おはようございます。


半分寝ながらの観戦となりましたがW杯準決勝が始まりました(^ ^)

すっごく楽しんだ今回のW杯だったので残すところあと3試合となってしまったのは寂しいですが、フランスはホント隙がないというか戦うごとに強くなっている気がしますね。

とりあえず私が応援すると負けるので(ベルギー応援してゴメン!)ココから先はフラットに見ていこうと思いますが、やっぱトーナメント右側より左側ですかねー。うーん。

プロ野球も今週末オールスターがあり、来週からはいよいよ勝負の後半戦。野球といえば夏の甲子園もすぐそこまで来てますし、今年はね〜バンビーノもいるので大好きな海へヒョヒョイと行くのは控えようと思いますが、その分テレビの前でスポーツ観戦して楽しみたいですね。


そして今晩は競馬です。


JDDことジャパンダートダービー2018


早速予想の方へといきましょう!


FullSizeRender


【ジャパンダートダービー2018予想】


10年に一度のハイレベル。

今年はそう言ってしまっても過言ではないだけのメンバーではないだろうか。

レースのレベルを上げているのは中央馬で上位は中央馬中心。地方も東京ダービー時にも書いた通りで羽田盃なんかを見ても決してレベルは低くないが、今年は中央勢が強すぎる。

中でも注目は5戦4勝2着1回と、ここまで抜群の成績を残してきているルヴァンスレーヴだろう。

この馬は確かに強く現時点の完成度も高い。鞍上ミルコとなれば不安の右回りもアッサリ克服してしまっても不思議はないが、前回のユニコーンステークス時にも書いた通りで、ダイナミックな走りは枠によってはそれがマイナスに作用する事もある。

例えば、揉まれて嫌気がさしてメンタル負けするような気の弱いタイプではないとは思うが、やはりこの手の走りをするタイプの最内枠というのは嫌で、皆が強いと分かっている一番人気という立場ならば尚更だろう。

ユニコーンステークスは、この馬の現状ベストと思える広いワンターンコースでの外枠と条件揃っての圧勝。型にハマれば今回もそうなるケースはあるかもしれないが、楽→苦の流れでは正直最上位に取るのは好みではない。


ならばと逆転を狙うのは中央勢。


本命は上位二頭甲乙つけがたかったが、
初志貫徹。

◎グレートタイムを最上位に取る。

早くから素質を買っている馬ではあるが、地方の砂との相性だけを除けば2000mへの距離延長は魅力で、ルヴァンスに逆転出来るだけの舞台は整ったのではないだろうか。

毎度のように成長途上、ノビシロありと書いてきた馬で、まだ完成域には入ってはいないがこの条件ならと思わせる一頭。

まだパンとしていない分前半の位置どりに苦労するシーンが数多く見られたため正直枠はもう少し外側が良かったのが本音だが、実際に騎乗経験があって弱点を分かっているであろうルメールの継続騎乗なら好位付けも可能だろう。また、おそらくハーベストムーンのハナと想定しているが絶対的な逃げ馬はおらず前半からペースが緩みそうな事も位置が欲しいこの馬にとっては都合は良いはずだ。

先に触れたようにまだ緩い分地方の良馬場、パサパサダートでどうかという不安もなくはないが、前走でもまともならもう少しは縮まっていたであろうルヴァンスとの差を埋められるor逆転出来るのは1F延長のココだと狙ってみたい。1コーナーまでが勝負のポイントだ。


対抗は本命も悩ませられたこの馬。


メンバーレベル高く「堅軸」をセレクトするのも難しいが、この馬はそれに近い馬。レースセンスが非常に良く、好位で脚も溜められて反応も良く折り合い面に課題はなく大井2000も難なくこなしてくるはず。

逆にこの馬の立ち回りの良さを生かすなら◎馬と枠が逆が良かったというのは勝手なアレだが、この枠からでも力は出し切れるはずで能力も足りる。このローテでリズムさえ崩れていなければ上位争いになるだろう。


三番手は▲ルヴァンスレーヴ

前述の通りで現時点での能力No. 1の評価は変わらず。スムーズな競馬ができれば、ダービー一番人気馬として恥ずかしい競馬にはならないだろう。


単騎見込める☆ハーベストムーンが四番手。

昨日の考察でも書いた通りで、走法からもこの馬こそ揉まれて良くないタイプだろう。やや能力が測れないところがあるので、簡単にこのメンバーで足りるとは書ききれないが、展開利も見込めて人気的妙味があるなら面白いか。2000mも問題ない。


以下も中央馬→地方勢の順。

△オメガパヒュームは能力は足りるが一番の不安材料はデビューから減り続けている馬体の面。冬場デビューの馬で、この時期としてはコレは好みではなく、この状態でタフなダートでとなるとどうだろう。

△ドンフォルティスは世代No.2の評価の通りで能力はあるとは思うがスタミナ問われるこの条件で果たしてどうか。

ただ、ここまでは本当に力差なく好メンバー。スマハマがココに居ないのは残念ではあるが、イチ競馬ファンとして、今後のダート中距離路線を占う意味でも熱いレースに期待したい。


◎3グレートタイム

▲1ルヴァンスレーヴ
☆12ハーベストムーン
△14オメガパヒューム
△8ドンフォルティス
×11ハセノパイロ

◎ー◯▲☆△  馬連、ボーナス馬単
◎ー◯▲ー印  三連複

勝負度 B


熱い夜、楽しみましょう!


重賞回顧、2歳戦勝ち馬評価は後ほど。