今回ご紹介するふるさとの味は『山梨県』
富士山のお膝元にある山梨県。かつては甲斐の国と呼ばれ、武田信玄により統治されていました。
最近ではりんごやぶどうなどの果物の生産が盛んなようです。

山梨1


献立>

ほうとう

芋がらごはんのおにぎり

ツナと大根の煮物

焼きりんご

【ほうとう】
たっぷりの野菜と鶏肉を、太い麺といっしょにお味噌でグツグツ煮込んだ郷土料理です。
体がよく温まり、栄養バランスも優れたこの料理は、山梨県民の生活から切っても切り離せない料理です。
四方を山に囲まれた山梨では、その昔お米は大変貴重なものでした。
お米の代わりによく食べられたのがこの『ほうとう』です。


 次回の「日本全国ふるさとの味めぐり」は
関東地方の北部、日光でおなじみの
『栃木県』のふるさとの味。

どんな料理が登場するかお楽しみに!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

サンホームでは

『日本全国 ふるさとの味めぐり』献立を実施しています。

生まれ故郷の郷土料理、むかし旅先で食べた思い出の味、一度は食べてみたかった名物料理、全国各地のふるさとの味を毎月一回ずつ、全47回シリーズでご紹介しています。