2007年05月08日

今日も薬屋には、中国人観光客が

世界各地で起きた死者続出の奇病、「中国製風邪シロップ」が原因だったと判明
痛いニュース」でこんな記事を見つけました。

ワタシの出稼ぎ先のドラッグストアは、名古屋の繁華街の中にあります。
中国からの観光客が、セントレア空港から帰国する前に、日本各地から名古屋に来て一時滞在するようです。
最後にお土産をということなのか、中国人観光客は、繁華街ではドラッグストア巡りをしています。
大量の大衆薬、市販薬、化粧品、健康食品を買って行きます。

最近は、日本のサイトをネットで調べて印刷して持ってきてくださるので、欲しがっているものがすぐにわかって便利です。
昨年は「キャベジン」「ルル」や「オロナイン」「わかもと」「エビオス」「カワイ肝油ドロップ」「ゼノールチック」が人気でした。

それらのお土産定番品に加えて、今年になってよく売れているのは、目薬。
その日は、ロートの目薬がすごくよく買われていき、
「ロートリセ」を40個も買っていったお嬢さんもありました。
飛行機の中で「リセ」のCMをやったんじゃないかと思ったほどでした。

化粧品なら、定番はやはり資生堂。
そして、若い人はDHCとファンケルを探しに来ます。

今年の初めは、納豆キナーゼの入った健康食品もよく売れました。

「メンソレータム」の製品は、リップも日焼け止めも、痒み止めも・・・どれも永遠の信頼があるようです。
不思議な気がするのですが、ツムラやカネボウの漢方薬もよく買われます。

その中国人とこの「風邪シロップ」の中国が同じなのかどうか、わかりませんが、
中国人の観光客は、
「この薬は日本のものか?」と尋ねます。
製薬会社は日本の会社なので、そう答えると、
「工場もきちんと日本にあるのか?中国工場のモノは要らない。」と言われます。

このニュースを見て、納得。

中国の人が全部そうだとは言いませんが、ドラッグストアに来る中国人観光客の方は「順番」「並ぶ」「待つ」などの概念が無いように思われます。

この記事へのトラックバックURL

Edit Delete
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yknakamimi/50337709
この記事へのトラックバック
MOVIE : キングカズ、J1日本人最年長得点 キングカズがJ1日本人最年長得点だそうな。いやー、すごい。その上かなりのビューティフル・ゴール。 映像はここから見られるけど、たまにこういうゴールがあるからJも侮れない
キングカズ、J1日本人最年長得点【the other side of planet b.】at 2007年05月14日 23:49