おはようございます。


ニュースにもなっていました回転寿司のスシローのおとり広告問題。

仕入れの量に対して提供できる数が相当に少ないや、イベント期間に間に合っていない店舗もあったとか。

そこまでいうか?ぐらいの街頭インタビューを見ていて、企業として信用問題的な声も上がっていましたが個人的にはウーン。


勿論その事に関しては良いことではないですけど、主に百円、高級皿でも数百円でその値段以上に満足を得てきた店・企業に対して手のひらを返したように、もーあそこは信用できないやら言うのはどんなものかなと。

調べてもないので今回の件が何かに違反をする行為かは分かりませんが、一つ何かが見えれば袋叩きにしようとするこんな時代は好きじゃないですね。

贔屓にする訳ではないですけど自分はこれまでスシローに値段以上の満足を得ていた人間として、次から気をつけて下さいよ〜!そんなこともありますわなーしゃーない!という気持ちです。


吉野家のここんところ色々出てきた問題にしてもそう。元専務でしたけ?シャ◯漬け発言はアホかと思いましたし、外国人の学生に対しての問題もちょい酷いなーとは思いますが、だからといってあそこは信用ならん!もう食わんとは思いませんしね(^_^;)

あれだけの失言をした元専務さんならこれまでに本当にソレ級の失言はなかったのかなんて思ったりもしますし説明会問題も今年がそれは初めてなのか?て。

上手くは書けんで伝わらないかもしれませんが、要は何か一つ見つけたら粗探しして賛同を寄せて袋叩きにする今の時代は考えものですわ。

全てが完璧な人間なんていませんし、企業も叩いて叩いて叩きまくったら埃の出ない企業なんていうのも少ないんじゃないですかね?


共に美味いものをより安くするためにしてきた企業努力は褒められず、もはやその値段はあって当たり前の事になっていますが冷静に考えれば本当にありがたい限りですよ。


さくらかどうかは知りませんが、ネガティブな街の声ばかりに影響されることく自分は自分で良し悪しの判断ができる人間でありたいなと思います。

夜勤終わりの眠気もある時に書いていると同じようなことを何回も書いてしまいそうなのでこの辺で。笑




競馬は今週末も楽しんでいきましょう。



ユニコーンS予想はこちらから 

※12時55分更新



【マーメイドS】

阪神二千という持久力問われるタフな条件。その舞台設定からも消耗戦になりやすく中距離型の馬の差し差し決着になる事も多々見てきたレースだが、近二年の傾向は先行馬と好立ち回り馬の優勢。引き続き開幕週で行われる今年は果たして。

昨日の阪神の馬場を見た雰囲気は、昨年や一昨年のような極端な内有利にはない雰囲気も流れと隊列次第では十分に開幕週らしい競馬になりそうなイメージは湧く馬場。

絶対的逃げ馬は不在。積極性高い和田Jが主張すればウィンマイティーのスンナリが決まりそうだがマリアエレーナ,アイコンテーラー等外目に先行勢が揃った印象。ドスローの超立ち回り型の競馬とはならないか。それでもやはり現状の馬場と先行馬外枠の隊列を想定すれば内目で脚を溜められるに越したことはないか。


◎スルーセブンシーズに条件が向く。脚質問わず当レースで活躍する最内枠というベタな狙いにはなるが,馬群も捌けて器用なタイプ。コーナー四回の舞台ベストのドリームジャーニー産駒の牝馬らしいこの馬には最高の条件が揃ったと言える。昨年秋の紫苑Sの2着は,先に抜け出した勝ち馬ファインルージュとは差は開いたがスムーズに進路を取れていればもう少し差は縮まっていてもよかったレース。久々の前走では馬体増がそのままパワーになっているようにも思えるレースで外伸びての3着は地力。今回は,牝馬同士に加え52キロの軽ハンデとなればスムーズなら勝ち負けまで意識できるか。あとは消極的な鞍上・秋山Jが早め早めに自らのスペースを確保出来るか。直線だけの進路取りでは強引さあるJだが,最内と極端な枠なら早め早めに進路を確保してスムーズに末脚を伸ばしたい。


◯ルビーカサブランカは力上位。◎との二択で非常に悩んだがゲート不安でこちらを下げた形。ただ,刺激を与える意味ではこのタイミングで乗り替わりというのはプラスにはなりそうで,舞台替わりに加え距離延長は大幅にプラス。極力ロスを防いでコーナー加速出来れば終いは確実に差してくるのでは。


▲ウインマイティーは気分良くハナの形なら。休養明け初戦は先行馬には厳しすぎる展開で論外だが前走はしっかりと辞めずに走り切れた事で復調の兆しはあったか。譲らずハナか、もしくは徹底して揉まれない形の番手か。力さえ出しきれれば足りる。展開の利を生かしたい。


☆ステイブルアスクは問答無用に乗り替わりがプラス。成長を感じるレースも…あるものの…全くリズムに乗れず終いだけの競馬になっているこの馬の前走なんかを見ても古川奈J→ある程度のジョッキーならほぼほぼが乗り替わりはプラスになる。中でも藤岡康Jは溜めて終い勝負に賭けたいこの馬の特徴にハマる。軽量生かして前半から流れに乗れれば格下でも侮れない一頭となりそうだ。


以下,△マリアエレーナは斤量が鍵も牝馬同士距離短縮という条件替わりは良い方に出るか。

△ヴェルトハイムは舞台は良いのでロスなく差し脚を伸ばせれば。

△トウシンモンブランは混戦の追い比べ希望。仕掛けどころは難しくなりそうなので早めに動きたい。

△ソフトフルートは牝馬中距離重賞なら常に力上位も位置を取れないのは致命的。川田J騎乗でトコトン動かしてこれれば。ただフルゲートはやはりマイナス。

△クラヴェルは臨戦過程は昨年の方が上に映る。今回は地力でどこまでやれるか。

△リアアメリアは噛み合わないレース続いてのリフレッシュ明け初戦。スタート決めてリズム良く競馬できれば変わり身も。

△アイコンテーラーは舞台替わりはマイナスだが前走は結果的に不利な枠で見直し可。



◎1スルーセブンシーズ
◯9ルビーカサブランカ
▲7ウインマイティー
☆4ステイブルアスク
△12マリアエレーナ
△6ヴェルトハイム
△5トウシンモンブラン
△3ソフトフルート
△11クラヴェル
△16リアアメリア
△10アイコンテーラー

◎ー◯▲☆ー印 三連複
※対抗との組み合わせを大本線に、ボーナスは絞り切れないので馬単◎で上位5.6頭に


勝負度 C
◎信頼度 C〜D


〜信頼度Dは鞍上分〜