おはようございます。


昨日のクイーンCは堅い決着にはなってしまいましたが、とりあえず今週もなんとか的中でコツコツと。※当日の馬場を見て◎に自信にはもてたので三連単を少し追加

FullSizeRender

一つ当てるのがノルマではないですが、土曜に的中があったことで気持ち楽に日曜の予想へと参りたいと思います。

というのは、言い訳がましく言うのはアレなんですが今日は東西違った意味で色々悩みました。通信杯の本命は一週前段階から決めていたので初志貫徹としてますが、これも相手が…そして買い方が…うーんという感じで。

京都記念の方は正直どれもピンと来ずでこうなると◯対抗馬に本命を打って広く攻めようかと思いましたが正直今回は本命は付けたくないタイミングでもあり…。

文冒頭から歯切れの悪い日で申し訳ない始まりですが、予想した限りはしっかり買いますしそれ相応の勝負度分は買います。東西ともに当然的中させる気持ちで予想してますので今日も競馬を楽しんでいきましょう。


共同通信杯予想はこちらから

※予想はできていますので正午までには予想文付きでリンクするようにします。


【京都記念】

1コーナーまでの入りに十分な距離がある阪神二千二という条件。宝塚記念週でよく見るような直線内側が荒れた時期での開催となれば、初っ端から走りやすい外枠が有利になるコースと考えるが、基本は内外枠に大きな差はない。今の馬場で有利に働く条件の馬が居るとすれば、好位差しの決め手のあるタイプの内枠だろうが、内枠にその手のタイプが居ない今年は枠順はフラットと考える。

展開と隊列は、近走で前々の競馬で好走しているアフリカンゴールドのハナか。内からマリアエレーナに、外ディアマンミノル、スタート決まればでダノンマジェスティあたりが続くスロー〜ミドルのペースか。予想されている雨がどれほどのものかは読みにくいが、あまりに速い上がりの勝負は嫌いたい人気どころの特性を考えればレースは早めに動いてのロングスパート戦となるか。下が多少でも渋って長い末脚を求められるような競馬になるなら昨年のような立ち回り戦とはならないか。バリバリのスタミナ勝負とまではならないまでも持久力戦となることを想定したい。


◎ディアマンミノルの一発に期待をかける。デビュー二戦目以来の横山典J騎乗となった前走は前半から出して行く形での競馬。これまで終い勝負をしていた馬のイメージを変えるようなモノで、結果は前進とはならなかったものの直線では見せ場も有り収穫はあったようには映った。前を捕らえるかのような伸びはあったが残り二百で末脚に勢いがなくなったのは距離だろう。それを考えても距離短縮はプラスで、条件戦だったとはいえ強い勝ち方だった御堂筋Sの内容考えても阪神替わりも◯。そして何より引き続き横山典Jが手綱を取るというのも心強い。雨もマイナスにならないタイプと見ているだけに前走の競馬が今回生きてくるようなら好勝負となっても不思議ない。開幕週の外枠も嫌われてか朝イチ二桁人気なら狙ってみたい穴馬だ。


◯ユーバーレーベンが相手筆頭。前走のJCは斤量面の有利さもあったが進路を選ばされつつの6着。秋華賞大敗後でリズムが崩れていっても不思議ないレースを、しっかりと自分の分は脚を伸ばせていたことはこの馬の精神力の強さも感じた。渋った馬場はデビュー戦の走りなんかを見返しても問題なし。むしろ馬も人も雨は歓迎のタイプで早く天気が崩れてほしいところでもあるか。ココはオークス馬として恥ずかしい競馬にはならないと見る。


▲ジェラルディーナは素質を高く買っている馬。昇級いきなりの重賞挑戦の前走は結果だけを見ればクラスの壁をやや感じるものの折り合いに徹底集中して運びで、ひと昔前の福永Jを見ているような競馬。その主戦もレース後に「想定していたより位置が悪くなった。力を発揮できなかった。」と語っている通り。リズム良く進めた勝ち馬ソーヴァリアントにはどっち転んでも届かなかったようなレースではあっただろうが、ひとレースで見限るには早い内容で見直しは効く。今回は1ハロン延長という面が半信半疑な面もあり最上位の評価には取れなかったが、徹底して溜めての直線勝負ができればココでも勝負になって良い素質はあるはず。前を射程圏に入れて直線に入りたい。


以下,☆サンレイポケットは天皇賞やJCの内容からも地力はココではトップクラス。ただ、右回りがダメとは思えないが左回りに慣れすぎている近走。加えて急坂コースでは少々割引は必要か。

△レッドガランは距離延長の前走はこれまでの勝ちきれないキャラを一変させる走り。厩舎的には気になる面はあるにしても前走の内容だけなら更にの距離延長も対応可能。少し上がりがかかるこの条件も合いそうなだけに内枠をどう捌いてくるかになる。

△ラーゴムは難しいタイプも池添Jの継続騎乗は強み。前走は外枠の後方勢には厳しいレースで度外視できるものなので再度試金石の一戦。気持ち距離は長い気もするがリズム良く運べればか。

△レッドジェネシスは何もなかった前走はタフな条件のTRを走りすぎた分だろう。早い上がりを求められないこの条件自体は良いので軽視は禁物か。

前走久々も好走した△タガノディアマンテはもう少し外で自由に動ける枠が希望だったようにも思うが状態は良さそうで押さえ。

△マリアエレーナは混合重賞で目標にされる立場となっては厳しい気はするが追ってもたれる面は柵でカバーできればか。

自力で伸びた前走はまともなら掲示板はあったようにも思える△エヒトに最後の印を回しておきたい。



◎13ディアマンミノル
◯6ユーバーレーベン
▲9ジェラルディーナ
☆5サンレイポケット
△4レッドガラン
△8ラーゴム
△10レッドジェネシス
△1タガノディアマンテ
△2マリアエレーナ
△3エヒト


◎ー◯▲ー印 三連複

勝負度 C
◎信頼度 D



ココは文にも書いた通り期待をかけているジェラルディーナからも少し買いたいと思います。