2020年05月31日

Lethal Injektion - West Coast Metal (2017)

y

アリゾナ州ツーソンのラップメタルバンドLethal Injektionが2017年に配信したミックステープです。

超アグレッシブ(攻撃的)な重厚メタルサウンドと荒々しくザラついたハードコアなラップスタイルがもうたまらなくカッコ良いです!表現古いですがBad Azzな感じがすごい漂ってます。
Tech N9ne, Twista, Stevie Stone, KXNG Crooked (Crooked I), Bubba Sparxxxと、ゲストも大物ラッパー揃いでたまりませんが、内容もミックステープとは思えないほどのクオリティで最高の内容と言えるでしょう。

バンドについて
2015年にアリゾナ州ツーソンで結成。
メンバーには近年アリゾナで名を挙げているラッパーThe Raskal(ジェイコブ・ライアン)が所属しており、楽曲のヴァースのほとんどがが彼のラップです。
またStands With Fistsというバンドでも活躍するヴォーカリスト:ジョナサン・ラッセルが所属。主にフックを担当してます。
他メンバーは
ギター:ローレンス・マッキンタイア/ジェシー・エスピック
ドラム:ジェームズ・リングストローム
ベース:アレックス・パラ

2015年NYで行われたアンダーグラウンドミュージックアワードで、西海岸アンダーグラウンドミュージックオブザイヤーを受賞。
2016年に、彼らのホームRufflife Recordzからリリースされた初のスタジオEP「Sex Is Power」はiTunesの新作ロックにて8位を獲得。アマゾンの2週間以内の新作オルタナティブメタルにて1位を獲得しています。

datpiff


Verbal Warefare (feat. Tech N9ne & Twista)


2020年05月24日

Lil Loco - Kush N Caviar (2011)

y

テネシー州メンフィスのラッパーLil Loco (現:Locodunit)が2011年に配信したミックステープ。

トラップが世に出て1年後くらいの時期で、すでに全米にLex Lugerやトラップが広がっていた年のためこのミックステープも全曲トラップ尽くしとなっております。

6曲目に収録の「Fight Me」はJGRXXNによる楽曲で、彼が作曲してきた数多い楽曲の中で個人的に上位に位置するビートと思ってます。
この曲だけは9年経った今でも飽きずに聴いてます!

Fight Me (Prod. By J-Green)


Livemixtapes

ymbtmk at 02:44|PermalinkComments(0)Southern Rap 

JGRXXN - Amun-Amen (2017)

Y

ジョージア州マリエッタ出身、現在はロサンゼルスで活躍するラッパー/ビートメイカーJGRXXNの2017年配信EPです。

90'sメンフィスラップに強く影響された彼の音楽スタイルに自分も影響されもう10年。
ヴァースヤフックに入る前の激しいドラムロール、シンセ、クワイア、ストリングスなどの音の選びやメロディのセンスの良さ、彼のビートのすべてに影響を受けてきました。
新作を出すごとに新しい要素をビートに必ず組み込んでくるので、彼の作品は逃さずチェックしてます。

2007年発売のアルバムCodeine Dreamからずーっとファンですが、最近(3年以内に)出した彼の作品の中でも特に良いなと思ったので興味のある方は下記からDLを!


Boomarang (Prod. By JGRXXN)


ダウンロード

ymbtmk at 02:24|PermalinkComments(0)Southern Rap 

2020年05月19日

Horus - Blvck GxnxZis Pt. 3 (2013)

y

詳細は分かりませんが、Stoner Rap Beats/Cloud Rap Beats/Phonk Beats/Dark Trap Beatsを作曲するビートメイカーHorusのビートテープです。

このテープはDark Ambient MusicとTrapを融合させたかのような漆黒の闇Trapばかりを収録した、かなりぶっ飛んだ内容に仕上がってます。

自分は音楽の観点が人と少しずれてるとこあるので、こういう暗い音楽ほど良く聴こえてしまう所があります。

興味のある方は下記リンクから
datpiff

ymbtmk at 20:32|PermalinkComments(0)Instrumentals 

2020年05月14日

$uicideboy$ - St. Bernard (Instrumental)

y

$uicideboy$が2015年に配信したアルバム「7th or St, Tammany」に収録の「St. Bernard」という曲。
この曲のビートクソカッコイイなーってずっと5年間聴き続けて、最近ネットで検索かけたらビートの作者にたどり着いてアドレナリンが爆発しました。

DJ Scrimという人が作っていたみたいで、全くもって初耳のビートメイカーです。


St. Bernard Inst. (Prod. By DJ Scrim)


$uicideoby$ - St. Bernard


ダウンロード(ビートのみ)


この曲、以前紹介したSymen Haze - Evil Trapに収録の曲「Bluttat」と全く同じメロディーという、なんとも不思議な曲なのですが、このピアノはサンプリングなのでしょうか??
BluttatはドイツのビートメイカーWeiss Beatzが作ってるので作曲者が全く違うのですが...最近すごく気になっています。

ymbtmk at 20:36|PermalinkComments(0)Instrumentals 

2020年05月10日

Wicked Sick Productions - Demonic Rituals (2019?)

y

ネバダ州ラスベガスのビートメイカーWicked Sick ProductionsによるDevil Shytアルバムです。

参加ラッパーはKaotic Klique, Razakel, Twisted Insane, Crucified, Lord Infamous, Lil Jack, Evil Pimp, Krazy K, Seer The Reaper, Steezy Ant, Phrozt, Krucial Mane, Baker Phonkなどなど、US南部の大物ラッパー達から近年アングラで名を上げているラッパー達まで、非常に豪華な顔ぶれが揃ってます!

内容は彼のビートスタイルを知っている人なら分かると思いますが、邪悪で悪魔的なコテコテのDevil Shyt Beatsと言った感じで好き者にはたまらないアルバムです!

余談ですが
Wicked Sickとは5-6年前くらいに連絡の取り合いをしていてコラボビートの話をもらった事があったんですが、誰かと共同でビートメイクをするのがあまり好ましくなかったので断ってしまった思い出があります。

ダウンロード

Whitney Peyton - No Holds Barred (2011)

y

ペンシルヴァニア州フィラデルフィアの若き女性ラッパーWhitney Peytonのデビュー作です。
当時彼女が18歳のときに作成した8曲入りのEPとなっており、多数の海外ヒップホップサイトで紹介されていたのを記憶しています。

このEPに収録の「K.O.」と言う曲にGrewsumとMarsのホラーコアラップコンビが参加していたため、当時トラックリスト見たときは女性ホラーコアラッパーと勘違いしてました。(曲を聴いて全然違うことにすぐ気付きました)
彼女のラップもカッコイイのですが、この曲においてはGrewsum & Marsが完全なまでのビートジャックがもうカッコ良すぎて、彼らのラップ聴きたさに当時はヘビロテしてたのを覚えてます。

もう9年も前の作品かーって感じですが、再評価ということで紹介しました!

ダウンロード

ymbtmk at 00:42|PermalinkComments(0)Rap/Hiphop 

$woopのインタビュー記事

y

過去にGangsta Rapを専門に扱う日本のCDショップKizara Records配布のフリーペーパーに掲載されたホラーコアラッパー$woopの貴重なインタビュー記事になります。

こちら提供していただいたのはブログ読者のホシガメさんです!
$woopと長年連絡を取り合う仲であり、面白い裏話などもいろいろと聞かせていただきました。
このインタビューが実現した影には彼の努力もあり、日本一の$woopファンと言っても過言ではない方です。

本当は翻訳を記載したかったのですが、時間を見てこちらに追記していこうかなと思います。


ホシガメさん
改めましてホ、ラーコアラップファンとして貴重なインタビュー記事を頂きありがとうございました。



ymbtmk at 00:04|PermalinkComments(3)その他/音楽系