中華カーボン29er 。&インテンス&DVO最高!

このブログは同人小説です。嘘も真実も混ざっていますので見ながら参考にして作業すると痛い目にあうかもしれません。

image

どーんw
スペクタクル根っ子。
image

まだまだぁ!
な寒い湖。
image

image

ハイカー様とかち合わないように朝5時から開始。
先週も同じ箱根山系を走っていますがほどよく湿ってよくグリップしてくれます。
もちろん、700年にわたって敷き板として存在してきた古道は磨かれてツルツル、根っこも滑ったり食ったろとりとなかなかエキサイティング。
image

なわけで同好の黒鮪マイスター氏は275plusですがガレ場にやられてサイドカット&スネークバイト。

image

image

午後イチで裏箱根へ。
ロング古道ルートを更に延長するため、アタリをつけていた帰還リエゾンコンクリ路に並走する尾根を徒歩調査………、だがしかし2時間ほどうろうろしましたがイマイチ不発。

image

温泉でアヒル風呂を堪能してー

image

日本で2番目にウマイ!と全国旅程ウナギマニアライダー氏から推薦されたお店で順番待ちなわけ。25番目です

【本件とは関係ございません】
image

グレードアップした嫁号試乗夜桜ライドにて。
image

フルカーボンサスをいれてほぼフルカーボンな仕様に。
12、1kg。ファットバイクとしてはかなり軽いですね。



嫁自慢終了本題始め

image

image

シンガポール発、140mmストロークで32Φより太いインナーのサスペンション。
良ければ取扱おうかと少し前からテストライドしてますがちょっと規格でお試し。
クリアランスの問題で65mm幅リムでタイヤは26x4、0までと言われてますがブレースとタイヤはけっこうスキマあり。じゃあってんで4、8を入れてみます………な結果の写真。
やっぱダメでダストシールが収まる膨らみに当たります。
4、2~4、5サイズならいけそう。
ファットバイクではサスペンションの選択肢が少ないので色々導入していますがこれと中華カーボンサスは動きとコスパでかなりいい線いってます。

比較
image

image

幅は当然ですが直径がこれだけ違う。
重量は驚き………、I9ホイールに4、8のほうが重かった。

26x4、0………中華カーボンリム65mm、チタンスポーク、適当ハブ、マンモスで2521gーシーラントは110cc。
26x4、8………I9完組、アルミスポーク、HED超軽量カーボンリム80mm、ジャンボジムで2725gーシーラントは110cc。

4、8のタイヤ~どんだけ重いんだよ(笑)

image

久しぶりのちゃり通勤。
平日や夜乗る時は深夜仕事の車載移動なのでなかなかロード【グラベルDISC】に乗る機会がありません。
1月に参戦したシクロクロス千葉の練習周回いらいです。

でブレーキの話し。
image

フラットマウントキャリパーって効きが悪い!って感じるんですが。
皆様におかれましてはどうでしょう?

油圧DISCロード経歴としては………
GIANT/DEFAYを8ヶ月 DISCロード
GT/グレイドカーボン半年 グラベルロード【含むパーク、トレイル】
ここまでポストマウント規格、アルテ相当機械式油圧STI/アメリカ産セラミックローター160Φ/XTRキャリパー。
今。
BILLFISHカーボン7ヶ月目、シクロ参戦2回 グラベルロード/トレイル
フラットマウント規格。上記構成のうちキャリパー変更でシマノフラットマウントキャリパーに。

ロードと分類される車種ですが有料ゲレンデパークと


このページのトップヘ