ハオルチア十二の巻
綿の木をプレゼントしてくれた後輩さんが一緒に、こんな面白い多肉植物を持ってきてくれた。
多肉が大好きな方だったらきっと知っていると思うが、僕は見たことはあるが名前までは知らなかった。聞いても簡単には覚えられない植物なので、気を利かせてくれてメモをつけてくれた。
Bizarre Plants(珍しい植物) ハオルチア 十二巻 アテヌアータ
(Haworthia Attenuate)まあまあ難しそうな名前だ。
多肉はほんの少しだが家内が育てているので、担当者は家内に決まった。
この植物はもともと南アフリカ原産。直射日光と雨が苦手。日がよく当たらないと育たないという植物は多いが、苦手だとうので少し安心した。雨が嫌いだというから必然的に家の中で育てることになる。
夏と冬には成長がストップして春と秋にゆっくりとしたスピードで成長するという。それにしても名前が実に不思議だ。最近は多肉植物が相変わらず人気がある。園芸売り場のスペースの取り方が如実に物語っている。小さくて可愛く、日当たりが多少悪くても育てられるというのが魅力でもありそう。