2016年07月31日

スロットカー・「ZENT ART MUSEUM」の「ミニカー/自動車模型展覧会」でスロットカーサーキットを展示

スロットカー1113今回は、「ZENT ART MUSEUM」で行われている「ミニカー/自動車模型展覧会」のお話です。

ZENTは、SUPER GTで、長年、GT500のセルモをスポンサードしていることから、ご存知の方も多いことと思います。スロットカーでも、ZENT CERUMO SC430がニンコとGスロットから発売されており、私も持っています。
そんなZENTは、愛知県と岐阜県で遊技場の経営、不動産開発事業を行っている会社で、社名は善都です。愛知県の豊田市、岡崎市、安城市、岐阜県の大垣市、多治見市に店舗(パチンコ、スロット)があります。
その中の「ZENT名古屋北店」に「ZENT ART MUSEUM」が併設されているのですが、7月23日に新たに「モデルカー/自動車模型 作って!遊んで!飾って!」としてリニューアルオープンしました。
R240そして、オープン記念として、「ミニカー/自動車模型展覧会」を開催しています。「モデルカー/自動車模型」をテーマに、楽しさやかっこ良さを見て楽しんでもらう展覧会で、再度、ブームになっているミニ四駆とスロットカーを中心に、定番のミニカー/RC(ラジコンカー)などを紹介する展覧会です。
展覧会場は、「飾る」を中心に、色々な自動車模型の展示、実際のレースを感じさせるようなジオラマのサーキット、プラモデルやミニ四駆の展示、モデルカー歴史年表の図解などで展開されています。
そのジオラマのサーキットというのがスロットカーで、カレラの2レーンが会場のメイン展示として据えられています。
規模はそんなには大きくはないですし、走らせることができるかどうかは分からないのですが、近くにお住いの方は出かけてみてはどうでしょうか?

私のスロットカーの記事の索引は、メインサイトのSLOT CARにあります。