2007年02月10日

夜食、内職。

b8bf314e.jpgフランスパン片手に、
赤ワイン飲みながら、
内職中。


太るかなと
ビクビクしながら、
明日も朝から
出稼ぎするから、
大丈夫、ダイジョーブと
自分に言い訳。

パンと赤ワインの想い出は、中学生の時の教会。
キリスト教系の女子校に入学したワタシは、
日曜日には、日曜学校へ通うようになりました。
普段中学生は、子供用の礼拝に参加するのですが、
月に1回だけ大人と一緒の礼拝に出ることができました。
その礼拝の途中に、洗礼を受けている人だけは、
「イエス様の血と肉を・・・」と言って、
銀のお盆に乗って回される小さく切ったパンと
これも小さなグラスに入った赤ワインをいただきます。
それがとてもおいしそうに見えて、
ワタシもいつか「神様」を信じられるようになって、
あのパンと赤ワインをいただきたいと憧れて見ていました。

結局ワタシは、その女子校を卒業するまでに
神様を心から信じるということが理解できずに、
洗礼を受けることもなく、
学校からも教会からも離れてしまいました。

パンと赤ワイン、とってもよく合います。

この記事へのトラックバックURL

Edit Delete
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yknakamimi/50312743
この記事へのコメント
私もnakamimiさんと同じ学校でした クリスチャンではなかったけど聖書の勉強をしたりパイプオルガンの演奏を聴いたりと いい体験ができました その影響でしょうか 結婚式は布池教会で挙げました
Posted by ひまわり at 2007年02月10日 23:55