熊さんの写真館

四季折々の写真を通して、自然の美しさや人々の生活の有様を見ていただきたい。

7月7日は七夕の日です。今年も7日から9日まで平塚市七夕祭りが行われましたので行ってきました。珍しく天気も良く初日から大勢の人で賑わっていました。
七夕
賑わうメインストリートの七夕飾り。
七夕2
和服姿の方も何組か見受けられました。
七夕6
ひときわ目を引いた七夕飾り。
七夕3
真央ちゃんの姿を多くの人がジーツと見上げていました。
七夕5
子供たちも喜ぶ昔話の登場人物も。
七夕9
ここにも牽牛と織姫の姿が。
七夕7
まだ吊るしてないものも。多分夜の出番を待っているのでしょう。
七夕8
短冊に願い事を書いて紐につるしている人も多く見受けられました。
七夕10
和服姿で七夕を楽しんでいる外国人も何人か見かけました。

前回、小鳥たちが食べたヒマワリの種が地面に落ち、自然に芽が出て花が咲いた様子をブログでお知らせしましたが、今回は、そのヒマワリの花が終わりに近づき、種ができ、それをカワラヒワが食べに来ている様子をお知らせします。
カワラヒワ
一羽のカワラヒワがヒマワリの種を口にくわえてあたりをじっと見ていました。
カワラヒワ2
そこへもう一羽のカワラヒワが飛んできました。
カワラヒワ3
後から来たカワラヒワが食事している様子を上から見つめるカワラヒワ。
カワラヒワ6
数日後、またカワラヒワが一羽ヒマワリの花の上に止まっていました。
カワラヒワ4
片はねを広げバランスをとりながら食事をとり始めました。
カワラヒワ7
そこへまたもう一羽のカワラヒワがやってきました。多分つがいのカワラヒワでしょう。
カワラヒワ8
食事を食べ終わると二羽のカワラヒワは飛び立っていきました。

夏を代表する花、ヒマワリが咲き、我が家にも夏がやってきました。このヒマワリの花は今年、シジュウカラや雀、カワラヒワなどの小鳥に与えていたヒマワリの種がこぼれ自然に芽生えて成長したものです。大粒の種子や小粒の種子が花を咲かせました。ヒマワリ特集として投稿しましたのでご覧ください。
ひまわり
小粒の種から芽をだし咲いたヒマワリの花。
ひまわり1
未だ蕾のままのヒマワリも多い。
ひまわり8
これも小粒の種から生まれたヒマワリだが、あと数日待たないと咲かないかな。
ひまわり4
これは大粒の種から生まれたヒマワリの花。種子が沢山出来そうです。
ひまわり5
同じく大粒の種から育ったヒマワリ。高いところから花を見下ろすように撮りました。
ひまわり3
ヒマワリの後ろ姿。茎がたくましい。
ひまわり6
花をアップで撮ってみました。
ひまわり7
更にアップして撮ってみました。雄蕊、雌蕊がはっきりとわかり種子ができるのが楽しみです。

↑このページのトップヘ