1月11日の成人の日に新年最初の祝日診療を行います。
 行政サービスや金融機関と同様に、医療は日曜祝日が休みというのが一般的です。
 土曜も半日か午後3時までというところが多いかと思います。
 正月明けで仕事を再開し、長い休みから通常のモードに戻りきらない身体にワンクッションをおく感じで成人の日はありがたいところです。ちょっと疲れがたまっていたり、例年ですとスキーやスノーボードでのケガの方が来院することの多い日です。
 今年は1都3県の緊急事態宣言、宇都宮市も独自に緊急事態宣言、栃木県全体での特定警戒など新型コロナウイルスの感染拡大で、人の流れが例年とは異なります。
 学校の部活動が中止となった地域あるいは高校の話をお聞きしています。
 スポーツ活動も内容によって制限がかかることも予想されます。
 
 これまで日曜診療は混雑をすることが多かったのですが、首都圏の緊急事態宣言以降は変化も予想されます。
 混雑の緩和のため土曜診療を月に2回程度実施しています。1月は16日と30日に行います。
 2月には予約診療に移行します。
 特定の曜日に集中することなく、分散して受診をしていただくことで感染予防をはかりつつ、運動器の医療が受けられる環境を可能な範囲で作りたいと考えています。
IMG_5265