中華カーボン29er 。&インテンス&DVO最高! フルオーダーチタン、受け付けます

このブログは同人小説です。嘘も真実も混ざっていますので見ながら参考にして作業すると痛い目にあうかもしれません。



RSD MiddleChildは275PLUSでCS415mmとなり、根元のクリアランスも充分に確保されます
.
DSCF1352
DSCF1353


写真は50ミリリムに275x2.8.

いわゆる・・小径車デビューです。
275PLUSを基準として・・・・
29は22ミリ
29plusは46ミリ

の直径でsがありました(実測)

mixiチェック

DSCF1345
DSCF1342
DSCF1336
DSCF1317
変わらずのビッグマウンテンですね。

林道自走1時間、押し上げ5時間ほど、担ぎ上げ40分位でエントリできます。
IMG_20180617_114337
DSCF1346
DSCF1335
約8km、標高差1300m。ガレばスイッチバックから尾根ライド、高速セクションからの天然バームやミス即滑落の狭幅逆トラバースなど変化に富む何回走っても飽きない素晴らしいトレイルです。

今回はパレ那須祭りで知り合った方をアテンド。
ゆーくり乗って押し上げて。マッタリ山頂で昼寝もして。
DSCF1349
DSCF1347
IMG_20180617_135355
で、轟沈ーーーーではなこの先の峠分岐からは逆トラバース根っこ段差天国なので落ちたら滑落50mですよ、って教えたから。


IMG_20180617_115045
IMG_20180617_114215

1900mちょいの絶景お昼寝ポイントはきれいな晴天で雲の上。
下るにつれて雲海に入り視界真っ白……高山トレイルでたまにありますが涼しくて夜手前の雰囲気でまたよし。

午後2時には転倒もなく無事に下山。
走ってみたいって人がいればアテンドしますよ、登りゆっくり下りヒャッハーです。

今週末も行こうっと。
mixiチェック

IMG_20180619_022859
IMG_20180619_022922

チタンスポークも安定供給出来るようになったので現時点でのコスパ、自分が実際に使って壊わしたときのことを想定して組んでみました。
ベアリングが特殊ではない、フリー規格が選べて(シマノ&XD)安いこと、納期がそこそこなこと~です。
運用想定は月に6回のハードトレイル+周回系里山で自走の下り重視、運行重量95kg。
強度に妥協はできないので36mm幅で360gの29erカーボンリムを選択。
ハブとスポークで頑張りました。

以前、きしめんスポークとやわっこいカーボンリム構成の大手完組ホイールで絶望的な乗り味を経験しているので縦の踏み味と高速バーム出口での漕ぎ入れや連続切り返しでのレスポンスは捨ててません。

スペック

ユニパー ノーマルフランジ28h ブースト  シマノフリー
14番チタンスポーク ポリッシュ
36ミリ幅非対称穴
アルミニップル

この構成で写真の重量になります。

カーボンリム。29erでは割ることを意図したパノラマテスト以外では走行中に割ったことはありません。
チタンスポーク。 ぱきぱきと首がとぶなんて話しも見たことあるのですがそれ本当に?っていレベルでヨワサは感じません。
なので所有している6セットのカーボンホイールは全てチタンスポークです。

これで参考価格16万円位為替で変動しますけれども。
欲しい方いれば相談にのります。



IMG_20180619_035646
IMG_20180619_035651
マキシスも国内に無いサイズを中心にまとめて。
27、5x3、8や29x3、0のミニオンです。

mixiチェック

このページのトップヘ