YMCAサンホームBLOG

大阪府東大阪市にある YMCAサンホームのブログにようこそ! YMCAサンホームの日常風景やイベントの告知、報告などお伝えしていきます!

カテゴリ: サンホーム事務局

3月3日、ひな祭り。
サンホームでもお雛様を飾りました!

IMG_3496

数年ぶりのお目見えとなったお二方。
スタッフの記憶以上にサイズが大きく、とても細やかな造りのひな飾りにビックリでした。
玄関に飾るとパッと華やぎ、とってもステキ
来年はもう少し早めにお披露目できるようにしますね!7段飾りも乞うご期待!!

こんにちは

5月14日は母の日でしたね皆様、お母様には何かされましたでしょうか?
同じ日に東大阪市では、『第40回 東大阪市民ふれあい祭り』が開催されました
サンホームは、毎年恒例のストラックアウトを八戸ノ里駅前で出店しました
DSC_0108
DSC_0187
前日は雨でしたが、当日はとっても良いお天気

ストラックアウトは大盛況で、例年にないほどの本当にたくさんの方が参加してくださいました
景品は皆が大好きなお菓子!
数字盤(的)を当てた枚数で、お菓子をすくえるおたまの大きさが変わります
DSC_0270
DSC_0553
子どもたちも、きゃっきゃ、わいわい
お菓子の箱は、おなじみ『こども広場』の子どもたちが作ってくれました可愛いでしょ
一緒に写っているのは、お手伝いに来てくれた学生ボランティアリーダーの3人です
DSC_0280 (2)

DSC_0283
そして今回は約30名の入居者の方も、外出の機会としてふれあい祭りに参加されました
屋台で買い物をしたり、ゲームをしたり、とっても楽しまれたご様子
施設内では観られない素敵な表情が観られました
DSC_0215DSC_0236
DSC_0229
DSC_0276

また入居されている方に、受付や子どもたちへの声掛けを行っていただきました
DSC_0116
DSC_0165

暑い1日ではありましたが、世代を超えた多くの方に参加していただき交流の場となりました。
お手伝いしてくださった地域の方々や、元入居者様の家族様、関わってくださった皆様のおかげです。
ありがとうございました

地域と共に歩み、たくさんの方に支えられ、YMCAサンホームは、20周年を迎えることができました。

記念礼拝からピアノ演奏、その後のパーティーまで・・・

a30

地域にお住まいの方、ボランティアとして活躍いただいている方、入居者様、利用者様、そして、そのご家族、退所された入居者様のご家族や元職員の姿も。
総勢100名の方々にお集まりいただきました。

皆さまには、感謝の気持ちしかありません。

食事の準備をした食生活創造室職員、水戸黄門の劇で会場を賑わせたデイサービス職員、各テーブルに生花を活け、彩りを加えたケアプランセンター職員、その他、準備段階から職員一人ひとりが役割を持って、当日を迎えました。

a35
a51

皆さまに私たちの思いが伝わり、これからも愛情を注いでいただければ、嬉しく思います。

ロビーに集合!!

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

春の陽気に誘われ、桜が咲き出しましたね
P_20170405_131011_vHDR_On

毎週水曜日に開催されている、すいすいクラブ。普段はストックを持ち、第二寝屋川の河川敷を歩いていますが、今回は趣向を変え、お花見となりました。

天候にも恵まれ、お花見日和
第二寝屋川のちょっと広いスペースをお借りし、持参されたお弁当を皆さんで食べ、楽しみました。
P_20170405_124354_vHDR_On

食後は、歌を歌ったり、和菓子を食べたり…
P_20170405_124457_vHDR_On

楽しいひと時となりました
P_20170405_130728_vHDR_On

すいすいクラブは、毎週水曜日13:30~15:00(雨天中止)に開催しています
参加ご希望の方は、地域包括支援センターまでお問い合わせ下さい

グッと冷え込みが厳しくなってきましたね
クリスマスが過ぎ、年の瀬のご挨拶を交わす回数も増えてきて、年末モードに突入です。

ということで、サンホームもお正月仕様になってきました

まずは玄関。かわいい角松が皆さまをお出迎えします。
DSC_1102

そして、玄関入ってすぐの生け花も、ボランティアさんがお正月にあわせて
新しく生けてくださいました。
DSC_1104

各フロアにも、お正月の小さなアレンジメントを飾っています。
DSC_1103

サンホームのデイサービス、ヘルパーステーション、ケアプランセンター、地域包括支援センターは
年内は12月30日までの営業となります。
年明けは1月 4日からのスタートです。

皆さま、風邪などひかれませんようご自愛いただき、どうぞ良いお年をお迎えください

↑このページのトップヘ