2007年07月15日

譲渡後のなつ

正式譲渡後に、一度はなつの様子を見に行こうと思いながら、タイミングを計っていましたが、そろそろもう行ってもいい頃かと、今日突撃してきました。

直前に電話で在宅を確認するという、失礼きわまりない訪問でしたが、「たいていいるで、いつでも来たって」というおばあちゃんの言葉に甘えてしまいました。

なつとの最後のデート場所だったペットショップで、豚アキレスを買って手土産にし、お店を出てから電話。

この豚アキレス、なつが大好きだったけれど、以前電話で「見つからない」とおばあちゃんが嘆いていたので、最初から手土産に決めていました。
おばあちゃん、すぐ近くのお店にあるんですよ〜。

久しぶりに見たなつは・・・・
表情が違っていました。

それに、たぶん覚えていてくれたと思うんだけれど、すごくすごく嬉しそうに、耳を寝かして差し出した手をぺろぺろ。尻尾をぶるんぶるん。

譲渡後1

なつは、その後、猫ちゃんと仲良くする猶予期間となり、玄関先にケージを設置され、日中の大半はそこで過ごすことになったようです。
時間を決めてフリーにしてもらえるそうで、たいてい夕方の散歩後はフリーにしてもらい、お菓子を食べたり、遊んだりしているそう。

名古屋市内の大きな公園がとても近いので、夕方はそこをたっぷり1時間散歩してもらっているそう。

「散歩から帰ると、もうちゃんとこっち入ってくるで。もうウチ覚えたみたいだで。もう、うちの子になったみたいだで」

じーん。

譲渡後2

嬉しそうにはしゃいで、動き回るので、いい写真が撮れなかったけれど、なんとなく目つきが変わっていました。わかるかな?

目が大きく見開かれているというか。
すごく穏やかな、明るい、かげりのない目になったと思います。

もう、捨て犬の目じゃない。

そう、自信のある目。
「ここは私の家。私の家にいらっしゃい!」
そんな目。

首輪も新しいものになっていた!かわいいじゃないか〜。

おばあちゃんたち、アキレスを散々探してくださったようで、「この近くには全然ない」と嘆いていました。
なつがアキレスが大好きで、似たものを色々買ってきたのに、気に入らないと、一口なめて、ぷいっとする・・・とも。

なんですとー!?

なつが、あのがつがつなつが、そんな贅沢病に!?

よっぽど飽食の生活になったのね。選り好みするなんて。
そんなにちやほやされているのね。

どんなおもちゃが好きかとか、誰それの靴下が好きで、それをあげると一人で振り回したり、放り投げたりして遊んでいるとか、そんなおばあちゃんの話を聞いて、ああ、ちゃんと見てもらっている、可愛がってもらっている・・・ということが、よく分かりました。

質問したりして、確認する必要なんて、まったくありませんでした。

ほったらかしになっていたら、こんな話できるはずない。

だから、なつの表情が変わっていることもうなづけました。

うちにいた2ヶ月で、やっとこここまでだったのに、たった3週間足らずで、もうこんな明るい穏やかな、いい表情をするようになったのね。

悔しいけれど、これが本当に一番。
ここが一番と犬が思ってくれることが一番だから。あのウチより、こっちのほうが楽しい。気持ちいい、幸せ・・・・って。

ドックカフェなんか行かなくても
ドッグランなんか行かなくても
犬連れ旅行なんか行かなくても
誕生日ケーキなんかなくても

とっても愛してくれる家族がいて
ここにいてもいいって安心する場所があって
一緒に歩いて散歩してくれる誰かがいて
いっぱい話しかけてくれる誰かがいて

それだけで犬は幸せなんだから。
そして、それを犬は鋭く察知するのだから。

どんなに気を配っていても、「預かり」だっていうことを、犬は気づいているに違いない。
私はここで一番じゃない・・・って。

でもいいの。それが私が求めた形だから。

だから、なつは、私と会っても「つれて帰ってー」なんてカケラも思わず、お土産のアキレスをかじりだしたら、もう夢中で知らん顔(笑)

譲渡後3

「なつ、バイバイ」

そういっても、まったく見向きもせず。
もちろん、後追いもなし(笑)

そのまま帰ってきました。
なつは、自分の場所をちゃんと見つけ、愛されて、幸せになったことを確信しました。

これで、安心して終わりにできます。

本当にこれでおしまい。

そうそう、ちょっと太っていましたけど、それほど太ってはいませんでしたから、大丈夫デス(笑)

posted at

2007年07月