苺における炭酸ガス日中施与用

昨今流行りの環境制御。

炭酸ガス(二酸化炭素)の施用が難しい。

樹を充実させるには効果があると思われるが、果実についてはまだ検証中。



以下、忘備録


光合成でCを与えると栄養成長だけ?
生殖成長も?

果実肥大は栄養成長?生殖成長?

炭酸ガスが、大気濃度より低下すると19パーセント生長量が減少するとのデータ。
生長量≠収穫量

生殖成長、花芽分化(C/N)、休眠の理解。

設備導入時に関して気をつけること、ハチ、味、生育。
短期的と長期的に。

3番花

少しずつ3番花が採れ始めました。
image

今日も晴れ

やった〜。
image

5番花分化

苺を収穫するには実←花←花芽(はなめ)。

日長×温度×(炭水化物量÷窒素量)、着果量などの条件によって花芽になるか葉になるか変わるようです。

葉だけだと葉っぱ屋さんです。

今の5番目の花芽は約9週間後に開花して5月頃に収穫予定ですかね。


image

ハチ

蜂が元気に訪花してくれています。
よろしくお願いします。
m(_ _)m

image


現在、2番花が中盤〜終盤で収穫中。
3番開花中です。

定植時期がばらつき生育もバラついているので収穫に大きな山谷がなく、体は楽ですね。

満足の基本

「美味しい苺が食べたい」というのがお客様の基本的な満足で、収穫量を増やしたいとか売上を伸ばしたい、販売単価、客数、知名度とかは生産者の満足。

経営的に色々な変化をつけようと現在動いていますが、お客様の満足を疎かにしないように気をつけます。反省。反省。

image


今日は晴れ予報。
バッチリ光合成お願いします。
^ ^ゞ

2番花

収穫量増えてきました。
ご購入お願いいたします。
m(_ _)m

image

5番かな〜。

image


image

ちなみにシャーペンの芯0.5ミリ

灰色カビ病

image


今回ウチでの原因は、定植時の農薬の影響で蜂が訪花での交配を嫌がり、受粉されず、花粉が残り、花びらが落ちず灰色カビ病が好んだ。と思っています。
反省です。

自分も気をつけねば

image


やらかしとるね〜。
(><)
ギャラリー
  • 3番花
  • 今日も晴れ
  • 5番花分化
  • ハチ
  • 満足の基本
  • 2番花
  • ライブドアブログ