まさかこの歳になって反省文を書くことになるとは。
テストの点数が悪くて反省文とか小学生か俺は(笑)
完全に自業自得だからむしろ反省文で許してもらえてよかったと思おう。

ちなみに怒られている最中に偉い人に言われた一言が、
「女と遊んでる暇があるなら勉強しろ!」
でした(笑)


プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))
著者:P・F. ドラッカー
販売元:ダイヤモンド社
発売日:2000-07
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


ビジネスマンとして成果をあげるためにはどうすればよいか、方法論・考え方についてけっこういいことが書かれています。
part3以降は特に役立ちそうな部分な多かったです。
弱みを潰すことより強みを生かすことに力を注げ、時間の管理とフィード・バックを行えとか、当たり前だけどできていないことを実感します。

あなたは何によって覚えられたいか?と聞かれたらなんて答えますか?
日本では職業は?と聞かれたら「サラリーマン」と答える人が多いそうです。
自分の所属会社名を答える人もいるらしい。
でもそうじゃなくて、自分が専門としている業務を答えられるような働き方をしていきたい。
それがなんなのかはしばらく模索が続きそうだけど。