お疲れ様です!


改めまして、こんばんは。





この記事では先週末に行われました重賞レースの回顧をしていこうと思いますが、その前に。


【宝塚記念2018】について触れておきたいと思いますが…。

FullSizeRender

キタサンブラックの引退で今年は古馬王道路線の前半はメンバーは寂しく映るだろうなとは想定していましたが、あまりにも酷すぎはしませんか?

と言ってしまっては出走してきてくれる馬・陣営には失礼にあたりますがメンバーレベルもそうなんですが、なんのためのファン投票なんですかね。

20位以内から5頭しか出てこない。

ファン投票4位のダービー馬・レイデオロなんかマジ何してんの?って感じです。

もちろん馬優先主義。長いこと競馬ファンやってる自分も馬が好きなのでそんなことぐらいは分かりますが、ファン投票がある宝塚記念や有馬記念ぐらいは、もうちょい出てきてくれても良いんじゃないですかね?

宝塚記念も賞金上げるやら何やらJRAさんも対策を取ってほしいと思います。

あと当たり前に今年も三歳馬の登録すらないですが、ダービーを目指して極限の状態に作ったダービー出走馬はまだ仕方ないとしても、斤量恩恵もありますし登録頭数も少ないならば積極的に三歳馬も参戦しても良いのでは?なんて思ったりもします。

ウオッカを始めヒシナタリーやマウントシャスタなんか勇敢だったなとつくづく。


と、ガチャガチャ書いてみたものの宝塚は楽しみにはしているんです。

ブログ100万人来場記念もしっかりと考えてますのでそれはまた来週にでも告知させていただきます。


という事でココでは一週半前時点の現時点の最注目馬を書いておきます。


当然サトノダイヤモンドの復活を期待していますが、この馬は明らかにココ一本目標のローテでしょう。狙ってきたレースでのこの厩舎の作りは最強クラスですし、馬自身も今年のメンバーならまだ通用して良いと思います。



それでは回顧へ。


【エプソムカップ】《勝負度 C》
1着△サトノアーサー 2人気
2着◎ハクサンルドルフ 4人気
3着・グリュイエール 5人気
FullSizeRender

ブログ開設3年連続の的中とはなりましたが、馬連の配当にただ助けられただけで大騒ぎする程でもないダサい的中ですわ。


レースは、noteの方にも書いていましたが前日まで高速時計が出ていたとしてもそもそもの荒れ馬場で雨が降ったら一発で東京の芝はタフ化すると書いていた通り。近年強い雨に打たれてると外伸び馬場になる東京芝らしいレースになったかなと思います。

勝ったサトノアーサーは道悪は決して上手くはないです。重馬場の中で勝ちましたが、この見立てに変わりはありません。しかし、競馬は相対的に見ることも大事でもあります。


IMG_1940
(向正面)

これだけ内を空けてのレースでしたし実際に内が悪かったのでしょう。

大外枠サトノアーサーは楽ですよね。スタートさえ決めれば出たなりに進んで行けば馬場の良い所を通れますからね。(折り合いなどの面は後ほど)

IMG_1947
(3コーナー付近)

そのサトノアーサーの後ろにピッタリと張り付いて行ったのが福永騎手のグリュイエール(3着)です。決してスムーズに外に出せた訳ではなかったですが、ダテにいつも馬場を歩いてませんね福永騎手は。

道中内→直線だけ外だと道悪不向きな馬はストレスやスタミナ消費にもなりますしね。早い段階でこの位置をゲットしたのは福永騎手の好判断でしょう。

サトノアーサー(△)とグリュイエール(無印)は雨で下が緩めば軽視と予想文に書きましたが、改めて書きますがその見立てに変わりはないです。でも乗り方一つ、枠並び一つで苦手も克服出来るという事だったかと思います。


関係のない話ですが、一つ例を挙げるとすれば今回のエプソムカップは昨年の京王杯スプリングカップにもレースの質自体は似ていたかなとも思います。

IMG_1948
(矢印は当時13頭11番人気で2着と好走したクラレントです。)

このレースも雨に叩かれて極端な外伸びという傾向が出たレース。

クラレント自体実際このレースの前走のダービー卿チャレンジTで道悪に苦しんだように決して「雨◎」の馬ではなく、むしろ「雨△」ぐらいの馬だったと思っていますが、この日の東京の馬場では好枠となった外枠を生かしきった岩田騎手の好騎乗もあって波乱の主役となった訳ですね。


エプソムカップを見ていてこのレースが思い浮かんだので書いておかせていただきます。参考までに。

それでは各馬の回顧へ。


1着△サトノアーサー
スタートを決めて好位でなだめて溜めを効かせた戸崎騎手の好騎乗もあったが、今回は枠も味方したか。ただ昨年の人気先行時に比べれば馬自身も成長してきたかなとは思います。現状でG1云々を書くのはまだ早い気はしますが、もう一段階レベルアップすればマイルCSあたりならチャンスがない事もないか。距離延長は折り合いの面からもベターではなく1800mがベストでしょう。

2着◎ハクサンルドルフ
この馬に関しては今回は馬場も味方したでしょう。荒れ馬場・道悪◎。良馬場ならワンターンコースで展開の味方もほしいところ。個人的には中京記念に出て欲しい一頭です。

3着・グリュイエール
道悪は決して上手いタイプではないが、今回はジョッキーの好騎乗有り。ただ、長い休養があって「順調に使えていれば今頃重賞の1つぐらいは〜」などの世間的な過剰評価はあると思います。藤原厩舎が諦めずに戦列に復帰させたところを見ると重賞を勝てるぐらいの手応えはあるのかもしれませんが、個人的にはそこまで強い馬なのかな〜という現状の評価。次走で覆るかもしれないし評価据え置きかもしれません。次走が試金石。

4着△サーブルオール
雨が降らない荒れ馬場の高速馬場ならこの馬が本命でした。デムーロ・岩田などが雨馬場巧者な事は有名ですが、ルメールも緩い馬場を走らせるのは上手いと思います。(前の2人がのめらさないで走らせるのが技術的に上手いなら、どちらかいうとルメールは少々強引でもパワーで走らせて来るタイプですが。)馬自身は本格化気配。サマーマイルシリーズor2000シリーズどちらに進むかは分かりませんがG3級の相手なら好勝負していけるのではないでしょうか。《次走期待》

5着△エアアンセム
マークする馬を間違えたといった感じ。スタミナ消費する事なくジョッキーは直線は上手く馬場の良い所へ出してはいますが道中の位置取りが悪すぎたか。

14着◯ダイワキャグニー
Twitterでも書きましたが、そもそも雨はダメと書いていた手前この馬を無難に対抗評価としてしまった事は不覚です。ただ、適性以前に進んで行かなかったところを見るとイマイチ体調の面もどうだったのかとも思います。東京の開幕週なんかのパンパンの良馬場の方が方が良いタイプなので毎日王冠でメンバーに恵まれればといったところか。とりあえず今回はノーカウントでOKでしょう。



【マーメイドS】《勝負度 C》
1着△アンドリエッテ 10人気
2着・ワンブレスアウェイ 9人気
3着◎ミエノサクシード 4人気


一番人気レイホーロマンスでも単勝6倍で、10倍以下に5頭、20倍以下に10頭のオッズが示す通りの大混戦。10回同じメンバーでやれば半分以上は結果が変わるのではないかと思います。明暗を分けたのは勝負所での進路取り。


1着△アンドリエッテ
たまたま?とタイトルにしましたが、レース後のコメントは→「みんな外へ行くと思ったので内を突いていこうという気持ちで乗りました。他の馬に迷惑かけてしまいましたが一瞬の脚は抜群に速かった」との事。

IMG_1950

謝っているのはこのシーンでしょうが脚は完全に勝ち馬が勝っていますし普通に脚が残っていればこの進路取りはするでしょう。予想文に馬は力上位ですが、騎手が(脚の使い所など)上手く乗れるかどうかと書きましたが完璧な乗りこなし。ハンデにも恵まれた面もあったにしても力通りでしょう。「格下馬がハンデ差で勝てただけ。」ではなく、G3クラスの牝馬限定戦ならハマれば常に好勝負になる馬。良さを活かすには鞍上は固定した方が良い。

2着・ワンブレスアウェイ
口に出したり書いたりしたりはしませんが、レース後に好走した無印の馬を「買えたな〜」とかはありますが、この馬に関しては私は絶対に買えなかったと思います。この程度のメンバーなら力を出しきればこのくらい走れるのは納得ですが、近走内容から完全にリズムが狂ったステイゴールド牝馬だっただけに。ただ、この一戦で復活と見るのも少し早いかと思います。常に難しい馬と考えて良いと思うので、この先人気になったとしても軸には不向き。

3着◎ミエノサクシード
通常なら勝負度D・Eにするようなレースですが、力は上位で距離も近走映像からすれば多分保つだろうと勝負度をCとした経緯。スタートが決まるようになり前の位置で運べるようになったのは良いですが、逆に爆発力に欠ける印象。若干距離も見立てよりかは長かったようにも感じましたが、これで距離を短縮したからといって今のレースぶりでキレる脚を使うとなると果たしてどうか。年齢的にも今から一段成長する事もやや考えづらい。一応ワンターンの1800mで再度注目してみたい。

4着×ヴァフラーム
力負け。人気のレイホーロマンスに良い進路を与えなかった冨田騎手は上手かったですが。

5着△ミリッサ
コーナー4回の2000mは長い。勝ち馬の進路を取れていても勝ち負けまでは厳しかったか。

11着◯エテルナミノル
スタートが決まればの条件での対抗評価でしたが、ゲート内での中立が悪すぎます。一度リズムを崩したエンパイアメーカーの立て直しは難しそう。力を出しきればこのくらいの相手なら勝ち負けする能力はありますが…。

15着・トーセンビクトリー
奇襲逃げもこの馬は平坦1800mの内枠スローがベストの馬。あるとすればクイーンステークスで内枠引いた時だろうが今回出して行った事がどう影響するか。


以上です。


エプソムカップの予想文にて→「(◎ハクサンルドルフ)問題は相手となるが、正直これが非常に難しい。馬券は単複でとするのが一番賢い気もするが、基本よっぽど人気がない馬でも指名しない限りはそういった馬券は取り入れない主義なので。

と、書きましたが先週は東西共に相手に悩まされたレースだったので、自信ある本命馬◎の場合は単複勝負やワイドオンリーというのも一つの選択肢だったのかなと考えさせられた日曜日でした。

ワイドに関しては基本3点まで、馬連に関しては基本5点までというマイルールはありますが下半期はもうちょい柔軟性をもって競馬をしても良いかもですね。


しっかりと考えていきたいと思います。


取り上げた馬以外の回顧をお求めの方がおられればTwitterやメールにてお問い合わせ下さい。


明日は関東オークス2018の予想書きます!

宜しくお願いします。