2009年05月09日

こどもの日・・

 5月5日・・。
 幼い頃は、GWといえば近場だがよく行楽地に連れて行ってもらった。自分が親になってみて、その頃の両親の愛情や、仕事で疲れているだろうにたまの休日に本当よく遊んでもらっていたな・・と感じる。自分は?と考えてみる。常に子供第一か?と言われると自信を持って「そうだ」と言えない。両親も悩みや大変な事はたくさんあっただろうに、振り返って考えてみても、幼いながらもそんな素振りを感じた事がない。
 私は、まだまだ自分の事で頭が一杯になる事が多い。何も考えず100%子供と遊んだっていう事がないような気がする。借金のことや、これからのことがまだまだ不安材料としてある為なんだろうか?
 子供の前では、いつも明るい元気なお母さんでいたい・・。その思いは常にある。私の母がそうであったように。
 何事も完璧にはいかないけど、最大限の努力は誰でも出来る。頑張るって言葉はよく口にするけど、頑張る=前向きって事だと思うから、頑張ることを止めてはいけないよね。

 こどもの日・・。私は母に服を買ってもらった。母にとってはいつまでも子供の私だが、大人になってから何か買ってもらうというのは、嬉しいけど何だか心底喜べない。「悪いなぁ」と思う。母にしてみたら、いつも同じ服を着ている私を不憫に思ってのこと。
 そういう意味で同じ服を着ているんじゃないのに〜ただこの服が気に入ってるのに〜って言っても強がりにしか聞こえないなんて・・・。
 でも最近、自分の服って買ってなかったな。出掛ける用事もないし、休日はせいぜい近くのスーパーに行くだけだし・・・。って毎日を送っていたら、本当ワンシーズン1着しかいらないね!余裕もないんだし、一石二鳥か。
 明るく考えると、ちょっと楽しい気分になった。

 

ymnkkmk at 08:36|PermalinkComments(0)日常 

2009年04月25日

近況・・

 前回の更新から、1ヶ月も空いてしまった。・・というのも義母が4月初めに緊急入院し、付き添いやら何やらでバタバタしていた。近くには私達夫婦しかいないため、ほぼ毎日病院通い。本当にあっという間の1ヶ月だった。
 その間に、例の税金の引き落としがあり、40万ちょっと支払った。

 もう1つ進展が・・。
 久々に義姉と主人が一対一で会う機会があり、借金について話をしたようだ。
 先にも書いたように、先日40万も税金を支払った為、今年の定期的な返済は少し難しいが、来年からは定期的な返済をするという約束を交わしたようだ。
 これまで、私を介しての話や、電話でのやり取りが多く、お互い距離を置いた関係が続いていたが、いつかはきちんとしなくてはいけない問題だった為、今回2人できちんと話が出来た事は、本当に良かったと思う。義姉も快く了解してくれた。
 私もとても嬉しいが、義姉と主人にとってもとても大切な一歩を踏み出せたと思う。
 
 
 こうやって1つ1つ問題をクリアしていく度、胸の奥のどす黒いフィルムが剥がれていくような気がする。
 汚いフィルムが全て無くなったら、今度は透明のキレイなフィルムでゆっくりコーティングしていきたいな・・。

ymnkkmk at 10:20|PermalinkComments(0)日常 

2009年03月20日

嬉しい誤算・・

 先日、確定申告をした主人から話があった。
 昨年の収入が予想より多くあり、所得税を40万以上払わなくてはいけなくなったとのこと。長い目でみればそれは良い事なのだが、まさに嬉しい誤算となった。
 また、税金だけ納めたら良いだけではなく、次年度から市民税などが大きく跳ね上がるだろう。さらに主人に扶養家族を付けていない為控除されるものもない。
 対策として今度からは税理士のお世話にならなくては・・と思っている。
 
 順調だけど、その分色々ある。でも1つ1つ問題をクリアしていく度、喜びもある。毎日そんな積み重ねで1年があっという間だ。

 もうすぐ春休みだが、定額給付金と高速道路1000円に明暗がくっきりと出た。
 それは姉の家族とのそれの使い道だ。
 姉の家族の総額は64000円。うちは44000円。人数の差があるからこれは仕方ないとして・・姉達は春休みに県外に旅行するという。もちろんETC搭載の車で。
 一方私達は・・元々買う予定をしていた子供の自転車購入費に一部充てるものの残りは生活費にと考えている。出来る事ならしたい旅行も予定はなく、クレジットが組めない身としてはETCも搭載出来ない(クレジットが組めなくても利用出来る術は以前教えてもらいましたが・・)。
 
 ちょっと卑屈な考えになってしまったが、唯一の救いとしたら、姉達から哀れんで見られてないって事かな?少しでもそう思われていたとしたら、いちいち何を買ったとか、旅行するとかボーナスがいくらあったとかって話はされないだろうから。だから私もあえてそんな素振りは見せない。でも逆に姉達も、そう思わせないように気を遣っているのかもね。
 何か心理合戦みたいで素直じゃないな・・・今の自分は。
 でも44000円の給付金は、我が家にとってはその場しのぎだとしても本当に大きい!
 

ymnkkmk at 07:40|PermalinkComments(0)日常 

2009年02月21日

個人再生の支払い・・

 今月末に、8回目の支払いがある。
前回、ある1社に二重に入金していた。金額は3,670円。相手側は何も言ってきてないし、こちらからも連絡はしてないけど、今回はその1社は外して入金してみるつもり。ちゃんとカウントしてくれているよね?
 もうすぐ支払いも半分。全20回だから、あと12回。毎回約12万の支払いは決して楽ではないけど、準備期間で毎月4万の積立をして大丈夫だと立証した経緯をみて、弁護士が計画を立ててくれた再生の為のプラン。最後までしっかり果さないとね。

 関係ない話だけど、我が家は猫を飼っている。犬派の人からすれば、猫は気分屋で自分が甘えたい時だけしか寄って来ないから・・って言うけど、そのスタンスが私は好き。
 気付くと後ろにぴったり寄り添って猫座りしている姿が、とても愛しい。また子供を叱ってそして泣いたりでもすると、飛んできて私の足を噛んだりする事もある。自分の子供と思っているとても母性が強い猫なのだ。我が家にとって癒しの存在でもある愛猫。

 
 

ymnkkmk at 09:28|PermalinkComments(0)個人再生 

2009年02月04日

過去のブログを読んで・・

 私は定期的に自分が書いた過去のブログを読むようにしている。
 それは何か?自分の気持ちが過去とどう違うか、今なら頂いたコメントにどう答えるのか?自分を試す為。成長している自分を探す為。
 
 書き始めてもう4年になろうとしているが、書く事で助けられた事が何回もある。皆さんから寄せられたコメントも然りだが、ただ突っ走るだけでは駄目。それは何事においてもそうだと思う。仕事でも確認見直しは当然のこと。自分の人生を見直す・・という行為は実に大切な事だと思う。ただ見直せば良いというわけではない。失敗しなければ良いというわけでもない。失敗したくて失敗したわけじゃない。その後が大事。その失敗を今後の人生にどう活かすか?・・・

 自分は活かせてきたのかな?・・・って考える。その時間こそが私はとても良いことだと思っている。

 何だか難しくなってしまったが、ちょうど2年前のブログにこんな事を書いていた。
2年後の私はどうなっているのか想像出来ないけれど、少なくとも主人や家族に対して隠し事をしたり、裏切ったりしていない自信はある」と書いているのだ。
 すごい自信だ!そういう心意気というか強い気持ちがあったと思う。
 で、実際どうか?

 主人に対して、本当に何も隠す事が無い。お金に関しても、仕事のことも。逆に何か隠し事の1つや2つあってもいいのに・・と思いたいぐらい。
 裏切りはどうか?・・一言で裏切りと言っても色々あるが、ここでは不貞行為に限定しよう。・・・あるわけない!そんな事に労力を費やしていた過去の自分がもうバカみたい!!って。でも決して軽く考えているわけではない。多いに反省している。

 全てをさらけ出した自分は、本当に強くなったと思う。まだまだ課題はたくさんあるけれど、主人と一緒に手を取り合って生きていると実感できる事が、今の私にとっての最大のモチベーションだ。
 その前向きな気持ちをいつまでも持ち続けていられるよう、努力と強い信念のもと頑張っていきたい。

ymnkkmk at 11:08|PermalinkComments(2)日常 

2009年01月21日

義姉宅訪問・・

 今年の正月、主人抜きで義姉宅を訪問した。
 本心は行きたくなかった。ましてや主人抜きでなんて・・。
 挨拶だけして帰ろうかとも思ったが、親戚も集まっている手前そうもいかず、お茶をごちそうになる。
 義姉だけが知っている私達夫婦の状況・・。他の親戚達にも知られてやしないか?という不安でちっとも楽しく笑えない。
 でもその心配をよそに、義姉は暖かく接してくれた。私の知らない主人の子供の頃の話、家族の楽しいエピソードなんかを面白おかしく話してくれた。その時間は、過去のいろんな嫌な事を忘れさせてくれるひとときだった。
 2時間程滞在し、そろそろ席を立とうとした時、義姉は「これ弟に食べさせてあげて」と手土産を持たせてくれた。
 やさしい義姉の気遣いに、私は真剣に義姉への返済を考えなくては・・と心に誓った。
 昨年は一度しか返済出来なかったが、今年は金額というより回数で誠意を見せていかなくてはと思う。
 もう過去に拘るのはやめよう。今からの生活が大切なんだから・・。

ymnkkmk at 10:05|PermalinkComments(0)日常 

2009年01月17日

積立預金・・

 先月から新たに積立を始めた。
 毎月5000円。これは教育資金と決めている。進学や受験といった事がもう目の前に迫っている年齢になった。
 出来るだけのことはしておかないとね。
 
 もう1つ貯金をしているけど、ある意味借金返済をしている感覚で期日までには必ず入金して絶対おろしたりしない!!という固い決意で頑張るつもり。借金返済に何年も頑張ったんだから、貯金も頑張れるはず!・・って変な感じだけど。
 
 

ymnkkmk at 07:25|PermalinkComments(0)日常 

2009年01月12日

波乱の幕開け?・・

 年が明けて早くも月の半分が過ぎようとしている。
 本当に早いな・・。
  
 新年早々、主人が思わぬ事を言った。
 「請求書を送ってみようと思う」・・・何のことか?すぐには分からなかった。
 「あいつに」・・そう、慰謝料請求のことだ。
 もう話しにすら出てこなかったこと。それをどうして?
 というのも、年末2人でTVを観ていたら、あの人の会社のPRコマーシャルが流れていた。
 主人もその時は何も言わなかったが、あの人のその会社での地位をテロップで見た時、あら?って感じになったんだと思う。契約社員だと言っていたのに・・。頑張って正社員になって昇格したのか?それはそれであの人の努力だから私たちには関係ない。
 「まだ俺は忘れてないぞという意思表示をする」と言った。
 仕事をきちんとしていれば、最悪給料差し押さえも視野に入れてのことか。当初は相手にもされなかった裁判の屈辱が未だ主人の中にはあるのだろう。もう男としての意地みたいなものなのだろうか?
「やっても無駄なんじゃ・・・」私はちいさな声でそれだけ言うのがやっとだった。
 恨みとか、そんなドロドロした感情はもう私には無い。主人も同じくだと思うが、ケジメという形で決着をつけたいという気持ちなのだろうか?淡々と事務的に裁判で出た判決を実行するのだろうか?


 

ymnkkmk at 08:07|PermalinkComments(1)日常 

2008年12月31日

今年を振り返って・・

 大晦日になりました。
 本当あっという間に過ぎた。ブログの更新も数えるくらいしかしてない。こうやってパソコンに向かう時間がなかったのは逆に幸せな1年だったのかな・・とも思う。いや幸せ・・とは違うな。でも突っ走ってきた感はある。前へ前へ・・という気持ち。
 
 来年はすぐそこにきてるけど、気負う事なく今まで通り一歩ずつ歩いていこう。
 
 今年もたくさんの方に見て頂き、とてもうれしく思っています。ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。



ymnkkmk at 08:13|PermalinkComments(0)日常 

2008年11月24日

過去の記憶・・

 ピックアップテーマで「人生やり直せるなら何歳に戻りたい?」というのがあったが、私は迷わず19歳と答える。初めてクレジットカードでキャッシングした歳だ。
 あの時、ATMから出てきた1万円を今でもはっきり覚えている。貴重な大切な1万円というより、簡単に手に出来た喜びという感覚だった。

 それから消費者金融で初めて借入れした時のこと・・私はその返済の振込みを職場に出入りしていたクレジットカードを発行している銀行の行員に堂々とお願いした事がある。そしてその時、行員にクレジットカードの限度額アップのお願いを同時にしたのだ。おバカな話だ。悪びれず堂々と言った私に行員は、冷静沈着にこう言った。
このような業者で借入れしている方にはこれ以上貸付できません!!
ショックだったが、その時の私は「何よ!きちんと返済もしてるのに!!」なんて思っていたと思う。その証拠に、のちに他の銀行でクレジットカードを作り、着々と限度額を増やしていった。今度はヘマはしないぞ!って感じで・・。
 毎月の給料からきちんと返済できるという形は、いつしか一部返済の為の借入れへと変わっていった。その頃は完全に借金を隠すようになり、返済も自分の生活圏内から離れた銀行へ行ったりしていた。恥ずかしい、誰にも知られたくないという気持ちからだろう。でもそのサイクルを改善できる術もなく、どんどん地獄への階段を駆け下りて行く。というより本当転がり落ちて行くという感じだった。
 それからは何度もここにも書いている通り、主人のリストラや、ヤミ金や、その他いろんなことがあり、貸してくれる銀行はもちろん、普通の消費者金融からも融資を断わられるようになった。貸してくれるところが無ければ返済することが出来ない。末期は完全に返済の為の借入れだけになっていたので、毎月の給料では到底返済不能。
 そして自己破産。

 19歳のあの時、1万円を手にしていなかったら・・・。今だから言えるのかもしれないけど、このどうしようもない私の姿を19歳の私に見せる事が出来たら・・少しは違う人生になっていたのだろうか。
 いや、この経験があったからこそ・・・なんて立派なことは、まだまだ言えないな・・。


ymnkkmk at 08:28|PermalinkComments(3)日常