2006年05月06日

がっつんのすべらない話

僕はいつでも元気ですけどこんばんは。がっつんです。 
見れないときのために「おはよう」と「こんにちは」も。 
 
大学3年生の頃の話なんだが、 
がっつん通学には電車を使ってたんですよ。 
 
午後1時ごろだったせいか車内はすいててがっつんも座ってたんだ。 
 
しばらくするとちょっとずつ混んできて、席は全部、埋まってしまった。 
 
そして、ある駅で80歳位のおじいちゃんが乗ってきたんです。 
 
そのおじいちゃんがっつんが座ってる左前45度の位置にきて 
 
つり革を持ちまっすぐ前を見て立っていたんです。 
 
がっつん席譲ろうか迷っていたら、がっつんの隣に座ってた70歳くらいのおばあちゃんが、 
 
「おじいちゃん、座ってください」と言って席を譲り始めた。 
 
すると、そのおじいちゃん… 
 
 
 
 
 




 
 
 
「俺はおじいちゃんじゃないっ!!」 

 
 
 
 
 
 
 

一同唖然。 
 
 
 
 
 
 
 
 
「俺はおじいちゃんなんかじゃないっ!!!(2回目)」 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
…どう見てもおじいちゃんですからー。 
 
おばあちゃんは困惑して隣の車両に移動。まじかわいそう。 

おじいちゃんは空いた席に座らず、たたまっすぐ前を凝視してました。  
 
 
いや〜すべらないねぇ。 
 
… 
 
 
今日の花はムギワラギク、花言葉は「常に記憶せよ」です。  


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ymca3115/50848476
この記事へのコメント
5
そんな事言われたら、そりゃ気まずいキモチになるよね…
お年寄りに席を譲らないよう心がけます!(笑)
Posted by マックン at 2006年05月10日 16:01
最近は譲ると逆に怒るお年寄りがほんと増えてるらしい。難しいね。 
Posted by がっつん at 2006年06月09日 01:41