2010年04月21日

リアップ、プロペシア

5713a94d.jpg先週末、「薄毛治療に関するガイドライン」というのが、皮膚科学会から発表されたというのが、NHKのニュースウォッチ9でやったそうです。

公表された内容は、科学的根拠に基づいて、薄毛の治療薬や育毛成分、植毛などの対処法をAからDまでの5段階(CがC1とC2の二つ)で評価したもの。
Aが最も勧められるもの、Dは勧められないとのこと。

これによると、育毛成分では「ミノキシジル」がAで、「発毛に関する良質の根拠がある」と認められました。
「ミノキシジル」というのは、大正製薬の「リアップ」の成分。
「リアップ」は数年前からOTC薬(一般用医薬品)として販売されていましたが、
日本で許可されていたミノキシジルの濃度が薄すぎて、効果の発現が難しいともいわれていました。
昨年「リアップX5」というミノキシジル成分が5倍のものが許可・発売。
真の効果発揮が期待できます。

そのせいか、今週になって「リアップX5」の「初めて購入」が増えています。
「リアップ」は「第1類医薬品」。
薬剤師がいるお店で、薬剤師からしか購入できません。

飲み薬でA評価を得た「フィナステリド」という成分は、万有製薬の「プロペシア」というお薬の成分。
こちらは、市販薬は無く、お医者さんで処方されるお薬です。

万有製薬のホームページには、「AGA(男性型脱毛症)」について、
治療を受けられるお医者様の検索や体験談、啓発用のリーフレット(PDF)なども用意されています。


この記事へのトラックバックURL

Edit Delete
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yknakamimi/51014863
この記事へのコメント
プロペシアはネットで購入できますよ。
http://www.bestkusuri.com/
一回は病院で処方してもらい、その後経過をみるために
ネットを利用してます。
抜け毛は明らかに減りましたね!
これからも続けていこうと思います。
Posted by なお at 2010年04月22日 11:08