尚且つ上がり勝負になったというのはこの馬に最高に条件は向いたという感じ。この後少し見てみたい気はしますが、このレースの内容からなら走る条件はマイル限定かなとは思います。当然今年の秋はエリザベスへは行かずマイルCSを目指すこととはなりそうですが…。

2着▲リスグラシュー
流れを考えれば枠は不利にもなりましたし負けて強しの競馬は出来てはいるとは思いますが、何ともハナ差負けというのがハーツクライ産駒のG1一番人気らしい結果。今回は運が悪かったと言って良いかと思います。東京マイル自体は良いとは思うので安田記念は牡馬相手でも評価する予定。

3着△レッドアヴァンセ
これで負ければ仕方ないという結果で先着された二頭にはキレ負けたという感じでしょうか。考察にも書きましたが、改めて地力強化は印象付けられた一戦。息の長い活躍出来るエリモピクシー一家らしくなってきたという感じでしょうか。と、なるとこのレースが合うでしょうね
この後どうするかはまだ定かではないですが、去年のこのコースのでの内容からもおそらくこのレースになるのではないでしょうか。

4着◯アエロリット
ジョッキーがレース後のコメントで話していたように良馬場の方が良かったことは確かでしょうが気性面を考えればもう少し思い切っても良かったかなとは思います。これに関してはテン乗りの難しさ。上位三頭は継続騎乗だったとまとめれば納得の行く結果かなとおもいます。馬自身はポテンシャル問われた方が良いタイプ。スピードは十分にあるので横山典騎手を確保出来るなら私はこの馬スプリント戦線にいっても良いと思います。

5着☆ミスパンテール
雨で切れ味が鈍って大型馬の内枠で更に行きたがって…と条件は最悪でしたが掲示板まで来れたのは今のこの馬の充実ぶりだったでしょうか。ただG1で勝ち負けになるかとなるとそこまでのスケールはどうかなという感じはします。

6着◎レッツゴードンキ
月曜の記事の通りで力は出し切りました。直線勝ち馬と併せるような形になればまあ変わったかもしれませんが、あくまでそれは言い訳にすぎません。マイルは長かったです。

7着△ソウルスターリング
復調気配がある内容だったようにも見えますが、あくまでも馬場の良い部分を通ってのもので完全復調と見るにはどうか。3歳春からの伸びしろという面にも疑問も。

8着×アドマイヤリード
雨の予報が早まった段階で押さえの押さえの印は回しましたが、やはりピークは去っているかと思います。前走にしても不利なレースになったようにも思いますが、この馬にとってはスローの決め手比べは大得意のレースではありますしね。今回に関しても雨・上がり勝負なら走れても不思議なかった中でのこの着順。私としてはもう大舞台で高い評価をするつもりはありません。

11着・メイズオブオナー
オープンでも通用する力はありますが、このクラスでのマイルでのレースとなると余程緩んで先行できるとかそういう条件でない限り厳しい。牝馬限定重賞中距離なら通用するでしょう。

13着・ラビットラン
不振ですが、この競馬を続けていければ出番も。とりあえず出たなりでトコトン溜めてなんぼというタイプ。後は展開次第でしょうか。忘れた頃の一発ありそう。当然いまその競馬を教えている川田騎手の継続騎乗も良いでしょうが、この手のタイプは藤岡康太騎手なんかが合いそうには思います。


《京王杯SC》【勝負度C】
1着×ムーンクエイク
2着◯キャンベルジュニア
3着△サトノアレス
4着◎グレーターロンドン


1着×ムーンクエイク
テンの入りからしてもスプリンター寄り<マイラー寄りだとは思いますが相変わらず前向きで緩めればガーっと行ってしまいそうな雰囲気も。折り合えれば安田記念でもそこそこやれる一頭ではあるとは思いますが、まずは相性の良いルメール騎手を確保できるかが好走への鍵となるでしょうか。そういった色んな面を考えるとパワーを十分に生かせる1400がベターだとは思います。

2着◯キャンベルジュニア
前走で地力強化を感じたので高い評価をしましたが今が充実期の走り。ぱぁっと見パワー型のイメージで重い馬場の方が合いそうには思いますが良馬場向き。今回は条件も良かったか。

3着△サトノアレス
1400mよりはマイル向き。初の1400mになった分位置は悪くなりましたが終いはしっかり。安田記念への前哨戦という意味ではこの馬が一番良い競馬が出来たのではないでしょうか。内枠で外に壁を張られて動きにくかったでしょうが、それに関しては蛯名騎手は外壁がなければ脚を早めに使ってたでしょうし脚が溜まって良かったかなと思います。道中は溜めに専念した方が良いタイプ。安田記念も蛯名騎手の継続なら内枠がほしいかなという感じ。

4着◎グレーターロンドン
前走の行きっぷりを考えればもう少し前半から流れに乗れても良かったと思いますが難しいタイプですね。もうひと押し馬券内という感じではありましたが今回は力は出し切ったかとは思います。ただ、この馬意外と距離延長で出走する方が良いタイプかなとも思えたので近走成績から去年よりも低い評価を受ける本番となりそうですが、軽視するのは怖いかなという気はします。

◯着◯◯◯◯◯◯◯
自分の形にならなくても崩れなかったコトは収穫と見て良いでしょう。ここはあくまで叩き台。安田記念となると厳しいでしょうが、サマーマイルシリーズなら。


以上です。


それではまた明日(今日)に。


おやすみなさい。