昨日だったかな、
モーニングショーで精神科医の和田秀樹先生を招き、
この時期のメンタル不調について特集してました。

5月病というと新生活をはじめた学生や新人さんのかかるもの、
私たちシニアには関係ないと思っていたのですが、
どうやらそうではないようで。


夫定年後の夫婦のメンタル不調

定年後に毎日することもなく家にこもるうちウツっぽくなる男性や、
そういう夫をみていてこれまたウツっぽくなる女性が多いという話。

ドキ!

うちの夫も昨年で完全に仕事から手を引き、
一日の大半をTVやYouTubeみたりスマホゲームしたりして
家の中でぼーっと過ごしてます。


24141558

ウツっぽくはないけど、退屈そう。
ワイドショー見て、「同じことばっかりくりかえし放送してる」とブツブツ。
いかにずっと見てるかってことですよ

夫は脊柱管狭窄症がひどくなる1年前までは、
スポーツもガンガンやって一年中真っ黒だったんです。
それがすっかりインドア派になり、色白になってきたような。

そういう夫といると私も家事のモチベーションがだだ下がり、
Netflixで韓国ドラマ一挙見する日々。

bonbon7

ヒマなんだからもっと家事をしっかりするとか
何か学ぶとかしないとと思うものの、

やる気しなーい。

こんなことしていたら夫婦ともに身体も脳も退化してきそう、
と思っていたところにモーニングショーの特集でした。


出かけたくなるところを見つけよう

ウツ予防には太陽を浴び肉を食べてセロトニンを増やすというし、
家にばかりこもっているのはよくない。
それにまだ動けるのに家でじっとしてるなんてもったいないよね。

出かけるとなれば、メイクも服もきにかける。

そういう緊張感も老化を防ぐには大事なこと。
つくづくそんなことを感じました。

ただジムに行くとかウォーキングだと、私の場合、続かないんですよ。
キホンなまけものなので

だったら夫婦で出かけたくなるところを見つければいいんじゃない?
横浜南部市場も楽しかったしね。

そう言ったら、さっそく夫が見つけました。
それについては長くなるので次のブログで。



気に入っていただけたら、フォローお願いします。

愉しみを拾い集めて - にほんブログ村