2008年09月15日

スロットカー・シリコンタイヤ「MAXXTRAC TIRES」

スロットカー 204私の趣味の中で、スロットカーは最も長い部類でありながら、最も細々と続いていたものです。そんなスロットカーですが、2007年7月下旬から最も力を注ぐ趣味の座に躍り出ました。そこで、1週間に1回程度の割合で、スロットカーについてご紹介していきます。よろしく、お付き合いください。今回は、シリコンタイヤ「MAXXTRAC TIRES」のお話です。

MAXXTRAC TIRESは、インディグリップスに続く高性能のシリコンタイヤで、シリコンと他のゴムを高温で溶かして作られており、精度が高く丈夫で、これまでの市販タイヤ以上にホイールにピタリとフィットします。また、タイヤの側面が実際のタイヤのように曲面を描いており、タイヤの裏側にはIDコードが刻印されているので、袋から出したタイヤがどのメーカーのどのクルマに装着するのか分からなくなることもありません。それ以外の性能面でも、インディグリップスが持つ特徴は満たしているのではないかと思われます。
マックストラックタイヤは、最新のタイヤだけに、インディグリップスほど幅広いラインナップで展開されてはいません。それでも、SCX、アーティン、オートアート、カレラ、スケーレクストリック、ニンコ、フライ、レベル・モノグラム、などのメーカーとクルマに対応しており、ラインナップは今後も順次増やされます。もちろんスロットカー 205、タイヤサイズやホイールの形状が合えば、対応していないメーカーとクルマでも、着けられる可能性はあるでょう。私は、スロットカーは、できるだけノーマルに近い状態で走らせようと考えてはいるのですが、タイヤを削っても、ダウンフォースを増しても、コーナーで激しくテールをスライドさせたり、安定性を欠いたりしてしまうようなクルマは、やむなくタイヤを交換しています。
レベル・モノグラムのシャパラル2も、ノーマルタイヤの性能はあまり高いとは言えず、幸いにもマックストラックタイヤが対応していたため、試してみることにしました。見た目は、私が買ったタイヤに関しては、インディグリップスよりも黒くて光沢があり、スロットカーのタイヤとは思えないほどの美しさです。性能は、コーナーでの安定性は格段に向上し、シェイクダウン後の2走目とはいえ、スロットカーズ・ヨコハマの富士スピードウェイで1秒ものタイムアップに成功しました。インディグリップスの後継的なタイヤだけのことはあるといった感じで、今後のラインナップに期待したいところです。

この記事へのコメント
初めましてブログとても楽しく読ませていただき、大変参考になりました。
雨の休日というのもありまして、外に出かけるでもなく久々にパソコンを
いじっていたらこの記事が目にはいり、つい夢中になってしまい最初から
最後まで読んでしまいました。「約3時間:」私も最近{スロットカー}
にはまってまして、記事を読ませていただいて関心することばかりです。
造詣が深いのには頭が下がります。これからも楽しい記事よろしくお願い
いたします。

*私も休日になるとよくサーキット場に行ってます。家が御殿場なので
「今はもうありませんが〜ルート66」「スロットカーズヨコハマ」
「バンディーニモデルズ」「ボーダーレイウ`ァーズ」 等〜

その内、何処かでお会いするかも知れませんネ
       その時はよろしくお願いいたします。
Posted by 齋藤 真佐雄 at 2008年09月18日 14:26
はじめまして、記事を3時間も読み、ご丁寧なコメントまで頂き、ありがとうございます。
私も、スロットカーは、海外サイトを中心に、毎日、目を通しています。
まだ至らぬところもあるかとは思いますが、記事が参考になれば幸いです。

御殿場にお住まいで、スロットカーズ・ヨコハマにも遠征とはすごいですね。
私も、バンディーニモデルズには、行ってみたいと思っていますが、なかなか機会がありません。
ボーダーレイヴァーズは、11月の富士スピードウェイのイベント時に2回ほど行く予定です。
私は、コールマンの赤いキャリーバッグが目印になりますので、気軽に声をかけてください。
Posted by JIM KANOH at 2008年09月18日 16:46