2007年04月10日

厚生労働副大臣メタボリックシンドローム退治に挑む

昨夜に引き続き、厚生労働省ネタ。

厚生労働大臣は、あの柳澤伯夫さん。
いろいろな理由で有名。
では、厚生労働副大臣は?????

すぐには思い浮かびませんが、厚生労働省のページにこんなページがありました。
厚生労働副大臣のメタボ退治ホームページ
武見敬三さん、石田祝稔さん、お二人の厚生労働副大臣が、近年話題のメタボリックシンドローム解消に挑戦している様子を報告するページです。
身体を張って、国民の健康を考えるということでしょうか?
お二人の6ヵ月間の取り組みを紹介しています。
昨年の11月、朝鮮の始まりの日に、メジャーでお二人の立派な腹囲を測定する画像も載っています。
目標は
武見副大臣 6か月間で体重5kg、腹囲5cmへらす
     (体重84圈∧囲105cm→体重79kg 腹囲95.5cm)
石田副大臣 6か月間で体重6kg、腹囲6cmへらす
     (体重88kg 腹囲101.5cm→体重82kg 腹囲95.5cm)
今のところ、お二人とも3月11日までの経過が書かれていますが、
体重の減りは順調のようです。
これなら、5月までに目標は達成できそうです。

メタボリックシンドロームは糖尿病や脳卒中、心疾患などの危険因子です。
医療制度構造改革の重要な柱となっている「糖尿病等の有病者・予備軍の発症を25%抑制する」という目標を達成する上で、重要な鍵となっています。
ただ、一部には医薬品業界と厚生労働省のやらせだという情報も出回ってはいますが。

普通なら、減量などという事からは程遠そうなお二人ですが、
このような役職に着き、公に目標をかかげ、たくさんの人に注目されていると
ダイエットもかなり順調に進むようです。
テレビのダイエット番組に出ると、その時はダイエットに成功するというのと似ているような気がします。

目標をかかげ、それをなるべく多くの人に公表してしまう。
ダイエット、メタボリックシンドローム克服の秘訣かもしれません。



この記事へのトラックバックURL

Edit Delete
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yknakamimi/50329875
この記事へのトラックバック
▼即やせ可能“ダイエットマニュアル”その全貌を公開! からだのしくみを見事に応用した禁断のノウハウがついに解禁です。 食べてもやせるには実はこんな理由が隠されていました。 ダイエット失敗者でもリバウンドなくやせる理由が、そこにはちゃんと隠されています。 確実...
今すぐやせたい。そんなあなたに緊急のお知らせがあります。【太っている原因がわかればやせかたもわかる!】at 2007年04月10日 13:31