お疲れ様です!


こんばんは、BOSS猿です。


もう今週末にはオークスがきて来週はダービーウィーク。


競馬を追えば一年は早いですが、ソウルスターリング→レイデオロからもう一年経ったかという感じですね。

3歳クラシックのレベルは終わってみなければ分からないと言えばそれまでなんですが、毎年このオークスダービーの時期ではある程度自分の中では、世代レベルが高いか低いかぐらい、あとは勢力図なんていうのを頭の中で描いているのですが、今年の牡馬に関してはハイレベルとまでは思わないまでも全体的に平均より上のレベルにはあるのかなという感触です。ダービーは距離がどうかなというのがあるんですが(ココに関しては来週の考察で書いていきたいと思いますが)、ダノンプレミアム横綱が居て大関クラスが数頭といった感じです。

牝馬、これに関してはレベルの強弱はハッキリしている世代かなとも思っています。感覚的には1横綱、2大関。

オークスはこの時期の牝馬で2400mを走るという難しい舞台ではあるので何とも言えないですが、能力的な面はある程度把握しているつもりでいるのでしっかりと的中させたいですね。

そしてダービーへ繋げたい。


いきましょう。



※全頭考察評価

A→中間の内容・気配など良い雰囲気で勝ち負け(単)になりそうな馬。不安点はほぼ無し。
B→好勝負(複勝圏有力)可能も不安点有り。
C→妙味を見込める穴候補であったり人気でも無難に上位に走ってきそうな馬。
D→標準レベル。展開などの助けは欲しい。
E→恵まれれば…。
F→余程の事がない限り私の中ではまず無いと見ている馬。

大体こんなイメージで評価しています。


高松宮記念
A→0頭、B→2頭、C→1頭、D→5頭、E→6頭、F→4頭

結果
1着B◯ファインニードル 2人気
2着D×レッツゴードンキ 3人気
3着E×ナックビーナス 10人気


大阪杯
A→1頭、B→1頭、C→4頭、D→3頭、E→2頭、F→5頭

結果
1着B◯スワーヴリチャード 1人気
2着C△ペルシアンナイト 6人気
3着A◎アルアイン 2人気


桜花賞
A→0頭、B→2頭、C→3頭、D→4頭、E→6頭、F→3頭

結果
1着C△アーモンドアイ 2人気
2着B◎ラッキーライラック 1人気
3着B◯リリーノーブル 3人気


皐月賞
A→0頭、B→2頭、C→2頭、D→4頭、E→3頭、F→5頭

結果
1着B◯エポカドーロ 7人気
2着D△サンリヴァル 9人気
3着C◎ジェネラーレウーノ 8人気


天皇賞・春
A→0頭、B→1頭、C→5、D→2、E→6、F→3
結果
1着C△レインボーライン 2人気
2着D▲シュヴァルグラン 1人気
3着D△クリンチャー 4人気


NHKマイルカップ
A→0頭、B→2頭、C→3頭、D→3頭、E→4頭、F→6頭

結果
1着D×ケイアイノーテック 6人気
2着D△ギベオン 2人気
3着E×レッドヴェイロン 9人気


ヴィクトリアマイル
A→0頭、B→1頭、C→3頭、D→4頭、E→4頭、F→6頭
結果
1着Dジュールポレール 8人気
2着Bリスグラシュー 1人気
3着Cレッドアヴァンセ 7人気


IMG_1565


【オークス(2018)出走馬全頭考察・前編】

《レッドサクヤ F》
ディープインパクト×デインヒルといった血統の馬で、パワー馬場に強いデインヒルの血も出ている感じで緩い馬場になってもパフォーマンスを落とさないディープインパクト産駒。しかし牝馬らしい決め手が問われるとなるとやや分が悪く、正直決め手がウリのアーモンドアイやラッキーライラックに逆転するイメージが湧いてきません。福永騎手に手戻りする事はこの馬にとってはプラスになっても距離延長はプラスにはならずで余程他が嫌がるような道悪にでもならない限り苦戦か。


《マウレア D》
ラッキーライラック、リリーノーブルとここ3戦やってきてラッキー→リリー→この馬という勝負付けはほぼ済んだかとは思います。ただ一点差を縮める可能性があるとすれば東京コースへのコース替わりかなと思います。距離延長自体はさほどマイナスになるとは思いませんので、道中溜めさえ利けば二頭との差は少しぐらいは縮まるか。ラッキーやリリーを高い評価とするならば買っておいて良い一頭かと思います。


《トーセンブレス E》
馬群で溜めてそれを捌いて出てきた桜花賞は、どうにも不器用豪快外回しのイメージしかなかったこの馬には収穫のあるレースだったとは思います。それだけにNHKマイルカップに出てきていれば、この馬にとっては決して良い条件ではないであろう東京でも印を回そうと思っていた馬でしたが、当初の予定を変更してココへと切り替えてきました。結論から言えば距離が長いと思います。今回も溜めて溜めて末脚を伸ばしてという競馬でしょうし、脚が上がった馬は差してそれなりの着を拾えるような気はしますが、先週のヴィクトリアマイルのワントゥワンで書いたことと同じように馬券内と見れば余程ハマらないと厳しいのではないでしょうか。


《リリーノーブル D》
2歳の段階から不器用な馬が多いルーラーシップ産駒ですがこの馬に関してはタイプは違って、馬群に入れても大丈夫で小脚も使えて加速も速いと書いていた馬でして割にルーラーシップでも注文が付かないタイプとは見て良いとは思います。ただ、3歳初戦となったチューリップ賞で気の悪さをあからさまに表に出て見えたように折り合い面に課題が出たのが妥当ラッキーライラックを狙うこの馬からすればマイナスポイントでしょう。前走の桜花賞は、我慢は利いたとはいえ緩めればいつでも行ってしまいそうな雰囲気はありましたし、折り合い不安は相変わらずだと見て良いと思います。本質的には中距離ぐらいはこなせる適性はあるとは思うので、東京2400mに舞台を移す事が大幅なマイナスになるとは思ってはいませんが一発を狙うなら思いっきって乗れる内枠が絶対だと見ています。仮に外でも引こうものなら個人的には今回は割引きたい一頭です。


《ラッキーライラック B》
テン良し中良し終い良しと今の段階では特別ケチが付けにくい馬ではないでしょうか。前走はアーモンドアイに完敗したとはいえ阪神マイル戦で不利とされる最内枠から堂々たる競馬で一度は抜け出すもので、アレで負けたなら仕方のない競馬。やれる事はやっての2着だったでしょう。今回、アーモンドアイを逆転するならという視点で考えてみたいと思いますが、お互いにまともな競馬ができれば正直逆転は厳しいかなとは思っています。しかし、こちらは松永幹夫先生が言うほど距離延長が大幅プラスにはなるとまでは思いませんが多少は距離が延びるコトに関しては良い方に出るのではないかなとは見ています。過去の名牝級のジュベナイルフィリーズの勝ち馬に比べればやや劣る感じはしますが、レースセンスがあってアーモンドアイに比べれば有利にレースを進められる事は強み。少々の渋り馬場はこなせるパワーもあって東京替わりも悪くない。相手のミスや不利待ちになる面はあるにしても全く逆転がないとは思ってはいません。枠の並びでの理想はこちらが4〜5枠、相手が極端な内枠でしょうか。


《アーモンドアイ B》
馬券内という意味で見れば極めてAに近いB評価としておきたい一頭です。まず、ルメール騎手は関係者側へ愛想を振る舞うのが上手なのか大抵は「勝てると思います〜」的なコメントをするジョッキーで基本このジョッキーのレース前コメントは強くはアテにしない方が良いジョッキーではありますが、さすがに一流で感覚的なコトを細かく語った時は信頼して良いかとおもいます。今回関しては桜花賞勝利時にトリプルクラウン(三冠)を狙えるだけの馬と発言したコトは、ここはリアルにその感触を感じたと捉えて良いでしょう。そして距離。これはこちら側が見ていてもおそらく延びても問題ない。父ロードカナロアが短距離馬だったとはいえ元を辿れば母方の良い部分の適性を強く出すキングカメハメハ。血統の字面だけでは判断しない方が良いかと思っています。どう見ても桜花賞の内容は着差通りの完勝ですし、普通に回って来て自らが加速出来るだけの進路さえあれば好勝負になるのではないでしょうか。不安点を挙げるとすれば極端な内枠を引いた時と雨で下が緩くなった時でしょう。雨に関してはシンザン記念でこなせているではないかという意見は飛びそうですが、この馬の今の段階での走りを見る限りは良馬場向き。少々の馬場なら対応可能も、例えば先週の京都のような馬場になるなら雨はプラスにはなりません。


《オールフォーラヴ E》
新馬勝ちの1勝だけでもクラシック番付にも名前を載せた馬(前頭6)で、センスは高く評価している馬ではありますが経験浅くあくまでもここは力試しのレースとなるか。前走はハイペースを早めに動いて行き抜け出しラストは伏兵2着馬の追い上げを凌ぐといった強いレースではありましたが、ここで好勝負、勝ち負けをするならばポテンシャル勝負で、もう少し着差が欲しかったというのが正直なところ。経験を積んで秋へ繋げたい。


《ゴージャスランチ E》
3戦目から手綱を取られた横山典騎手の教育もあって未勝利を勝った時のマイル以上に距離適性は広がったとは思いますが、さすがに2400mでは長いのでは。素質はある馬なので夏場に一つ二つ勝って紫苑ステークスぐらいで面白い一頭になるとは見ていますが、現状では今回は後方ポツンでトコトン溜めて、バテる馬を交わしつつどこまで着順を上げて来れるかという感じではないでしょうか。


《【抽選】ウインラナキラ・ウスベニノキミ・シスターフラッグ F》
抽選組の中では強いてあげるならば春のG1好調の三浦騎手が騎乗するウスベニノキミでしょうが、余程時計のかかるような馬場で入着があるかないかといったところだと思います。距離もさすがにやや長い。シスターフラッグは距離はもつでしょうが牝馬重賞で決め手を問われると現段階では厳しくて、ウインラナキラはキングカメハメハ産駒というよりは母父のステイゴールド産駒ぽさがあり現状崩れている状況ではトンネルを抜けるのにやや時間がかかるのではないでしょうか。その中での格上挑戦ではまず厳しい。


以上です。


今年のオークスに関しては堅く収まる可能性が高いかなとは見ていますが、伏兵が割り込むとすればこの馬→

かなといった感じです。

続きは後編の考察にて。


それではおやすみなさい。